CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
国木田独歩「山の力」 @ 初夏の東鳳翩山に登りましたF [2019年06月23日(Sun)]
【前回の続き】

6月23日は、独歩忌ですぴかぴか(新しい)
明治の文豪 国木田独歩(1871(明治4)年〜1908(明治41)年6月23日)が亡くなった日です。

独歩は、少年時代の多感な時期を山口市で過ごしました揺れるハート

その独歩に、東鳳翩山を描いた「山の力」という短編小説があります。

D6C78929-7F41-49B4-A73F-BD9ACF00ECA6.jpeg

「山の力」では、東鳳翩山は「東方便山」となっています。
その頃は、「方便」と書くの一般的だったのでしょうか?

「山の力」が収められた『定本国木田独歩全集』第三巻(学習研究社 1964.10)の「解題」(福田清人)に

 この作は明治三十六(1903)年八月十一日発行の『少年界』第二巻第九号に発表された。(略)従来この作は初出が明白にされず、死後まもなく出た博文館本の最初の『独歩全集』後編(明治四十三年八月刊)に収められ、改造社版『国木田独歩全集』第三巻(昭和五年十一月刊)によって一般に流布してゐた。
(略)
 友人の兄によって示された磁石石を採りに近くの山に登り、一度は失敗したが二度目に成功する少年の好奇心、探究心を明るく描いてゐるが、前にも述べた幼時追懐的な少年小説として興味がある。
 独歩は明治十八年七月山口中学校に入学、二十年上京するまで山口市に在住した。作中の方便山(鳳翩山)には、この期間に登つたことがあつたのであらう。


とあります。(※旧字体を新字体に変更)
1876(明治9)年2月、4歳の時に吉敷郡山口町(今の山口市)に移住し、翌年1877(明治10)年まで住んでいました。
そして、1883(明治16)年11月、12歳の時に再び山口へ移住し、山口の今道小学校(現在の山口市立白石小学校)に学んでいます。
1885(明治18)年9月、14歳の時に山口中学校に入学します。
学制改革のため、1887(明治18)年3月、15歳の時山口中学校を退学し、上京します。
(※年齢は満年齢にしています。)

前置きはこれくらいにして、「山の力」を読んでいきましょう。

 私が未だ十四位の時でした、

友達の

其頃尋常中学校の生徒で年は十六七

の兄から

(略)この石は東方便山の絶頂にあるのだ。然し容易なことでは採れはしない。(略)運が可ければ磁石力のある石を得るし、運が悪いと、二十も三十も拾った石がまるでただの石のことがある。(略)

と天然に磁力をもった不思議な石の存在を知らされ、友達と二人だけの秘密で、若葉の時候の日曜日、東方便山の絶頂を目指すことにします。

 私共の町から方便山の麓までは一里半位あります。山の道程が一里、それで絶頂まで往復五里です。県下で一二を争ふ高山でありますから、町から見ますと其頂は近いよ―に見えても、登る日になると容易なことではないのです。殊に麓には樹木の繁った孫山が相重なって居るので直線で見たのよりも、其道は非常に迂回して居るのあります。

小学生の当時、独歩が住んでいたのは山口市道場門前で、裁判所の近くだそうです。(中学生の時は、寮に入っていました。)
今と違って麓まで車で行く訳でもなく、登山道が整備されている訳でもなく、小学生にとって大冒険でした。

 さてさうなると人に逢ふことが漸々少なくなり、途は益々分かれて来る、二人は次第に心細くなって来て、話の数は減と共に足も初ほど活発に動かないよーになりました。

 幸と途には迷ひませんでしたといふものは、最後に逢た十二三の樵夫の言葉に、猶三四丁ゆくと木立の間をぬけて草山になる、さうすれば此幅の広い道のみを辿ると自然に方便の絶頂に達するといふことで、(略)
 教えの通り間もなく草山に出ました。今更のよーに眼界が開け、見渡す限りの草茫々として、まるで青絨毯を敷き連ねたよーで、草間には菫や蒲公英が咲き出て奇麗でありました。そして遥かに方便の頂は見えます。


というところなど今回の鳳翩山登山を彷彿とさせ、その後の金山の跡の場面など、鳳翩山には実際に鉱山跡があることから、独歩も鳳翩山に本当に登ったと思われます。

結局のところ、天候の不順のため目的を達成することができませんでしたが、3週間経って、7月の中旬に再チャレンジします。

 二人は夢中になって、或いは拾い、或いは金槌を以て、土地の底にかくれて居る岩角を闕き取りました。

そして、

二人は運動場から遥かに方便山の頂を望んで顔を見合してくすくす笑ひました。

独歩の通った今道小学校は、山口駅のすぐ近くの山口県林業会館(山口市駅通り2-4-17)のところに当時ありました。そこの運動場から鳳翩山は見えたのでしょうか?
それとも、今の山口県立美術館の辺りにあった山口中学校から見ていたのでしょうか?

方便山の恐ろしい磁石力は、私共をすら引き着けて居るのでした。
   
で「山の力」は終わります。

 国木田独歩の「山の力」、ぜひ、読んでみてください。
 鳳翩山の磁力を味わってください。

7A6F10D8-E4C7-47E7-ADBB-1FD631C96781.jpeg
(▲西鳳翩山から望む東鳳翩山 2018年11月5日撮影)

 
 かわいい追記かわいい
『―温かいふるさとー 中尾の今昔』(難波要二 1997(平成9).4)P9に、

この山には滑石(なめらいし)が一部に露出し、中尾の者は砥石として掘りに行っていた。

とあります。もちろん、磁石ではありませんが、そういう話を独歩が聞いて、この物語を書くきっかけの一つになったのではないのかなど、思いを馳せます。
  
【次回に続く】
図書館おとな塾「国木田独歩とやまぐち」 @ ふるさと山口文学ギャラリー企画展「国木田独歩とやまぐち」 [2019年02月04日(Mon)]
山口県立山口図書館で、現在開催中のふるさと山口文学ギャラリー企画展「国木田独歩とやまぐち」に関連して、国木田独歩と山口とのかかわりについて学ぶ講座「図書館おとな塾「国木田独歩とやまぐち」」が開かれますぴかぴか(新しい)

国木田独歩とやまぐち.jpg

るんるん日 時るんるん 2019年3月23日(土)13:30〜15:00
るんるん場 所るんるん 山口県立山口図書館 2階 第1研修室

るんるん内 容るんるん
1.講演「国木田独歩とやまぐち」 
 時間 13:30〜14:30
 講師 加藤禎行(かとうよしゆき)(山口県立大学国際文化学部文化創造学科准教授)

2.ギャラリートーク 
 時間 14:30〜15:00
 内容 講師及び山口県立山口図書館職員による企画展の展示説明

るんるん対 象るんるん 一般県民 
るんるん定 員るんるん 30名(先着順)
るんるん参加費るんるん 無料
るんるん申込先るんるん 山口県立山口図書館
       〒753-0083 山口市後河原150-1
       電話083-924-2111 fax to083-932-2817
るんるん申込方法るんるん 電話・FAXまたは電子メールにて、氏名及び連絡先を
るんるん申込期限るんるん 2019年3月15日(金)
るんるん主 催るんるん 山口県立山口図書館・山口県立大学郷土文学資料センター


かわいいふるさと山口文学ギャラリー企画展「国木田独歩とやまぐち」かわいい
国木田独歩(1871〈明治4〉年〜1908〈明治41〉年)は、千葉県銚子に生まれましたが、山口県とゆかりが深く、岩国や柳井、熊毛や山口と、県内に多くの足跡を残した小説家です。小説「武蔵野」で近代文学における自然描写の新境地を開いた国木田独歩は、日露戦争後の文壇で、自然主義文学の先駆者として高く評価され、その評価の絶頂のなかで死去しています。

国木田独歩の小説には、青年時代を過ごしたやまぐちの風景や出会った人々が、折に触れて登場しています。短編集『運命』は、「馬上の友」「画の悲み」など、やまぐちでの少年時代の体験を素材とした小説が多く収録されていることでも知られています。

今回は、山口県立大学郷土文学資料センターが所蔵する資料に、山口県立山口図書館の所蔵資料を加えて、展示を行います。これらの資料を通じて、国木田独歩とやまぐちの関わり合いをうかがうことができればと考えています。


るんるん期間るんるん 2019年1月8日(火)〜4月25日(木)
るんるん場所るんるん 山口県立山口図書館 2階 ふるさと山口文学ギャラリー
るんるん主催るんるん 山口県立山口図書館、山口県立大学郷土文学資料センター
るんるん共催るんるん やまぐち文学回廊構想推進協議会


国木田独歩は私の学校の先輩です。揺れるハート
国木田独歩は今道小学校(今の山口市立白石小学校)、山口中学校(今の山口県立山口高等学校)の出身です揺れるハート揺れるハート
84AFD031-77E7-4C76-B4EF-42072CDDA638.jpeg
(アニメ「文豪ストレイドッグス」の世界展「山口を第二の故郷とした国木田独歩」(2018年1月 山口市狐の足あと))
新発見!独歩文学の魅力 @ 国木田独歩没後110年記念講演会 柳井市 [2018年06月09日(Sat)]
明治の文豪 国木田独歩没後110年に合わせ、柳井市で記念講演会が開かれますぴかぴか(新しい)

C4973E10-E0F5-45C5-A20F-14D3401F8437.jpeg
(2018年6月8日付読売新聞)


柳井ゆかりの明治の文豪
国木田独歩(1871−1908)は岩国山口で育ち、東京遊学後の19歳から20歳にかけて田布施平生柳井に居住して、後年この地の風物・人物を題材に、たくさんの名作を残しました。それらの作品や旧跡は、私たちにとって大切な‘地域のたからもの’です。

“文学熱”の時代を拓く
独歩文学の魅力とは何か。幕末維新という政治動乱後の明治の社会で、独歩は何を見つめ、何を想い、どんな文学を生みだしたのか。独歩文学の独創性に新しい光を当てて「サントリー学芸賞」を受賞した気鋭の研究者、上智大学文学部准教授木村洋さんにお話しいただきます。

チラシより)


国木田独歩講演会 柳井.png

るんるん日 時るんるん 2018年6月10日(日)14:00〜15:30(開場13:30)
るんるん場 所るんるん アクティブやない(柳井市柳井3817-16)
るんるん臨時駐車場るんるん 柳井小学校グラウンド(会場東側徒歩1分)
るんるん参加費るんるん 無料
るんるん申 込るんるん 不要
るんるん問 合るんるん 柳井市役所政策企画課
       電話 0820-22-2111(内線472)
       fax to 0820-23-4595
       メール seisakukikaku@city-yanai.jp
るんるん主 催るんるん 柳井市


国木田独歩は、『文豪ストレイドッグス』でも主要キャラです。
84AFD031-77E7-4C76-B4EF-42072CDDA638.jpeg
アニメ「文豪ストレイドッグス」の世界展「国木田独歩」展示(山口市狐の足あと)


かわいい講師 木村洋さんからのメッセージかわいい 
国木田独歩は日本近代文学の成立において指導的な役割を果たしました。
『武蔵野』『忘れえぬ人々』『牛肉と馬鈴薯』などの小説は、今なお私たちの心を揺さぶります。
独歩は柳井市と縁が深い文学者でもあります。
独歩の魅力と革新性はどこにあるのか。
また独歩は明治期の社会をどのように描いたのか。
そのことを最新の研究成果をもとにお話しします。

(チラシより)


かわいい講師 木村洋さんプロフィールかわいい
上智大学文学部准教授・博士(文学)
1981年兵庫県生まれ。
神戸大学文学部卒業。同大学大学院人文学研究科博士後期課程修了。
2011年熊本県立大学文学部講師、2014年同准教授。
2018年から現職。
著書『文学熱の時代ー慷慨から煩悶へ』(名古屋大学出版会 2015)は、第 38 回(2016 年)サントリー学芸賞(社会・風俗部門)を受賞。