• もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
旧案野酒場(山口市徳地島地商店街内)見学会 @ 山口観光コンベンション協会徳地支部 [2024年06月17日(Mon)]
7月6日(土)、山口市徳地島地商店街にある「旧案野酒場見学会」が開催されますぴかぴか(新しい)

C35A40CC-46B4-40E1-A156-EA6C75855714.jpeg

徳地に眠るお宝を訪ね、学んでみませんか?
深い歴史をもつ山口市徳地地域には、まだまだ知られていない素晴らしいお宝がたくさん眠っています。
今回は、昭和の始めに創業した旧案野酒場を訪ねます。造り酒屋の前は、島地繁栄の礎となった紙問屋「伊勢屋」でした。嘉永年間(1848〜1854)北川氏が紙商を開始し、当時、徳地の紙は全て伊勢屋に納められました。明治38年伊勢屋は廃業し、その後、個人経営で継承されましたが、昭和9年に廃業しました。
この度は、建物の調査を実施された建築士の原田正彦さんと一緒に、普段は見ることのできない建物の奥まで、足を踏み入れます。


るんるん日 時るんるん 2024年7月6日(土)10:00〜11:30
るんるん集合場所るんるん 山口市徳地地域交流センター 島地分館
るんるん講 師るんるん 原田正彦(一級建築士、山口県ヘリテージマネージャー)
るんるん内 容るんるん 島地分館での簡単な座学の後、徒歩にて旧案野酒場へ移動し、建物や酒蔵跡を見学
るんるん申 込るんるん 不要
るんるん参加費るんるん 無料
るんるん主催・問合るんるん 山口観光コンベンション協会徳地支部
   電話 080-2916-8878
るんるん協 力るんるん 小林國治 
山口アーツ&クラフツ2024 @ 維新百年記念公園 [2024年04月18日(Thu)]
4月20日(土)・21日(日)、山口市の維新百年記念公園で、「山口アーツ&クラフツ2024」が開催されますぴかぴか(新しい)

IMG_8050.JPG IMG_8056(1).JPG IMG_8057(1).JPG
写真は山口アーツ&クラフツ2023(2023年4月16日撮影)

《日常生活に応える芸術》ARTS&CRAFTS という言葉は、19世紀後半に英国で起こった『アーツ&クラフト運動(これは産業革命が生み出した俗悪な量産品への反発)』に由来して命名しました。
私たちは、現在の安価で機能性に優れた量産品に反発するのではなく、素材の性質を踏まえ、手仕事の良さを反映した実用性を伴う優れたデザインの生活工芸品=クラフト、アートを日常生活に応える芸術として提案していきたいと思います。
歴史と文化とあふれる緑に囲まれた豊かな生活環境の街、ここ山口でに『クラフトアートという新しい風を吹き込みたい』そんな想いから、若いクラフトアーティストを中心に『YAMAGUCHI ARTS&CRAFTS』を発起しました。
2014年より、「山口情報芸術センター前中央公園」から「維新百年記念公園」へと場所をかえ、気持ちも新たに再スタートいたします。
個性豊かなクラフト、アート作家が集い、見るものと魅せるものが出会い、そこから生まれてくるものを大切にしたいと思います。


るんるん日時るんるん 2024年4月20日(土)10:00〜17:00、21日(日)10:00〜16:00
るんるん場所るんるん 維新百年記念公園(山口市維新公園4丁目1番1号)
るんるん主催るんるん 山口アーツ&クラフツ 実行委員会
  〒753-0241 山口市大内問田5-1-6 nagomi style(なごみスタイル)内
チョコフェス山口Vol.3 @ KDDI維新ホール [2024年02月18日(Sun)]
今日2月18日(日)、山口市産業交流拠点施設「KDDI維新ホール」で、「チョコフェス山口Vol.3」が開催されますぴかぴか(新しい)

3DF9AE1F-EC33-4CCC-97B1-CD61404BEF59.jpeg 2B2ECD16-506E-4F32-A633-46C960D31B01.jpeg

2月18日はKDDI維新ホールがチョコに染まる
山口市は2018年の総務省の家計調査で、世帯当たりのチョコへの支出(総世帯)が年に2万円を超え、県庁所在地と政令指定都市のなかで1位だったことから、20年から山口市ではチョコによるまちおこしに取り組んでいます。
3回目となる今回は市内外の菓子店など30団体がチョコ類を販売し、新開発のユニークな菓子もお目見えし、餅まきならぬ「チョコまき」もあります。


るんるん日時るんるん 2024年2月18日(日)10:00〜16:00
るんるん会場るんるん KDDI維新ホール メインホール
   〒754-0041 山口市小郡令和1丁目1−1
   JR新山口駅北口(在来線口)から直結

るんるん内容るんるん

かわいい30店舗以上が集結したチョコレートマルシェ

かわいい今年も開催!餅まきならぬチョコまき
  るんるん時 間 13:00〜13:15
  るんるん参加費 無料

かわいいポッキーシューター プレゼント!
  るんるんポッキー1セット(2箱分)購入者

かわいいチョコレートライブ
  るんるん時 間 @10:30〜11:00 A12:30〜13:00
  るんるん出 演 HiKaRi
   (山口県周南市を拠点とする音楽ユニット}
  るんるん曲 目 映画「チャーリーとチョコレート工場」の曲を演奏

かわいい「チョコっトー」販売
  るんるんショコラdeやまぐちと和文化体験施設「LAWAKU」が開発
  るんるんサイコロ型の琥珀糖の一部をチョコでコーティングし、トラフグのコラーゲンを加えた菓子
  るんるん1箱1200円(10個入り、税抜き)

るんるん主催るんるん ショコラdeやまぐち


2月17日・18日、会場の山口市産業交流拠点施設「KDDI維新ホール」では、山口市とKDDI維新ホールの主催で、「KDDI維新ホール感謝デー」が開かれますぴかぴか(新しい)
12種類のおかずの中から4種を選んで楽しめる「おかずフェス」(1人=300円)
豚汁や同ホールオリジナル鍋を無料で振る舞う「ジャンボ鍋料理」(各日500人先着)
「推し活」としてアクリルスタンドやぬいぐるみの撮影ができるスポット「ゆめかわ神社」
将来の夢を自由に書き込むことができる「夢ボード」
ほか、セミナーや「なぞときラリー」などが実施されますぴかぴか(新しい)
第5回やまぐち伝統芸能まつり in 徳地文化ホール [2024年02月14日(Wed)]
2月18日(日)、山口市徳地文化ホールで、「第5回やまぐち伝統芸能まつり」が開催されますぴかぴか(新しい)

789BFAE2-8E6D-45B0-B20C-9D9B956F2241.jpeg 64DA2542-2275-48D8-930C-D9148347619B.jpeg

山口県を代表する伝統芸能の競演
「やまぐち伝統芸能まつり」は、山口県内各地に脈々と受け継がれてきた伝統芸能の保存・継承の気運を高めることを目的に、平成27年のルネッサながと開館15周年を記念して始まった取り組みです。
コロナ禍以来4年振りとなる今回は、山口市の「徳地文化ホール」のリニューアルオープン(昨年)に因み、はじめて会場を徳地に移して開催することとなりました。山口県のほぼ中央部、豊かな歴史と文化が残る「徳地」の地で、山口県が誇る伝統芸能の数々をどうぞごゆっくりご堪能下さい。


るんるん日 時るんるん 2024年2月18日(日)11:00〜15:45(終了予定) 開場 10:30
るんるん会 場るんるん 山口市徳地文化ホール
   〒747-0231 山口市徳地堀1527番地3 (徳地地域交流センター)
   電話 0835-52-0217

るんるんプログラムるんるん
111:00〜11:30
 島田人形浄瑠璃芝居保存会
 (光市、山口県指定無形民俗文化財)
211:30〜12:00
 三作神楽保存会
 (周南市、国指定重要無形民俗文化財)
    <休憩>
313:00〜13:30
 切山歌舞伎保存会
 (下松市、山口県指定無形民俗文化財)
413:30〜14:00
 山代白羽神楽保存会
 (岩国市、山口県指定無形民俗文化財)
514:00〜14:30
 小鯖代神楽舞保存会
 (山口市、山口県指定無形民俗文化財)
    <休憩>
614:45〜15:15
 山口鷺流狂言保存会
 (山口市、山口県指定無形文化財)
715:15〜15:45
 徳地人形浄瑠璃保存会
 (山口市、山口県指定無形民俗文化財)

るんるん入場料るんるん 無料(全席自由)
るんるん問 合るんるん ルネッサながと 電話 0837-26-6001  (受付時間 9:00〜22:00)
るんるん主 催るんるん 公益財団法人長門市文化振興財団、山口県伝統芸能保存会連絡協議会
るんるん後 援るんるん 山口県、山口県教育委員会、山口市、長門市、長門市教育委員会、山口県文化連盟、長門文化協会、徳地文化協会、長門時事新聞社、ほっちゃてれび、FMアクア



かわいい島田人形浄瑠璃芝居保存会かわいい
里人から「祇園さま」として親しまれ敬われてきた松浦神社で、毎年7月の最終日曜日に奉納上演される人形浄瑠璃芝居です。もともと串を刺したキュウリに着物を着せて人形として人形芝居を奉納したのが始まりとされ、現在は、1体の人形を3人が操る「3人遣い」と、太夫と三味線との息の合った3業一体が見どころの芸能です。

かわいい三作神楽保存会かわいい
周南市北西部の和田三作地区(林・原赤・中村の三自治会を合わせて三作という)に古くから伝わる神楽舞で、7年目毎の卯年、酉年の式年祭で地元河内社に奉納されます。大宝年間(約1300年前)に起源があると伝わり、神祭りの1つの古風な形をとどめていることから、2000(平成12)年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。

かわいい切山歌舞伎保存会かわいい
切山八幡宮の春祭や秋祭、御田頭御神幸などで上演される歌舞伎です。江戸時代の宝暦年間(1751〜1763)の初めごろ、切山の長重良は、枕元に現れた白髪の神のお告げにより、長男の三四良に京へ芝居の修行に行かせます。3年後、修行を終えた三四良が帰郷して村の若衆を集めて歌舞伎を教えたのが始まりと伝えられています。

かわいい山代白羽神楽保存会かわいい
岩国市北部の二ツ野地区(岩国市美和町)に古くから伝わる神楽です。出雲の流れをくみながら、安芸・備中の神楽も強く影響しているとされ、江戸時代に、相次ぐ飢饉や疫病の流行に悩まされた農民が、穀物の豊かな実りと悪疫が逃げ去るように願いをこめた神事として始めたと言い伝えられています。

かわいい小鯖代神楽舞保存会かわいい
山口市の鰐鳴八幡宮の秋祭に行われる代神楽舞です。鰐鳴八幡宮は、小鯖八幡宮ともいう平安時代から続く八幡宮で、この代神楽舞は、江戸時代の初め頃より、住民の安全と繁栄を祈って舞われてきました。今も、山口市小鯖の宮河内部落の人たちによって伝えられています。

かわいい山口鷺流狂言保存会かわいい
山口に伝わる鷺流狂言は、春日庄作が山口の野田神社の神事能に招かれて狂言を演じ、それを縁に山口に伝えられたものです。鷺流狂言は全国で山口のほか2ケ所しか残っておらず、衰退を心配した有志により、1954(昭和29)年に鷺流狂言保存会を結成し、その伝習につとめています。

かわいい徳地人形浄瑠璃保存会かわいい
佐波川流域の旧出雲村や八坂村(今の山口市徳地)に伝えられる人形浄瑠璃です。人形の操作には、徳地の人々の発明による竹串が使われ、一人で数体の人形を動かすことができるので、浄瑠璃が語れる三味線弾きと二人だけでも上演出来るのが大きな特徴です。
大原湖のベンチを作ろう! @ 重源の郷体験交流公園リニューアルに伴う廃材ワークショップ(2) [2024年02月12日(Mon)]
3月20日(水・祝)、山口市徳地の旧御所野小学校で、重源の郷体験交流公園リニューアルに伴う廃材ワークショップ(2)「大原湖のベンチを作ろう!」が開催されますぴかぴか(新しい)

EE703DED-26F4-4A61-B9AB-906785BE8B68.jpeg

重源の郷のリニューアル整備で解体となった.建物に使われていた⽊材を再利⽤してベンチをつくります。
ワークショップの会場は、重源の郷へ上がっていく途中にある旧御所野小学校です。
できあがったベンチは、ふれあいパーク大原湖に設置して、たくさんの人が使います。
ご応募をお待ちしています!


るんるん日 時るんるん 2024年3月20日(水・祝)10:00〜12:00
るんるん場 所るんるん 旧御所野小学校
   ※国道489号線から入り重源の郷へ行く途中
るんるん講 師るんるん 水津浩(廃材活用研究会)
るんるん対 象るんるん どなたでも(小学生以下は保護者同伴)
るんるん定 員るんるん 20名
るんるん持参物るんるん のこぎり
るんるん参加費るんるん 300円(保険料)
るんるん申込方法るんるん メールにて申込
  @参加者氏名(保護者含む) 
  A当日連絡のとれる電話番号
るんるん申込・問合先るんるん (一財)山口観光コンベンション協会徳地支部
  携帯電話 080-2916-8878
  mail to tokudi2005@yahoo.co.jp
るんるん主 催るんるん 山口市(交流創造部観光交流課)
るんるん共 催るんるん ふれあいパーク大原湖


重源の郷体験交流公園リニューアルに伴う廃材ワークショップ第1弾は、「掛け時計をつくろう!」でした。 ※この事業は終了しています

FD787030-594F-4FAD-81E7-E7002076994E.jpeg
徳地深谷探訪 @ 重源の郷体験交流公園リニューアルに伴う湯田温泉から出発する徳地日帰りツアー(3) [2024年02月11日(Sun)]
3月16日(土)、重源の郷体験交流公園リニューアルに伴う湯田温泉から出発する徳地日帰りツアー(3)「徳地深谷探訪」が開催されますぴかぴか(新しい)

58C5A390-247B-48D9-8938-512A6DCDE0E1.jpeg

重源の郷体験交流公園に近い場所にある見どころを訪ねます。
お昼は、重源の郷横「かじかの里 美濃吉」にて、地元の幸をふんだんに使った日本料理を。
そして午後からは、徳地和紙ワークス 船瀬春香さんに教わりながら、徳地手漉き和紙を使った桜色のタペストリーを作ります。


るんるん日 時るんるん 2024年3月16日(土)10:00〜15:30

るんるんルートるんるん
湯田温泉 ⇒ JR山口駅 ⇒ 徳地文化ホール前 ⇒ 妙見社の大イチョウ須賀神社深谷十三仏美濃吉(地元の幸をふんだんに使った日本料理) ⇒ 桜色で作る徳地和紙タペストリー(旧御所野小) ⇒ 南大門 ⇒ 徳地文化ホール前 ⇒ JR山口駅 ⇒ 湯田温泉

るんるんガイドるんるん 徳地まちじゅうボランティアガイドの会
るんるん講 師るんるん 船瀬春香(徳地和紙ワークス)
るんるん定 員るんるん 16名(最少催行人員10名)
    ※マイクロバス利用
    ※利用会社 島地タクシー有限会社
るんるん参加費るんるん 6000円(昼食代込/当日現金払)
るんるん申 込るんるん maru旅遊社
    mail to info@maruryoyu.com
るんるん主 催るんるん 山口市(交流創造部観光交流課)


かわいい妙見社の大イチョウ
IMG_6360(1).JPG IMG_6384(1).JPG IMG_6385(1).JPG IMG_6383.JPG IMG_6368.JPG IMG_6363.JPG IMG_6378(2).JPG IMG_E6373.JPG

※写真は2022年11月23日撮影
かやぶきのある生活を訪ねる @ 重源の郷体験交流公園リニューアルに伴う「茅葺の奥深さに出会う体験プログラム『とくぢ DE かやぶこう』 [2024年02月09日(Fri)]
3月9日(土)、 重源の郷体験交流公園リニューアルに伴う「茅葺の奥深さに出会う体験プログラム『とくぢ DE かやぶこう』「かやぶきのある生活を訪ねる」が開催されますぴかぴか(新しい)

FBC15CAA-878C-4FBA-99C9-C1DFAACC5F75.jpeg B9FEA6F5-2797-4609-BDE2-16F94F3CE5EF.jpeg

 現在、「重源の郷体験交流公園」では、3棟の古民家施設での茅葺屋根の葺き替えをはじめ、施設リニューアル整備工事を行っています。
 茅葺屋根は、自然とともに生きた先人たちの知恵が詰まった伝統の技によって作られています。その奥深い世界にちょっと足を踏み入れてみませんか。

3B5D8250-57EE-4357-8045-7E2D50197E61.jpeg

 茅葺は、生活の中で囲炉裏と一緒に使われることで屋根の丈夫さを保ってきました。現在も茅葺の古民家で暮らすお宅を訪ね、囲炉裏で山の幸を焼きながら茅葺の暮らしを体験します。


るんるん日 時るんるん 2024年3月9日(土)10:00〜11:30
るんるん場 所るんるん 山口市仁保地区
  ※現地集合
  ※詳しい場所は、参加者へ個別に通知
るんるん定 員るんるん 12名
るんるん参加費るんるん 1000円
るんるん申込方法るんるん メールで以下を記載し申込
  @参加者全員の氏名 
  A連絡先電話番号 
  B生年月日(保険加入のため) 
るんるん申込期限るんるん 3月1日
るんるん申込・問合先るんるん (一財)山口観光コンベンション協会徳地支部
  携帯電話 080-2916-8878
  mail to tokudi2005@yahoo.co.jp
るんるん主 催るんるん 山口市(交流創造部観光交流課)
重源の里 ― 830年の記憶を留める里山をたずねて @ 重源の郷体験交流公園リニューアルに伴う湯田温泉から出発する徳地日帰りツアー(2) [2024年02月08日(Thu)]
3月2日(土)、重源の郷体験交流公園リニューアルに伴う湯田温泉から出発する徳地日帰りツアー(2)「重源の里 ― 830年の記憶を留める里山をたずねて」が開催されますぴかぴか(新しい)

041794A5-E89C-4950-971A-A451388FA720.jpeg

約830年前、東大寺再建のため材木を調達地となった徳地。このツアーでは、この大事業を指導した重源上人ゆかりの寺院を訪ねるとともに、滝までお散歩したり、ポンポラ飯(竹筒ごはん)を作ったりして地域の人たちとの交流を深めます。
湯田温泉エリアからの出発となります。
(徳地からの合流もできます)
みなさまのご参加を、お待ちしています!


るんるん日 時るんるん 2024年3月2日(土)10:00〜15:30

るんるんルートるんるん
湯田温泉 ⇒ JR山口駅 ⇒ 徳地文化ホール前 ⇒ 法光寺ゆめ工房(地元の人たちと竹筒ごはんの昼食) ⇒ 月輪寺薬師堂 ⇒ 徳地文化ホール前 ⇒ JR山口駅 ⇒ 湯田温泉

るんるんガイドるんるん 徳地まちじゅうボランティアガイドの会
るんるん定 員るんるん 16名(最少催行人員10名)
    ※マイクロバス利用
    ※利用会社 島地タクシー有限会社
るんるん参加費るんるん 5000円
るんるん申 込るんるん maru旅遊社
    mail to info@maruryoyu.com
るんるん主 催るんるん 山口市(観光交流課)


かわいい法光寺
IMG_E7148.JPG IMG_7138.JPG IMG_E7139.JPG IMG_E7145.JPG IMG_E7146.JPG


かわいい月輪寺山門
IMG_E7110.JPG IMG_E7134.JPG

かわいい月輪寺薬師堂
IMG_E7111.JPG IMG_E7130.JPG IMG_E7129.JPG IMG_E7121.JPG IMG_E7125.JPG IMG_E7124.JPG IMG_E7122.JPG

かわいい月輪寺石風呂
IMG_E7112.JPG IMG_E7113.JPG IMG_E7117.JPG

※写真は2023年1月22日撮影
古代サ飯茶屋@旧竹村商店 [2024年02月07日(Wed)]
2月11日(日)、山口市徳地岸見の旧竹村商店で、「古代サ飯茶屋@旧竹村商店」が開催されますぴかぴか(新しい)

地元住人に愛され、名残惜しくも閉店した竹村商店が当日限定で古代サ飯茶屋として復活!
800年前から続く古代サウナ「岸見の石風呂」の定期焚きの日に合わせて、古代から地元で愛されるサ飯(サウナ飯)をご用意しています。

毎月第2日曜日に開催されている岸見の石風呂入浴体験会に合わせ、昨年8月から実施してきた「古代サ飯茶屋」
当初1月までの予定でしたが、2月も開催することになりました。(今回は、本当に最後)
最終回に初登場するのが、株式会社樹さんの「徳地竹菜 めんま維新」を使ったかき揚げと炒めものです。放置竹林の整備をめざして1〜2mまで伸びた幼竹を使って作るメンマは、やさしい味付けで色んな調理法にぴったり。かき揚げは、かけそばにのせてもそのままでも、お好みでお楽しみください。
また今回の古代おにぎり(自然のままに育った、やまねさんちのはぜかけ米の玄米+白米)は、そのまま石風呂の囲炉裏で焼くこともできます。
ぜひ、岸見の石風呂の入浴体験会(10:00〜15:00/予約不要/300円)とセットでお越しください。


FE7ED644-B2E6-46F0-9241-1264FB47568B.jpeg

るんるん日時るんるん 2024年2月11日(日)11:00〜15:30
るんるん会場るんるん 旧竹村商店
       〒747-0233 山口市徳地岸見793-4
       防長バス「土井」(山口市徳地岸見)バス停 徒歩0分
       岸見の石風呂まで徒歩4分

るんるんメニューるんるん
 レストランサ飯スパイスカレー
 レストランクラフトコーラ
 レストランカワラケツメイ茶そば(かけそば)
 レストランめんまと玉ねぎのかき揚げ
 レストランめんまと豚肉の炒め
 レストラン古代おにぎり(はぜかけ米)
 レストランカワラケツメイ茶ラテ

るんるん問合るんるん 山口観光コンベンション協会 徳地支部
      phone to 080‐2916‐8878
るんるん山口市地域資源付加価値化支援事業



かわいい岸見の岩風呂
IMG_E7092.JPG IMG_E7099.JPG IMG_E7106.JPG IMG_E7104.JPG IMG_E7093.JPG IMG_E7100.JPG IMG_E7094.JPG IMG_E7102.JPG

※写真は2023年1月22日撮影
やまぐち大殿ひなさんぽ2024 [2024年02月01日(Thu)]
2月17日(土)〜3月10日(日)、山口市 大内文化特定地域で、「やまぐち大殿ひなさんぽ2024」が開催されますぴかぴか(新しい)

7C8F223F-315A-42BF-A839-A04B3DA2EE4D.jpeg 7BD58A08-8E21-4EC8-B584-4856CABB499F.jpeg

桃の節句にちょっと足をのばして”大殿大路”まで。
お雛様を鑑賞しながら、大内文化・明治維新の面影を残す町並みをお散歩してみませんか。
また3月3日(日)はひなさんぽdayを開催。ファッションショーや、小さいお子様向けクイズ、手作り作品の販売会など盛りだくさんです。


るんるん開催期間るんるん 2024年2月17日(土)〜3月10日(日)
るんるん開催エリアるんるん 山口市 大内文化特定地域 
るんるん内容るんるん
  おひな様展示 エリア内店舗施設など
  ひなさんぽDAY 3月3日(日) ファッションショーや手作り品の展示販売、お子様向けクイズなど
るんるん問合るんるん 大路ロビー 083-920-9220 (火曜定休)


かわいいおひな様飾りめぐり
参加施設・店舗22か所に、おひな様1〜5組を飾ります。
※ショーウィンドウのみの施設もあり
※時間、定休日は各施設店舗によって違うので注意


かわいいひなさんぽDAY 
 るんるん日時 3月3日(日)10:00〜15:00

<さくらちゃんをさがせ!>
会場内にかくれた「さくらちゃん」をみつけて大路ロビーで教えてね。
正解の方先着100名にプレゼント!

 るんるん時間 10:00〜
 るんるんスタート 大路ロビー
 るんるん対象 小学生以下のお子様

<アトリエaprファッションショー> 
大殿大路の古き良き町並みをランウェイに、着物リメイクの衣装をまとったモデルが歩きます。
 るんるん開演 14:30〜
 るんるん場所 大路ロビー周辺


かわいい春夏秋冬 手作り作品の展示と販売会
 るんるん日時 3月1日(金)〜3日(日)10:00〜17:00 (最終日 15:00まで)
 るんるん場所 旧山寅楼(一の坂川沿い)


IMG_E3236.JPG十朋亭維新館・曲水の宴 
IMG_E3240.JPG十朋亭維新館・土雛飾り 
IMG_E3246.JPG大路ロビー
▲「やまぐち大殿ひなさんぽ2022」の様子
クリスマス市セレモニー & やまぐち光誕祭 @ 山口サビエル記念聖堂 [2023年12月01日(Fri)]
12月、山口市はクリスマス市になる。

今日12月1日(金)、山口サビエル記念聖堂で、山口サビエル記念聖堂献堂25周年祭クリスマス市セレモニー & やまぐち光誕祭2023が開催されますぴかぴか(新しい)

998F09D7-1D3E-466F-948D-B79F1B4C7646.jpeg

山口で行われた日本初のクリスマスミサで歌われたグレゴリオ聖歌、山口サビエル記念聖堂の鐘、パイプオルガン、アーティストによる歌の奉納、やまぐち光誕祭など、荘厳な音楽と光に包まれて、クリスマス市の初日を祝います。

クリスマス日にちクリスマス 2023年12月1日(金)
クリスマス場 所クリスマス 山口サビエル記念聖堂
クリスマス入場料クリスマス 無料

375DDBA7-3FDC-4141-A9DC-C13161C42DF8.jpeg

出会いと絆が生む奇跡
〜音楽と光が紡ぎ合う大聖堂〜
日本で最初にクリスマスを祝った史実をまちの宝にして、寛容で、きずなを大切にする志を受け継ごうと、「12月、山口市はクリスマス市になる。」を合言葉に、「クリスマス市セレモニー&やまぐち光誕祭」を開催します。
スランシスコ・サビエルと大内義隆のきずな、そして、大切な家族や仲間とのきずなを想う、山口のクリスマスを、心ゆくまでお楽しみください。


8D8D68BE-61AF-4872-90A8-C8C8C73291B3.jpeg


きらきらクリスマス市セレモニーきらきら

クリスマス時間クリスマス 18:00〜(17:30開場)
クリスマス会場クリスマス 山口サビエル記念聖堂内
クリスマスプログラムクリスマス
 「クリスマス市宣言」
 山口サビエル記念聖堂の鐘
 山口サビエル記念聖堂聖歌隊
  るんるん主は仰せになる(グレゴリオ聖歌)
 パイプオルガン演奏
  るんるんVeni,Veni Emmanuel
    寺岡恵美(山口ザビエル記念聖堂オルガニスト)
 「クリスマスのお話」
    山口カトリック教会 アルフレド神父
 ハンドベル演奏
  るんるん主よ人の望みの喜びよ  
    シュルンマーリート
 歌の奉納
  るんるんAngels We Have Heard on High(荒野の果てに)
    The Voices of Japan(VOJA)
  るんるんHIs eye is on the sparrow
    Unlimited tone
  るんるんYamaguchi
    アマイア
  るんるんO Holy Night(さやかに星はきらめき)
    中井智彦、長濱司
  るんるんAmazing Grace
    ダイナマイトしゃかりきサ〜カス
 宮川彬良先生のお話
 きずな大合唱
  


きらきらやまぐち光誕祭きらきら

サビエル宣教師と当主大内義隆の出会いで生まれた5つのストーリーが、ライティングやレーザーによる光のスペクタルショーとして再現。今年は初の影絵演出も圧巻!

クリスマス時間クリスマス セレモニー終了後〜21:00
クリスマス会場クリスマス 山口サビエル記念聖堂前庭

クリスマスプログラムクリスマス

SCENE 1 出会い
フランシスコ・サビエルは山口を訪れ、西国一と称される守護大名の大内義隆と二度謁見しました。この出会いが、日本のクリスマス発祥の、奇跡の始まりです。

SCENE 2 贈り物
二度目の謁見の際、サビエルはインドの初代司教と総督からの書簡とともに、機械式時計、緞子、美しい結晶ガラス、鏡、眼鏡等、十三の立派な贈物を贈呈しました。

SCENE 3 繁栄
大内義隆は、サビエルの布教の願いを寛容な心で受け入れ、その翌年、山口で、日本で最初の降誕祭が祝われました。二人の出会いによって、日本文化と西洋文化が融合し、豪華絢爛な大内文化も新たな広がりが生まれました。山口の人々は、歴史・文化の象徴として、山口サビエル記念聖堂を愛し続けました。

SCENE 4 絆
ところが、1991年、山口サビエル記念聖堂、焼失。しかし、聖堂を愛する人たちの絆は、落胆した気持ちを、再建への情熱に変えていきます。

SCENE 5 奇跡
その情熱は、まちを愛する人たちの心を集め、奇跡を起こします。1998年4月29日、山口サビエル記念聖堂は再建されました。


クリスマスやまぐち光誕祭 公式web https://koutansai.com/

クリスマス主催クリスマス クリスマス市プロジェクト
ウツギ @ 龍福寺 [2023年05月31日(Wed)]
山口市大殿にある大内義隆公ゆかりの龍福寺は、四季折々にいろいろな花が咲き、心が癒やされますぴかぴか(新しい)

5月27日(土)に訪れると、まぶしく輝く小さな真っ白な花が咲き誇っていました。
ちょうど、お庭を手入れされている方がいらしたので、「この花はなんというんですか?」と尋ねました。

KIMG1180.JPG

ウツギですよ。」

IMG_E8652.JPG2023.5.29撮影

ウツギ(空木、卯木)は、アジサイ科ウツギ属の落葉低木です。
卯月(旧暦4月)に咲くことからウノハナ(卯の花)とも呼ばれています。

IMG_E8664.JPG2023.5.31撮影 
IMG_E8666.JPG

古くから初夏のシンボルとして詩歌に詠まれ、万葉集には「卯の花」を詠んだ歌が24首登場します。

唱歌「夏は来ぬ」(佐佐木信綱/作詞 小山作之助/作曲 1896.5)(『新編教育唱歌集(第五集)』)でも歌われています。

   夏は來ぬ 
       佐佐木信綱

一 卯の花の匂ふ垣根に、時鳥(ほととぎす)
   早も來鳴きて、忍音(しのびね)もらす 夏は來ぬ。

二 さみだれの注ぐ山田に、賤の女裾(しづのめ)
   裳裾(もすそ)ぬらして、玉苗(たまなへ)植うる 夏は來ぬ。

三 橘の桙骭ャ端の窓近く
   螢飛びかひ、おこたり諌むる 夏は來ぬ。

四 楝(あふち)ちる川べの宿の門(かど)遠く、
   水雞(くひな)聲して、夕月すずしき 夏は來ぬ。

五 五月(さつき)やみ、螢飛びかひ、水雞なき、
   卯の花咲きて、早苗(さなへ)植ゑわたす 夏は來ぬ。



また、卯の花腐し(うのはなくたし)という言葉は、ウノハナが咲いている頃に降りつづく長雨のことを指し、ウノハナを腐らす意からそう呼ばれたようです。


ウツギには数多くの種類があります。
アジサイ科ウツギ属・アジサイ属・バイカウツギ属、スイカズラ科タニウツギ属・ツクバネウツギ属、バラ科コゴメウツギ属やミツバウツギ科ツバウツギ属などに「ウツギ」と名の付く植物が分類されています。


「他にも、何本かウツギが植えてあるんですよ」と、教えてくださいました。
ちょっと盛りは過ぎたそうですが、それぞれ、ピンクの花と赤い花がとってもきれいなのだそうです。

サラサウツギ(更紗空木)。

KIMG1178.JPG

別名ヤエウツギ。
アジサイ科ウツギ属の落葉低木。

IMG_E8653.JPG2023.5.29撮影

IMG_E8665.JPG2023.5.31撮影 IMG_E8665(2).JPG 


サクラウツギ(桜空木)。

KIMG1182.JPG KIMG1181 (2).JPG

アジサイ科ウツギ属の落葉低木。

IMG_E8650.JPG2023.5.29撮影


そして、もう一本。
こちらは、これから咲いていきます。

ノリウツギ(糊空木)。

IMG_E8651.JPG

アジサイ科アジサイ属の落葉低木で、樹液を和紙を漉く際の糊に利用したため、「糊空木」といいます。

IMG_E8654.JPG2023.5.29撮影

IMG_E8663.JPG2023.5.31撮影 



この時期、他のところで見つけた「○○ウツギ」をあげておきます。

ガクウツギ(額空木)。

2B257DBF-BF96-4830-BC9D-5092B7775906.jpeg

アジサイ属アジサイ科の低木。
2019年6月10日(月)の東鳳翩山登山で見かけました。

5256B2C8-9796-42FB-92B3-715238A1EC58.jpeg 6E3F8509-B918-4AAA-A1B2-F2CDF5F04AF5.jpeg 389F43EF-9DEA-42D4-B21E-7FE69C5FBDD6.jpeg F029717B-6F0F-47F8-B7A3-703AB9C27E6B.jpeg


コガクウツギ(小額空木)。

アジサイ属アジサイ科の低木。
2019年6月10日(月)の東鳳翩山登山で見かけました。

E101B4E2-4784-4278-B970-692DDF0C7D1A.jpeg


タニウツギ(谷空木)。

KIMG0224 (2).JPG2023.5.15撮影

スイカズラ科タニウツギ属の落葉低木で、別名ベニウツギともよばれます。
大阪府池田市の池田城公園に植えてありました。

KIMG0224 (3).JPG


ハナゾノツクバネウツギ(花園衝羽根空木)。

アベリアのことです。
スイカズラ科ツクバネウツギ属(Abelia)の常緑低木。

36CF77AB-B807-44AD-A9D7-1F731812AD42.jpeg2018.6撮影
秋吉台の自然をたずねて [2023年05月07日(Sun)]
6月4日(日)、初夏の秋吉台で動植物を観察する「秋吉台の自然をたずねて」が開催されますぴかぴか(新しい)

EE5B6A4A-266B-4C4A-8B64-72A004511EDC.jpeg

秋吉台カルスト展望台の周辺を散策し
カッコウをはじめ、初夏の草原で動植物を観察しましょう。


るんるん日時るんるん 2023年6月4日(日)8:00〜12:00
  ※雨天時 小雨決行(荒天中止)
るんるん集合場所るんるん 秋吉台カルスト展望台駐車場
  〒754-0511 美祢市秋芳町秋吉台山
  ※現地集合・現地解散
るんるん定員るんるん 30名(先着順)
るんるん参加費(保険料)るんるん 高校生以上 300円、小中学生 100円、未就学児無料
るんるん受付期間るんるん 2023年5月4日〜6月1日(木)
  ※定員になり次第締切
るんるん申込方法るんるん メールで申込(電話、FAX、窓口での申込も可)
  参加者の氏名、年齢、お住まいの市町村、 電話番号(代表者)を伝える
るんるん問合・主催るんるん 新光産業きらら浜自然観察公園 担当:繁里(しげり)
  〒754-1277 山口市阿知須 10509-53
  mail to kirara-m@gaea.ocn.ne.jp
  電話 0836-66-2030
  ホームページ https://kirara-h.com/
第7回小郡むかし歩き 鉄道編C [2023年05月01日(Mon)]
前回の続き

11旧桂ヶ谷貯水池堰堤

IMG_8147 (2).JPG

旧桂ヶ谷貯水池堰堤には、過去に「上水道施設巡り&ミニ講演会」(2021年11月6日(土))(山口市小郡文化資料館 企画展「小郡鉄道維新 −水を制して 機関庫をつかみ取れ−」関連イベント)、「森の中のお城?旧桂ヶ谷貯水池堰堤見学モニターツアー」(2022年5月1日(日))、「第11回おごおり俳句&ウォーキング 〜国登録有形文化財 旧桂ヶ谷貯水池堰堤を歩く」(2022年5月28日(土))で3度訪れています。
今回訪れると、新しくリーフレットが置いてありました。

桂ヶ谷.PNG 桂ヶ谷 裏.PNG

 四十八瀬川支流の桂ヶ谷川に築かれた、堤長約23.6m、堤高約13.4m、堤幅約3m、粗石コンクリート工法で施工された県内最古の重力式コンクリート造堰堤です。水圧をダムの重さで支える構造です。
 1923(大正12)年3月に完成し、1955(昭和30)年頃まで稼働していました。
 現在は、安全面への配慮から水が抜かれています。

IMG_8153 (2).JPG

 山口市小郡地域(旧小郡町)での近代的上水道は、下関市に次いで県下2番目に整備されました。小郡地域の市街地では飲用に適した水を得難く、不良な水に起因する伝染病の流行が懸念されていました。
 桂ヶ谷貯水池堰堤の工事は、上水道敷設の認可を得た後の1922(大正11)年4月に開始され、翌年4月には給水が始まっています。
 大正末期から昭和初期には、鉄道交通の発達とともに水の需要が急上昇し、上水道の拡張工事が行われました。
 このような充実した上水道の獲得により、鉄道の重要拠点となる機関庫が旧小郡駅に移され、町は飛躍的な発展を遂げていくのです。桂ヶ谷貯水池堰堤の上水道システムが稼働し始めた頃、1923(大正12)年4月1日山口線が島根県益田まで全線開通しました。

 ※1928年(昭和3)年4月1日に、 三田尻機関庫が小郡駅(現・新山口駅)に移転し小郡機関庫と改称されました。

IMG_8154 (2).JPG

 1928(昭和3)年4月に機関庫で使用された列車の給水は、1カ月で903万4000㎘でした。これは、1日あたり約32万3000㎘になります(25mプール約800杯の水量)。
 その他、車両の洗車や、従業員の官舎・浴場で使用する水も含めると鉄道運用には大量の水が必要だったことが分かります。

(設置リーフレットより抜粋)

IMG_8157 (2).JPG

2016(平成28)年に国の登録有形文化財となりました。

IMG_8171 (2).JPG

堰体は緩やかなアーチを描いています。

IMG_8155 (2).JPG

堰堤頂部の高欄は煉瓦を市松状に組んだ透かし積みです。

IMG_8156 (2).JPG

取水塔は煉瓦が施され、煉瓦を徐々にせり出させた蛇腹で装飾されています。

IMG_8158 (3).JPG 
IMG_4330 (2).JPG 
IMG_4331 (2).JPG

長手積みなど、いろいろな積み方がされています。

IMG_E8169 (2).JPG

取水塔の下には取水口が見えます。

IMG_4350 (2).JPG IMG_4317 (2).JPG

今回は下流側には行っていませんが、以前行った時の写真を載せておきます。

IMG_1981 (2).JPG 

余水路があり、

IMG_4337 (2).JPG

余水口からは水が出ていました。

IMG_1983 (2).JPG


堰堤と並行して浄水場(緩速度濾過地3、配水池2)、排水管が整備され、合わせて運用されました。


粗石コンクリート工法・・・コンクリートを薄く(15cm位)敷いた上に粗石(φ35cm位の大きな石)を10cm位の隙間を空けて並べて、コンクリートで隙間を充填しして建造する工法
 当時は高価だったセメントを使うコンクリートの節約が目的



12旧桂ケ谷接合井建屋

IMG_8174 (2).JPG

堰堤に溜めた水を隣にあった濾過池で浄化し上水にし、下流に送り出していました。
上水道関連の施設であることを示す「水」の文字をデザインしたロゴが建屋正面にあります。
この建屋は1928(昭和2)年に新たに設置されました。

IMG_8175 (2).JPG

分かりにくいので、以前撮影した写真を載せておきます。

IMG_2018 (2).JPG IMG_2016 (2).JPG IMG_2022 (2).JPG IMG_2021 (2).JPG



鉄道構造物ではないので今回は訪れていませんが、旧小郡町には「東津地区共同水道栓」という「放任専用」の共同栓が1か所残っています。
住民に水を供給するために共同利用の給水栓があちこちの街角に設置されました。「放任」とはタダということで、無料で共用で使えるようになっていました。

IMG_E1964.JPG IMG_E1965.JPG
第7回小郡むかし歩き 鉄道編B [2023年04月30日(Sun)]
前回の続き

8清水橋梁(アーチ橋)【山口線】

IMG_8132 (2).JPG

面壁(スパンドレル)は布積みされた花崗岩。

IMG_8131 (2).JPG 

アーチ環(アーチング)は煉瓦縦小口の4重巻き立て。

IMG_8129 (2).JPG

迫持と呼ばれます。

IMG_8128.JPG

花崗岩の迫受石

IMG_8130.JPG IMG_8126.JPG

翼壁は花崗岩(説明がなかったけど、おそらく)の谷積み。

IMG_8124 (2).JPG

内部は、アーチ部分は半円アーチ型に長手積みされた煉瓦で、側壁は布積みされた花崗岩です。

IMG_8127 (2).JPG

アーチ橋を抜けると金網が張られていて、行き止まりになっています。金網の中は、柳井田水源地です。

IMG_8125 (2).JPG

今は通路としてではなく、集落の荷物置き場として使われているようですが、水道施設があることだし、カルバート(暗渠)だと思われます。

IMG_8123 (2).JPG


迫持・・・半円になるように、(ここでは)煉瓦を互いに迫り合わせて、迫石として両側から徐々にもち出して円弧状に積み上げ上から、その圧縮強度だけで荷重を支える建築方法

迫受石・・・迫石を受ける部分
 ここでアーチの曲線が側壁の直線につながる



9柳井田橋梁(上路プレートガーダー橋・橋台・橋脚・翼壁)
【山口線】

IMG_8120 (3).JPG

四十八瀬川(しじゅうはっせがわ)に架かる上路プレートガーダー橋です。
柳井田堤(やないだつつみ)踏切を過ぎたところにあります。

IMG_8121 (2).JPG

国道9号の柳井田橋の近くから川岸に降りましたが、そこからは鉄道橋に近づけないので、遠目からの見学です。

IMG_8122 (2).JPG

橋台は、花崗岩の布積み。
翼壁は、花崗岩の谷積み(おそらく)。

IMG_8120 (2).JPG

橋脚は小判型、花崗岩でできています。
橋脚のところで主桁の幅が違っています。

IMG_8122 (3).JPG



10上郷隠匿線

IMG_8145.JPG

空襲から輸送の要であった蒸気機関車を守るため、1944(昭和19)年の初め頃、山口線の線路を現在のレストランねむの木の北10kmほどから分岐させ、現在の小郡IC方向へと伸ばし、山影に退避させる上郷隠匿線が敷設されました。
今では、痕跡も残っていませんが、いただいた資料の米極東空軍昭和22年9月23日撮影航空写真(写真番号R507-3-73)(国土地理院蔵)にははっきりと、谷間の方へ線路が伸びています。


次回に続く
| 次へ