CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
ホオノキの花 × 西の魔女が死んだ [2020年05月25日(Mon)]
5月はホオノキの花が見ごろ
5月に開花の見頃を迎えるのはホオノキ、白い大輪の花は夏の季語でもある。


14E5F079-DF44-4567-8E80-E68639F643FC.jpeg
▲『サンデー山口』第7232号(2020.5.16)

という記事を地域情報誌『サンデー山口』に見つけ、山口県林業技術部山口県林業センター(山口市宮野上1768-1)に行ってみましたぴかぴか(新しい)

ホオノキの花には、梨木香歩さんの『西の魔女が死んだ』を読んだ時からずっと会ってみたいと思っていました。
主人公まいが、「空中に咲く蓮の花」と呼んでいた花ですかわいい

『西の魔女が死んだ』については、「銀龍草(ギンリョウソウ) × 西の魔女が死んだ」で既にアップしました。
本書の初版の楡出版(1994.4)の表紙はホオノキの花のイラストが使われています。その後、小学館(1996.3)、新潮文庫(2001.8)、 新潮社(愛蔵版『西の魔女が死んだ 梨木香歩作品集』 2017.4)から3冊出ましたが、初版とは装幀が変わってしまい、ちょっと残念ですふらふら
西の魔女が死んだ楡出版wKxysJ0cL.jpg
▲『西の魔女が死んだ』(梨木香歩/作 楡出版 1994.4)

さて、お目当てのホオノキは、樹木見本園ではなく、奥の駐車場のところに生えていました揺れるハート
F320ECE5-621C-46C5-9198-5D30F4FB9927.jpeg

車から降りると、「何かとても甘やかな匂い」に包み込まれました。
6F2654D9-7E0E-421D-AB5F-072A66A8182F.jpeg

高い大きな樹木に「白い大きな花」が咲いているので、これがホオノキだとすぐ分かりました。
8E516F1B-6BBA-4A6D-AE34-C094E6CA315C.jpeg

でも、他の花木のように一斉に鮮やかに咲き誇るのではなく、こちらにぽつん、あちらにぽつんという咲き方です。
92FD0487-A791-4F4D-843C-AB62BD77FEC5.jpeg

幾つも幾つもまるでぼんぼりを灯すようにしてつけている」と表現されています。
D9A471E3-6F69-42D5-B52A-64758FDE5721.jpeg

泰山木を一回り大きくした」ような大きな花です。
094EC7A9-8264-449B-BAF3-6D33595AEE8B.jpeg 9330FD6B-8B17-4886-B406-6993D4BF7B77.jpeg

萼と花弁は未分化だそうです。そんな萼と花弁をまとめて花被片いいます。
全体が花弁に見えますが、外側の3枚はなんとなく萼に見えないことはありません。
342771D3-7583-43C8-BB7E-D7E3A317E443.jpeg

空中に咲く蓮の花」とは言い得て妙ですひらめき
528AC506-9237-4A7D-9787-085FB546390C.jpeg 25873216-D2CF-4FA3-82E6-2CC0E28018D0.jpeg 2F03C08E-01C0-4082-9B48-FB0F1380B442.jpeg

蕾も、けっこう、ハスの花に似ている気がします。
96087585-3FF6-4290-B9A8-5CF8E7B4FA87.jpeg 2B6E720D-32F9-4845-9F5C-5B4DD8F7AE61.jpeg 16C5BE67-980E-4AC3-B74C-65143BC2A23D.jpeg 00764BC3-58AC-41D4-B71A-F58507C48364.jpeg 9F183B80-FBA3-4C48-8980-EF5AC8E6E7CF.jpeg 

雄蕊も花被片もすっかり落ちた花がありました。
もしかしたら、まいにはこれが雪洞の蝋燭に見えたのかもしれません。
1C6E4F98-B124-4822-AB97-DCE8E5CEA2B8.jpeg


 ここはいつか来たことがあるような気がする、とまいはぼんやり思った。
 ふと、急に空が明るくなって陽が微かに射し込んだ。同時に何かとても甘やかな匂いがして、まいはその方角に瞳を凝らした。
 沢の向こう側の山の斜面に、二、三十センチはありそうな白い大きな花を、幾つも幾つもまるでぼんぼりを灯すようにしてつけているのが目に入った。花は泰山木を一回り大きくしたようでもあり、蓮の花のようでもあった。
 そうだ、あれは空中に咲く蓮の花だ。おばあちゃんは、蓮の花は空中には咲かないと言っていたけど、霧の中で夢のように咲いている。まいはすっかり魅了されて動けなかった。ああ、おばあちゃんの言うとおり、人間に魂があるのなら、その魂だけになってあの花の廻りをふわふわと飛遊していられたらどんなに素敵だろう。

(愛蔵版『西の魔女が死んだ 梨木香歩作品集』(新潮社 2017.4)P140より引用)


【次回に続く】
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント