CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
シランが花盛りです [2020年05月29日(Fri)]
シランはランの中ではとてもポピュラーで、鮮やかな赤紫色で春を彩る花の一つですが、我が家にはありませんでした。
そのシランを4本いただき、枯れてはいけない、と別々の場所に2本ずつ植え、その一つに今年やっと花がつきましたぴかぴか(新しい)
77BB5F28-E366-47FB-8F76-1BBD6D20AA64.jpeg

維新記念公園(5月1日)に行ってみると、あちこちで咲き誇っていました。
維新記念公園はシランの名所ですわーい(嬉しい顔)
9FF4E31D-5972-4EF3-B0E2-97F0AE54BE31.jpeg

花が紫色の蘭ということから紫蘭(シラン)という名前がついたようです。
別名は、ベニラン(紅蘭)、シュラン(朱蘭)、シケイ(紫宦jといいます。
AF184CCD-7EB7-4711-832F-79AABD812770.jpeg

国立東京国立博物館が所蔵する重要文化財に紙本墨画「蘭專ッ芳図」というのがあります。
南北朝時代に、建仁寺や南禅寺の住持をつとめた名僧 玉畹梵芳(ぎょくえんぼんぽう)(1348〜1424)が描いたものです。
蘭專ッ芳図 (2).jpg
▲「蘭專ッ芳図」(玉畹梵芳/筆)(国立東京国立博物館蔵)


「蘭專ッ芳」は、蘭と宸ェともによい香りを発するので、優れた人徳のたとえに用いられることに由来します。
この宸ェ、シランのことです。

日本最古の漢詩集『懐風藻』(751(天平勝宝3))の「暮春於弟園池置酒」(従三位兵部卿兼左右京大夫藤原朝臣万里〈藤原麻呂〉)に

絃歌迭奏、蘭專ッ欣
絃歌迭奏し、蘭專ッじく欣ぶ

とあります。
前賢故実 巻第2 藤原朝臣麻呂 62-25 (2).png
▲「藤原朝臣麻呂」(『前賢故実 巻第2』(菊池容斎 (武保)/著 雲水無尽庵 明1)(国立国会図書館蔵)


万葉集には「(けい)」という名で登場しますかわいい
ただ、歌の中には読み込まれていませんが、
巻17ー3967,3968の題詞にあります。
[曼朱院本]萬葉集 巻17-3967,3968 (2).jpg
『[曼朱院本]萬葉集』巻17-3967,3968(京都大学附属図書館蔵)

万葉集(清水浜臣 国立国会図書館蔵)巻17-3967,3968 (2).png
『万葉集』巻17-3967,3968(清水浜臣 国立国会図書館蔵)

忽辱芳音翰苑凌雲 兼垂倭詩詞林舒錦 以吟以詠能蠲戀緒春可樂 暮春風景最可怜 紅桃灼々戯蝶廻花儛 翠柳依々嬌鴬隠葉歌 可樂哉 淡交促席得意忘言 樂矣美矣 幽襟足賞哉豈慮乎隔藂琴趨ウ用 空過令節物色軽人乎 所怨有此不能黙已 俗語云以藤續錦 聊擬談咲耳


『畫本野山草』(橘保国/作)には「紫宦@しらん シケイ」という名前で載っています。
畫本野山草 巻1 シラン 31-6 (2).png
『畫本野山草』巻1「紫宦v(国立国会図書館蔵)

畫本野山草 巻1 シラン 31-9 (2).png
『畫本野山草』巻1「志らん」(国立国会図書館蔵)

塊茎を漢方で白及(びゃっきゅう)といい止血薬にします。


維新記念公園のシランは5月27日現在は殆ど刈り取られていていました。葉もとてもいいのに残念ですもうやだ〜(悲しい顔)



参考文献:
「蘭專ッ芳図」(玉畹梵芳/筆)
  ※東京国立博物館「研究情報アーカイブズ」でインターネット公開されています。
『[曼朱院本]萬葉集』
  ※京都大学貴重資料デジタルアーカイブでインターネット公開されています。
『前賢故実』(菊池容斎 (武保)/著 雲水無尽庵 明1)
『万葉集』(清水浜臣)
『畫本野山草』
  ※以上3点は国立国会図書館デジタルコレクションでインターネット公開されています。




「暮春於弟園池置酒」の全文を載せておきます。

從三位兵部卿兼左右京大夫藤原朝臣萬里 五首 [萬里一本麻呂]

五言 暮春於弟園池置酒 一首並序  

僕聖代之狂生耳。      
直以風月為情、魚鳥為翫   
貪名狥利、未適沖襟     
對酒當歌、是諧私願    
乘良節之已暮、      
尋昆弟之芳筵       
一曲一盃、盡懽情於此地  
或吟或詠、縱意氣於高天  
千歳之間、嵆康我友     
一醉之飲、伯倫吾師    
不慮軒冕之榮身、      
徒知泉石之樂性       
於是、           
絃歌送奏、蘭同欣     
宇宙荒茫、煙霞蕩而滿目   
園池照灼、桃李笑而成蹊   
既而、           
日落庭清、樽傾人醉     
陶然不知老之將至也。    
夫、登高能賦、即是大夫之才 
體物縁情、豈非今日之事   
宜裁四韻、各述所懷。    
云爾。


城市元無好    城市 元より好なし
林園賞有餘    林園 賞るに餘あり
彈琴中散地    琴を彈ず 中散が地
下筆伯英書    筆を下す 伯英が書
天霽雲衣落    天霽にして 雲衣落ち
池明桃錦舒    池明にして 桃錦舒ぶ
寄言禮法士    言を寄す 禮法の士
知我有麤疎    わが麤疎あるを知るべし            
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント