CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
覚苑寺 → 忌宮神社 @ 下関市長府A [2019年12月08日(Sun)]
【前回の続き】

和銅橋
覚苑寺の参道途中に流れる逢坂川に架かる石橋は和同橋といいます。
3E3AB97F-765F-4B99-A521-82AC1CAB8DBE.jpeg

日本最古級の貨幣「和同開珎」の鋳造が行われた地が、この付近であることから名づけられたのでしょう。
445716A4-225C-4C2A-AD41-A6906453D3A9.jpeg

高欄の束石には和同開珎文様が刻されています。
E63AE465-6F11-438F-BB7D-D2EF56D07E7E.jpeg

その先に覚苑寺の標示がありました。
9999C5B7-AF39-4DA7-9297-B737B396E993.jpeg


国分寺跡
D79C2FB4-40BD-4E4B-A177-FFC7B2790CA6.jpeg A01A0916-B97B-44AE-AE57-121B365EFABD.jpeg BF75A83D-C133-40A6-B9F3-003A93E6B2CC.jpeg

  国分寺跡(長府宮の内町)
 聖武天皇が天平十三(七四一)年国家平安を祈り諸国に建立した国分寺の一つ 当地から北にかけた一帯がその境内地跡 地形上他国のものより寺域が小さく方一町程度と推定されている
 中世は大内・毛利両氏 近世は長府毛利氏の庇護をうけていたが維新後次第に寺勢が衰退 明治二十三(一八九〇)年本市南部町の大隆寺跡に移転した 国分寺跡からは創建時の軒丸瓦や土器などが出土 長府博物館や教育委員会で保存しているまた寺宝の「不動明王立像」「十二天曼荼羅図」は国分寺に現存し ともに重要文化財に指定されている
 松が二本国分寺跡といふ芋畑 山頭火
 俳人種田山頭火が昭和八年(一九三三)この近隣を散策したときに読んだ句 このときよく知られる山頭火のうしろ姿の写真が撮影された
 平成八年三月三十一日
   城下町長府まちづくり協議会
   長府観光協会



吉岡家長屋
150AA603-89FB-4599-BDB7-33DC2927EB19.jpeg 972F7A80-882E-42AC-AE3C-8AA25961B2C0.jpeg

  吉岡家長屋(長府宮の内町)
   下関市指定有形文化財
    指定年月日 昭和五十二年二月十六日
 建物の所在位置は 江戸時代中期の長府屋敷割図に大久保五郎左衛門の屋敷地として記録されている なお 大久保家は長府藩馬廻として藩の要職に就いていた
 間口三間(五.四五b)奥行六間(一〇.九一b)のこの建物一棟は長屋として用いられたものらしく建設年は不詳であるが 外観や構造は文化・文政期(江戸時代後期)の特徴をよく残している また大壁を厚く堅固にした造りなどから城下町特有の防衛的性格が窺える
 平成八年三月三十一日
  城下町長府まちづくり協議会
  長府観光協会



練塀をみながら出発地の忌宮神社に向かいます。
BE07A36D-6BDE-4603-B2C6-C8FCD432B9D7.jpeg FDBA34C9-114F-4304-BDD4-279B8527E455.jpeg


集童場場長室
896AE778-A017-4FC7-9DDA-BBED5C61E2CF.jpeg F9B1A277-D5A9-46D7-96DF-024BAC5C5FBE.jpeg 

 明治維新に活躍した門下生
福田扇馬 集堂場場長
乃木希典 陸軍大将 学習院長
桂 弥一 尊攘堂(長府博物館)創立者
服部潜蔵 日本海軍創立功労者 海軍大佐
瀧川辨三 マッチ王 神戸商工会議所会頭
諸葛信澄 官立師範学校初代校長
福原和勝 陸軍参謀 陸軍大佐 
横畠武二 長府高等女学校初代校長
岡崎章介 漢学者 豊浦中学(高校)教官
原田政佳 長府初代町長


DC254510-50AF-4A27-81FC-496875E19818.jpeg 7B9F8A1A-E4A2-4C66-8BE1-B1B7ADA280E4.jpeg 

  集童場(しゅうどうじょう)場長室
 集童場は、長府藩士福田扇馬(ふくだせんま)が文久二年(一八六二)、南之浜の自宅に開いた私塾 桜柳亭(おうりょうてい)を母体とし、元治元年(一八六四)三月、藩士熊野則之(くまののりゆき)が中心となり、古江小路(ふるえしょうじ)の益田宅を集童場と命名、身分の別なく広く藩内年少の子弟(十〜十七才位)の教育を行ったいわば長府の松下村塾とも言われた。
 総督(場 長)熊野則之
 総監(相談役)福原和勝
 教授     福田扇馬
        熊野九郎
        金子四郎
 設立当時は三十数人で発足したが、一年後には百数十人にも増えた。
 慶応元年(一八六五)二月、裏侍町にあった旧藩校敬業館跡に移転。名実とも長府藩の学校となったのである。さらに明治二年(一八六九)藩校敬業館に併合され明治五年二月まで存続した。
 集童場で学んだ子弟は、乃木希典(のぎまれすけ)をはじめいずれも明治・大正時代に様々な分野で活躍した。
 この建物は古江小路に在った集童場の場長室を昭和三年(一九二八)所有者伊藤氏から寄贈を受けここに移築保存したものである。
  平成五年三月
   下関市教育委員会


熊野則之君紀念之碑
23415EDC-DE0A-4F00-BD96-650A6B9264A7.jpeg 989BE545-4670-44C5-9C1D-594365DAE29F.jpeg

萩の松下村塾に相当するのが「長府藩集童場」で多くの有為な人材を育てた。
場長熊野則之先生を顕彰するこの碑は、乃木希典ら門下生によって明治二十年に建てられた。
揮毫は元勲山県有朋、碑文は門人金子豪介である。


原田政佳政佳翁彰功碑
19E07A79-76E5-475F-8EBA-76B45BF24B84.jpeg


「蚕種渡来之地」記念碑
28CC2ADA-84F2-42B2-BA38-408AF54AA7C9.jpeg 55EA9F90-C865-41AC-877F-A32740A8FD3C.jpeg

  「蚕種渡来之地」記念碑
いまから約千八百年のむかし中国より秦の始皇十一世の子孫功満王(こまおう)が来朝帰化しここ豊浦宮(とよらのみや)にご滞在の仲哀(ちゅうあい)天皇に蚕種(カイコの卵)を献上したのが、わが国養蚕の始まりと伝えられる。生糸の輸出の最も盛んであった昭和八年に養蚕関係者によってこの碑が建立された。


山桑の木。
00AA4DF4-3088-4389-BCA5-7116D199FB64.jpeg E1A51966-409F-4E0D-BE02-24AC305F8DDB.jpeg

昭和八年(蚕種渡来之地)記念碑の建立と同時に野生の桑の木を移植したもので樹齢約六十年この地方では貴重な木である。


忌宮神社の境内にいつもいる鶏が見当たらないので捜したら、植込みの中にいました。
寒いからでしょうか?
915FB004-FFF2-4B9E-8FF5-3329E390A4B7.jpeg


忌宮神社のすぐ傍の美味しいと評判のケーキ屋 Mさんでケーキを買って食べましたわーい(嬉しい顔)
BD1DFCD5-66B0-4BAF-9F02-5B17C668A6EE.jpeg 453B95F8-FF5D-4246-9FED-CCBD1F149A38.jpeg
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント