CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
ウミガメものがたり [2019年01月19日(Sat)]
でてきた でてきた。
うまれたばかりの 子ガメたち。
それは ながい ながい
たびの はじまりであり、
しぜんの ふしぎをしる
いのちの ものがたりなのです。

(カバーそでより)

鈴木まもるさんの『ウミガメものがたり』(鈴木まもる/作・絵 童心社 2016.5)をご紹介します。

ウミガメものがたり.jpg

だれもいない夏のすなはま。海の中からなにかがやってきました。ウミガメのお母さんがたまごを生みにきました。生まれた子ガメたちは、海にむかいます……。厳しくも豊かな自然を生きるウミガメの成長を描いた物語。
童心社HPより)

ウミガメが大人になるまでさまざま試練に立ち向かわなくてはいけません。

中でも、自動販売機の光に誘われて海に行けなかったり、クラゲと間違えてビニールやペットボトルを食べてしまったり、海に漂流したロープにからまってしまったり、多くのウミガメが大人になる前に死んでしまう……人間が作り出した試練が多いことでしょう。

E36E510B-913C-49EC-B526-7A076803100B.jpeg

ウミガメの鼻に刺さったプラスチック製ストローを取り除く動画が拡散されたことから、世界的に脱プラスチックの動きが活発化してきました。
日本でも環境省が海洋プラスチック問題の解決に向けた取組「プラスチック・スマート」を推し進めています。

プラスチックスマート.png

コマ割りの画面を使ったり、見開き一杯の大きな絵で見せたり、自在に使い分けられた鈴木さんの迫力のある絵は、臨場感に溢れ、ウミガメと一緒に長い長い旅をしているようで、生命のたくましさ、自然の神秘を感じます。

お薦めの一冊です。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント