• もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
ダンボールコンポスト出張講座参加者の聞き取り調査をしました [2024年06月10日(Mon)]
昨年(2023年)10月10日、やまぐちエコ倶楽部は山口市内のグループからの要請により、大歳地区でダンボールコンポスト出張講座を開催しました。

IMG_9407(1).JPG IMG_9405.JPG

6月4日(火)、その講座に参加された方のお宅にお伺いし、聞き取り調査をしました。
まず、ダンボールコンポストによる生ごみ堆肥で作った野菜を見せていただきました。

IMG_2036(1).JPG

こちらが生ごみ堆肥を施肥した畑です。

IMG_E2039.JPG

その他の参加メンバーももちろん、誰も脱落することなく、全員生ごみ堆肥を完成させ、畑や花壇やプランターに施肥されたとのことです。
ただ、アパート暮らしの方2名は、自分の家のプランターでは使い切ることができなかったので、ご近所の方にお裾分けされたそうです。

現在も参加者の皆さんが、ダンボールコンポストを続けているかどうか、という質問に対しての答えは、「ダンボールコンポストによる生ごみ堆肥がとてもいいというのが分かってはいるけれど、やっていない」でした。ピートモスが高いというのがその理由です。

ですが、生ごみ堆肥作りを実践されていないという訳では決してありません。
お訪ねしたお宅では、ダンボールコンポストに代わるものとして、「納豆籾殻」コンポストに生ごみを投入されていました。
納豆は3パック包装のものが半額になった時(50円くらい)に購入されたものだそうです。
籾殻は仁保の道の駅で購入されたそうです。
容器は蓋付ポリバケツです。

IMG_E2038.JPG

また、落ち葉米糠で堆肥化されていました。
米糠はコイン精米所の持ち帰り自由(無料)の米糠です。
イチジクの木の下に落ち葉を積み上げただけで、特に囲いなどされていませんでした。
手を入れてみると、発酵が進んでいるのでしょう、温かったです。
落ち葉は、広葉樹のものが適しているそうです。

IMG_E2041.JPG

生ごみや落ち葉をライフスタイルに合った方法で自家処理をされているのは、素晴らしいことです。


やまぐちエコ倶楽部と山口市では、今年度も引き続き、ダンボールコンポスト講座実施グループを募集しています。

ダンボールコンポスト講座令和6年度チラシ.png
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント