• もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
つづきの絵本屋さんでのあおきひろえさんトークイベントに参加しました(4) [2024年04月06日(Sat)]
前回の続き

『ここにいる』
(あおきひろえ/作 廣済堂あかつき 2020.7)
ここにいる.jpg

日曜は畑仕事に精を出す、働き者のおとうさん。

24DAB90C-08E1-4E0A-BF22-CC790BC2CE7D.jpeg

お父さんとの思い出を綴った絵本です。
ひざにのせて、万年筆で絵を描いて見せてくれたこと、絵描きになりたいと言ったら、次の日クレヨンを買ってきてくれたこと、画塾の帰りが遅くなったときのこと、18で家を出たときのこと、結婚を告げたときのこと・・・今ここにあおきさんが絵本作家としてこうしているのは、おとうさんがいたからなんだ、って分かります。

サンダル履きの長谷川義史さんに注目!いつもオシャレな長谷川さんですが、そんなこともあったのかな、と笑ってしまいます。結婚式のシーンにしようかとも思ったそうですが、余りにベタなのでやめたそうです。

私的には、叱られて隠れている画面が好きです。

8D7D58D3-2E47-4665-BC0E-DAB281287F9F.jpeg

2019年の『長谷川家のカレンダー』にも同じ絵が使われていて、おとうさんを信じている気持ちがすごくよく分かるから。

C4080388-E26B-4644-A344-8BD3CA12B775.jpeg


おじいちゃんになって、やがて入院したおとうさんに、病室でお話を読んであげたときの喜び。
実際に読んだ本は、安房直子さんの『きつねの窓』 (あおきひろえ/絵 宮川健郎/編 岩崎書店 2016.3.10)なんだそうです。

『きつねの窓』
(はじめてよむ日本の名作絵どうわ4)
(安房直子/作 あおきひろえ/絵 宮川健郎/編 岩崎書店 2016.3.10)
3EA7BFEF-7511-4412-810F-3A827A0B80D7.jpeg

最期の時は庭の花が一斉に咲き、人生をまっとうに生きたおとうさんを「おめでとう」の言葉で祝福する・・・感動しました。
霜鳥さんも、実際に、ピンポイントギャラリーの「『夫婦展、ぼぼぼぼん』長谷川義史+あおきひろえ」(2018年8月27日(月)〜9月8日(土))で展示されていたあおきさんの「たびだち」という絵を見たこと、そして絵の素晴らしさを語られていました。

そして、自分のところ(おむすび舎)の出版物でもないのに、2度も『ここにいる』原画展を開催されたそうです。


次回に続く
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント