• もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
アート・ルート 一の坂 @ HEART2023 [2024年02月27日(Tue)]
3月7日(木)〜24日(日)、HEART2023「アート・ルート 一の坂」が開催されますぴかぴか(新しい)

アート・ルート一の坂.png

アート・ルート 一の坂
山口県立美術館と山口市中心商店街をむすぶルート、一の坂エリアを、アートな遊歩道にしようという企画。
ものづくりのワクワク感が味わえるワークショップを続々と行います。



かわいいHEART企画
「ROUTE 102(ルート・トーフ)アーカイブ展」
2007年秋、みずほ銀行と山口銀行の間に、幅1.2m、長さ50mほどの小径、《ROUTE 102(ルート・トーフ)》が出現したことをご存知ですか?
山口市民から集めた豆腐5000個にセメントを詰めて出来上がった〈豆腐房ロック〉で、地面を舗装したのです。
翌年には50m延長し、米屋町商店街と一の坂側をつなぐ素敵な〈豆腐小径〉となりました。
制作したのは、美術家の山根秀信さんと山口市民。
今は影も形もありませんが、「また再び、中心市街地のどこかに〈豆腐小径〉をどこかに!」というわけで、まず当時の記録を展示。来年の小径完成を目指します。


るんるん日 時るんるん 3月7日(木)〜24日(日)11:00〜17:00 (土・日は10:00〜18:00)
るんるん場 所るんるん HEART SPOT 102
    山口市米屋町商店街 山口銀行米屋町出張所前


かわいいアーティスト企画
山根秀信のワークショップ
「〈シン・ROUT 102〉計画2024」

来年の《シン・ROUT 102》実現に向け、まずはエクササイズ。
小型豆腐小径をつくります。
小学4〜6年生のみなさん!豆腐を食べて、プラ容器を持って大集合exclamation

 
るんるん日 時るんるん 2024年3月16日(土)14:00〜15:30
るんるん場 所るんるん HEART SPOT 102 / 山口県立美術館横
るんるん対 象るんるん 小学4年生〜6年生
るんるん定 員るんるん 15名(要申込・先着順)
るんるん持参物るんるん 豆腐のプラ容器
るんるん参加費るんるん 無料
るんるん申 込るんるん 山口県立美術館WEBサイト
    https://ssl.sgn.ne.jp/apl/btcr/cp/QSPSYA02/form


かわいいアーティスト企画
山根秀信のワークショップ
「ルミエール・ド・トーフ」

豆腐を大量に販売するために考案された安価なプラスチック製容器。
豆腐を食べてしまえば用なしです。でも、以外にも、そこには素敵な装飾が隠れています。
その素敵な装飾を石膏で浮かび上がらせ、照明器具をつくりませんか。
みなさん!豆腐を食べて、プラ容器を持って大集合exclamation


るんるん日 時るんるん 2024年3月17日(日)14:00〜15:30
るんるん場 所るんるん HEART SPOT 102 / 山口県立美術館横
るんるん対 象るんるん 中学生以上
るんるん定 員るんるん 10名(要申込・先着順)
るんるん持参物るんるん 豆腐のプラ容器
るんるん参加費るんるん 無料
るんるん申 込るんるん 山口県立美術館WEBサイト
    https://ssl.sgn.ne.jp/apl/btcr/cp/QSPSYA02/form


るんるん問合先るんるん ミュージアム・タウン・ヤマグチ実行委員会HEART事務局(山口県立美術館)
   〒753-0089 山口市亀山町3-1
   電話 083-925-7788
るんるん主 催るんるん ミュージアム・タウン・ヤマグチ実行委員会HEART2023
山口県/山口県立美術館/山口市/山口商工会議所/山口市商店街連合会/山口県立美術館指定管理者SPSグループ/公益財団法人山口きらめき財団



かわいい山根秀信かわいい
1959年山口市生まれ。1985年東京芸術専門学校(T.S.A)卒業。1984年から発表活動を始め、1991年渡仏。フランス、ノルマンディーにて田窪恭治氏による「サン・ヴィゴール・ド・ミュー礼拝堂再生プロジェクト」に参加。2年半の活動の後、山口市に拠点を移し、県内外で作品を発表。山口県美術展覧会大賞受賞(1996、2011、2017)。2007年と2008年には、「ROUTE102─豆腐を食べて、小道をつくろう」プロジェクトを実施。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント