• もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
絵本レストランへようこそ!vol.3 @ こども・本・おとなジョイントフェスタ 〜子ども読書活動120周年にちなんで〜 [2024年01月27日(Sat)]
3月2日(土)、海峡メッセ下関で、山口県文庫連絡会主催で村中李衣さん & 横山眞佐子さんをシェフ(絵本の案内人)に、こども・本・おとなジョイントフェスタ 〜子ども読書活動120周年にちなんで〜「絵本レストランようこそ!vol.3」を開催しますぴかぴか(新しい)

絵本レストランへようこそ2023C.png

皆様のご要望に応え、絵本レストランが、再び、下関で開店します!

あなたにぴったりのおいしい料理(絵本)を、シェフ(絵本のプロ)がおつくりします。
どうぞ、めしあがれ!


るんるん日 時るんるん 2024年3月2日(土)13:30〜15:30
るんるん場 所るんるん 海峡メッセ下関 801 大会議室
       下関市豊前田町3-3-1
るんるん対 象るんるん 5歳からおとな
るんるん定 員るんるん 60名(要申込・先着順)
るんるん参加費るんるん 高校生以下500円、おとな1200円 ※当日500円アップ
るんるん申込方法るんるん 電話にて @代表者氏名 A参加者全員の氏名(子どもは年齢または学年) B電話番号 C住所 をお知らせください
るんるん申込先るんるん 山口県子ども文庫連絡会
       083-232-7956(こどもの広場)、090-2008-9467(山本)
るんるん主 催るんるん 山口県子ども文庫連絡会
るんるん後 援るんるん こどもと本ジョイントネット21・山口、こどもの広場
るんるん助 成るんるん 子どもゆめ基金

※咳や発熱などのある方は参加をご遠慮ください。
※団体広報用や子どもゆめ基金への報告用にイベント中の写真や動画撮影を行います。広報用に、HP・SNS・刊行物に掲載することがあります。それ以外の目的では使用しません。なお、子どもゆめ基金への報告用に提出した個人情報(写真)は「(独)国立青少年教育推進機構が保有する個人情報の適切な管理に関する規定」に基づき、子どもゆめ基金助成業務以外の目的には使用されません。ご了承ください。

      
かわいい村中李衣さんかわいい(むらなか・りえ)
山陽小野田市出身。児童文学作家。ノートルダム清心女子大学教授。0歳から100歳までのあらゆる人とあらゆる場所で、絵本の読みあいを続けている。
1984年 『かむさはむにだ』(高田三郎/絵 偕成社 1983)で第17回日本児童文学者協会新人賞、 1985年 『小さいベッド』(かみやしん/絵 偕成社 1984)で第32回サンケイ児童出版文化賞、1990年 『おねいちゃん』(中村悦子/絵 理論社 1989)で第28回野間児童文芸賞、 2013年 『チャーシューの月』(佐藤真紀子/絵 小峰書店 2012.12)で第53回日本児童文学者協会賞、 2017年 「長期入院児のための絵本の読みあい」で第1回日本絵本研究賞、 2020年 『あららのはたけ』(石川えりこ/絵 偕成社 2019)で第35回坪田譲治文学賞受賞。
山陽小野田市立中央図書館で行われている「ぬいぐるみの図書館おとまり会」にヒントを得た物語『よるのとしょかん だいぼうけん』(北村裕花/絵 BL出版 2015)、『こくん』(石川えりこ/絵 童心社 2019)、『はじめよう! ブックコミュニケーション』(村中李衣・伊木洋/著 金子書房 2019.11)、『女性受刑者とわが子をつなぐ絵本の読みあい』 (村中李衣/編著 中島学/著 かもがわ出版 2021.6)など著作多数。

かわいい横山眞佐子さんかわいい(よこやま・まさこ)
下関市生まれ。下関の高校を卒業後、東京学芸大学農学部に入学するが、思うことあって中退。1977年、29歳のときに児童書専門店「こどもの広場」を開店。展覧会の開催や県内各地の小中学校を回って本の面白さを伝えるブックトーク、図書室に収める本を子どもたちに選んでもらう「選書会」を開くなど幅広い活動を展開し、数々の要職も務めている。子どもの本の翻訳・編集者としても活躍。翻訳に『あかちゃんの本箱』『どうしてなのサンタさん』『サムはぜったいわすれません』『ぼくのライトとたんぽぽ』(以上、ブックグローブ社)、編集に『絵本の100年展』(朝日新聞出版)『人生で始めて出会う絵本100』『かがくする心の絵本100』(以上、平凡社)、著作に『子育て絵本相談室』(ポプラ社)など。コミュニティFM下関「かもんFM」で毎朝(月曜から金曜)5分間番組「横山真佐子のわがままブックトーク」を担当し、本の紹介などを行っている。子どもの読書推進を地域から支えてきた長年の活動に対し、第53回(2013)久留島武彦文化賞(公益財団法人日本青少年文化センター所管)を授与された。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント