• もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2024年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
企画展「平安時代と王朝文学―下関伝来の源氏物語―」 @ 下関市立歴史博物館 [2023年12月04日(Mon)]
12月8日(金)〜2024年2月12日(月・振休)、下関市立歴史博物館で、企画展「平安時代と王朝文学―下関伝来の源氏物語―」が開催されますぴかぴか(新しい)
関連講座として、12月21日(木)・24日(日)に「平安時代の社会」、2024年1月14日(日)・17日(水)に「王朝文学の担い手たち―紫式部を中心に―」に開催されますぴかぴか(新しい)

29C18CCB-F872-4C6F-B3CA-BE01FA088653.jpeg 5A147241-5DC2-4C99-BA5E-7879AFB5DBA7.jpeg

 奈良から京都へと政治の中心が遷った平安時代、都では相次ぐ政変を経て、藤原摂関家が権力を確立します。その一方で、地方では治安が乱れていき、山賊・海賊の討伐にあたった武士たちが台頭しました。武士たちは、都の有力者と結び付くことでさらなる勢力拡大を図り、貴族たちの権勢を支えていきます。
 また、信仰の世界に目を転じると、平安時代初期には、最澄・空海により天台宗・真言宗が開かれ、仏教界に新たな風が吹き込まれました。さらに、大陸からもたらされた教えは、日本の民間信仰などと混じり合い、次第に独自の発展を遂げていくことになります。
 こうした時代背景のなかで、都では雅やかな王朝文化が花開いていきます。この時代に生み出された和歌や物語、随筆などは、後世の文学作品に大きな影響を与えることになりました。とりわけ、紫式部によって著された源氏物語は、さまざまな文学と関わりをもちながら、現代に至るまで読み継がれており、下関にも源氏物語やそれを題材とした美術品が伝わっています。
 本展は、下関に伝わる文化財をとおして平安時代の社会や信仰の様子を紹介するとともに、源氏物語をはじめ下関に伝わる王朝文学ゆかりの文化財を公開するものです。


るんるん会期るんるん 2023年12月8日(金)〜2024年2月12日(月・振休)
るんるん休館日るんるん 毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12月28日(木)〜1月4日(木))
るんるん会場るんるん 下関市立歴史博物館
るんるん観覧料るんるん 一 般 210円(160円) 大学生等 100円(80円)
  ※(  )内は20名以上の団体料金。
  ※65歳以上で下関市内に居住する方は100円。
  ※18歳以下の方、障害者手帳をお持ちの方、高等学校、中等教育学校、特別支援学校に在学の生徒は無料。
  ※年齢確認のため、公的証明書をお持ちください。


かわいいイベントかわいい
関連講座(1)「平安時代の社会」
 るんるん日にち 2023年12月21日(木)・24日(日)

関連講座(2)「王朝文学の担い手たち―紫式部を中心に―」
 るんるん日にち 2024年1月14日(日)・17日(水)
   ※時間はいずれも10:30〜11:30
   ※各日いずれも同じ内容です。

 るんるん講師 岡松仁(下関市立歴史博物館 学芸員)
 るんるん場所 下関市立歴史博物館 ガイダンス交流室
 るんるん定員 35名(要予約・先着順)
 るんるん資料代 300円
 るんるん申込方法 12月1日(金)9:30より電話または博物館受付にて受付開始
 るんるん連絡先 083-241-1080
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント