CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
荒井良二のPICTURE BOOK<絵・本> @ 高志の国文学館 開館10周年企画展 [2022年06月14日(Tue)]
6月25日(土)より9月5日(月)まで、富山市にある高志の国文学館で、開館10周年企画展「荒井良二のPICTURE BOOK<絵・本>」 展が開催されますぴかぴか(新しい)

荒井良二のPICTUREBOOK.PNG 荒井良二のPICTUREBOOK 裏.PNG

世界で注目を集める絵本作家のひとり、荒井良二(1956〜)。 2001年のアメリカ同時多発テロ事件から生まれた『はっぴいさん』、東日本大震災をきっかけに描かれた『あさになったのでまどをあけますよ』など、時代をみつめた絵本作品は大きな反響をよびました。 日本絵本賞大賞やボローニャ国際児童図書展特別賞など国内外で数々の賞を受賞し、2005年には、児童文学や青少年向けの文学作品にあたえられる、スウェーデンの世界的な文学賞であるアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を日本人ではじめて受賞しました。 豊かな色彩と繰り返す言葉のリズムが特徴的な荒井の絵本は、子どものみならず、かつて子どもであった大人を含めて幅広い世代に人気を誇っています。本質的なものをそっと差し出すような荒井の作品は、誰の心にも響く深い感動を届けてくれます。 本展は、高志の国文学館開館10周年を記念した、はじめての絵本展です。初期から最近までの代表作を通して、何気ない日常の中にこそ生きる喜びや希望があることに気づかせてくれる、荒井の絵本の世界をお楽しみいただきます。

るんるん会期るんるん 2022年6月25日(土)〜9月5日(月)9:30〜18:00(入館は17:30まで)
      休館:毎週火曜日
るんるん場所るんるん 高志の国文学館
      〒930-0095 富山市舟橋南町2-22
      電話 076-431-5492
るんるん観覧料るんるん 一般400円(320円)、大学生200円(160円)
 ※( )内は20名以上の団体料金。企画展観覧券で常設展も観覧可
 ※小・中・高校生及びこれに準ずる方、各種障害者手帳をお持ちの方は無料
るんるん特典るんるん
富山美術館展覧会「絵画原画の世界2022」展(2022年5月28日(土)〜7月5日(火))の半券を持参し、当館の「荒井良二のPICTURE BOOK<絵・本>」展のチケットを購入者に、当企画展のポスター又は記念シールをプレゼント!
 ・企画展の期間中、半券1枚につき1名様、1回有効
 ・受付にて


かわいい荒井 良二(あらい・りょうじ)かわいい
絵本作家 1956 年生まれ。山形県出身。
日本大学芸術学部美術学科を卒業後、イラストレーターとして活躍。90年に『MELOD Y』(トムズボックス)を発表し、本格的に絵本を作りはじめる。96年の『うそつきのつき』 (内田麟太郎/作 文溪堂)で第46回小学館児童出版文化賞、98年の『なぞなぞのたび』(石津ちひろ/作 フレーベル館)でボローニャ国際児童図書展特別賞を受賞するなど、早くから注目される。荒井が作る創作絵本は国境をこえて多くの人を魅了し、2005年にはスウェーデンの児童文学賞アストリッド・リンドグレーン記念文学賞を日本人ではじめて受賞。明るく鮮やかな色使いと、斬新かつ大胆な作風で、国内外において高く評価 されている。これまでに100冊以上の絵本を手がけ、いまも個展やワークショップを精力的に開いている。絵本の創作とともに、05年から07年にNHK教育テレビのプチプチ・ アニメ「スキマの国のポルタ」(文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞受賞)の原作、12年にNHK連続テレビ小説「純と愛」の題字とオープニングイラストを担当。また、14年の第1回から18年の第3回まで「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ」の芸術監督を務めたほか、自ら作詞・作曲しギターを演奏する音楽活動もおこなう。


『ユックリとジョジョニ』
(荒井良二/作 ほるぷ出版 1991.3)
【エズラ・ジャック・キーツ賞ノミネート】
ユックリとジョジョニ.jpg

『森の絵本』
(長田弘/詩 荒井良二/絵 講談社 1999.8)
【第31回講談社出版文化賞受賞】
森の絵本.jpg

『はっぴぃさん』
(荒井良二/作 偕成社 2003.9)
はっぴぃさん.jpg

『たいようオルガン』
(荒井良二/作 偕成社 2008.9)
【第1回JBBY賞受賞】
たいようオルガン.jpg

『あさになったのでまどをあけますよ』
(荒井良二/作 偕成社 2011.12)
【第59回産経児童出版文化賞・大賞受賞】
あさになったのでまどをあけますよ.jpg

『きょうはそらにまるいつき』
(荒井良二/作 偕成社 2016.9)
【第22回日本絵本賞大賞受賞】
きょうはそらにまるいつき.jpg

『きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ』
(荒井良二/作 NHK出版 2019.9)
きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ.jpg

『こどもたちは まっている』
(荒井良二/作 亜紀書房 2020.6)
【第26回日本絵本賞受賞】
こどもたちは まっている.jpg


関連イベント

かわいい荒井良二 開会記念トーク&サイン会
るんるん日時 2022年6月25日(土)14:00〜16:00
るんるん会場 高志の国文学館 ライブラリー+研修室 101
るんるん定員 80名(要申込)
るんるん参加費 無料


かわいい荒井良二 トーク&サイン会 in 射水市大島絵本館
るんるん日時 2022年8月20日(土)14:00〜16:00
るんるん会場 射水市大島絵本館
     富山県射水市鳥取50
     電話 0766-52-6780
るんるん定員 150名(要申込)
るんるん入館料 必要
るんるん申込先 射水市大島絵本館にお電話で直接申込


かわいい荒井良二 ワークショップ「森の学校 絵・本を作ろう!」
るんるん日時 2022年8月21日(日)13:00〜16:00
るんるん会場 高志の国文学館 研修室 101
るんるん対象 小学校3〜6年生
るんるん持ち物 好きな画材(色鉛筆、絵の具など)
るんるん定員 20名(要申込)
るんるん参加費 無料


かわいい絵本講座「荒井良二の絵本世界」
るんるん日時 2022年7月30日(土)14:00〜15:30
るんるん会場 高志の国文学館 研修室 101
るんるん講師 生田美秋(高志の国文学館事業部長)
るんるん定員 54名(要申込)
るんるん参加費 無料


かわいい展示担当者による展示解説(スライド・ビュー)
るんるん日時 @7月9日(土)、 A8月13日(土) 、B9月4日(日)
    各回 14:00〜  (30分程度)
るんるん会場 高志の国文学館 研修室 101
るんるん参加費 無料(要申込)

るんるん申込方法
(「トーク&サイン会 in 射水市大島絵本館」を除く)
電話・FAXにて、イベント名(複数可)と氏名、電話番号を当館まで知らせる
 ※定員に達し次第、募集を終了
 ※FAXでの申込で、定員に達し参加できない場合のみ当館から連絡
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント