CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
萩城址(7)御台所御門跡・井上矢倉跡・井上御門跡 @ はぎ散歩G [2021年10月18日(Mon)]
前回の続き

本丸北東部に行ってみましょう。

御台所御門跡
IMG_E1341.JPG IMG_E1342.JPG IMG_E1340.JPG

登ってみました。
IMG_E1373.JPG


井上矢倉跡
IMG_E1372.JPG


井上御門跡の先には、料金所(休業中?)があります。


池泉回遊式庭園の東園は二の丸跡にあるのですが、井上御門跡近くにあるので、ここであげておきます。

東園
IMG_E1344.JPG

「東園」説明板。
IMG_E1343.JPG

 東園は、萩城本丸の東北方面に位置し、二の丸内につくられた回遊式の庭園で、池の側には御茶屋もあった。
 萩藩の儒学者山県周南が著した「東園記」によると、6代藩主毛利宗広(1717〜1751)の時に、、この地に古くからあった池を浚渫し、庭をつくって東園と成し、高い館を建てて園を総覧できるようにしたとある。そして、7代藩主毛利重就(1725〜1789)が家督を継いだ時も、旧に従いこの地を遊息の地とし、庭内の各所に六景二十勝の名称をつけ、その景観を装飾したという。
 なお、東園と名づけて整備される以前にも、この地には御花畠と称した庭園があり。御茶屋も建てられていた。



IMG_E1378 (5).JPG 萩城案内図 (6).jpg
▲萩城本丸門跡にある説明板の地図を一部抜粋


【次回に続く】
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント