• もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
平野神社の桜花祭に行きました(5)見どころ [2024年05月03日(Fri)]
前回の続き

奈良時代末期の782(延暦元)年 『続日本紀』11月丁酉(19日)条に田村後宮[田村第]の今木大神に従四位の神階を奉叙されたという記事があり、平城宮の宮中(桓武天皇の父光仁天皇の御所)に祀られていて、794(延暦13)年 平安遷都と同時に平野の地にご遷座された平野神社。

本殿は国指定重要文化財で、「比翼春日造(ひよくかすがづくり)」または「平野造」と呼ばれ、南殿、北殿の二殿一体となった2棟が東向きに南北に建ち、北よりご祭神四座の今木皇大神(いまきすめおおかみ) 、久度大神 (くどのおおかみ)、古開大神 (ふるあきのおおかみ) 、比賣大神(ひめのおおかみ)が祀られています。

IMG_E1641.JPG

拝殿南門が京都府指定有形文化財に、縣社(あがたしゃ)中門が京都府登録有形文化財に指定されています。
『京都市の文化財 第32集』(京都府教育委員会 平成26.11)P1〜5「平野神社」に詳しく載っています。https://www.kyoto-be.ne.jp/bunkazai/cms/wp-content/uploads/2022/05/bunkazai32.pdf で読むことができます。
『守り育てようみんなの文化財』No.32(京都府教育委員会 平成26.11)P4〜5「平野神社」にも載っています。https://www.kyoto-be.ne.jp/bunkazai/cms/wp-content/uploads/2022/05/mamori32.pdf で読むことができます。


その他の見どころを紹介します。

ご神紋はぴかぴか(新しい)
いろいろなところで使われています。

IMG_E1772.JPG


ご神木
クスノキぴかぴか(新しい)
樹齢400年から500年といわれています。

IMG_1747.JPG


餅鉄(べいてつ)「すえひろがね」ぴかぴか(新しい)
重さ200kg 厚さ27cm 高さ80cm
鉄分70%

日本最大級といわれています。
餅鉄とは「鉄分を含む丸みを帯びた石」のことです。

IMG_1749.JPG


菊花紋ハート[猪目] + 桜の神紋六葉(ろくよう)ぴかぴか(新しい)
六葉とは、懸魚(げぎょ)という屋根の合わさった場所や、長押(なげし) 、扉などの木のつなぎ目を隠す、釘隠などの金具で、六枚の葉を六角形に模様化したものです。木製のものもあります。
その装飾に、菊の御紋[菊花紋]を中央に、それを取り囲むように、「猪目(いのめ)」、そして、平野神社の神紋の「桜」があしらわれているのは、平野神社だけの六葉金具だそうです。
社務所にあります。

拝殿の六葉金具は、菊の御紋[菊花紋]を中央に、それを取り囲むように、「猪目」、そして、「菊花紋」があしらわれた豪華なものです。

IMG_E1748.JPG


次回に続く
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント