CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
ベッコウトンボ観察会に参加しましたA [2021年04月28日(Wed)]
前回の続き

成虫の体長は約38mm。羽を広げた大きさは7cm程度。
4枚の翅にはそれぞれ明瞭な褐色斑(成虫オス:黒褐色、メス:暗褐色)があります。
ベッコウトンボ 環境省.jpg
環境省HP(http://www.env.go.jp/nature/kisho/hogozoushoku/bekkotonbo.html)より

オスは性成熟すると一様な黒色に変色し、ヨシ原の水辺で縄張りを作ります。
CD7270C9-2A3B-45C8-BCA1-7F6575E05E49.jpeg10:39

02D16D5D-C37E-4768-83AA-C22F4AC78322.jpeg10:44

ECF6EE28-6DD4-427A-A213-6F8729906FE1.jpeg 84EC21B2-041C-4170-9B3C-8A45C30E2DC9.jpeg10:45

ヨシ原の水辺の園路から見えやすい場所ところどころに枝が絶妙の角度で立っています。
これは自然のものではなく、レンジャーの方がトンボ観察用のとまり枝として挿したとのこと。
面白いことに、そのとまり枝をトンボがちゃんと利用していますわーい(嬉しい顔)
C997C6B1-2458-466F-8B75-7D54B1CE6723.jpeg 99EE25BB-0E05-408C-98DF-B4EE1E43E912.jpeg A798B950-1C0B-4AD6-BA92-B35EFB994FC6.jpeg10:54


メスは、成熟すると濃い茶色になります。
あまり移動せず。ほとんどの時間を草地で過ごします。
今回草地では出会うことができませんでしたが、土路石川側の水路傍の樹林地で出会うことができました。
3994CF6D-E6F8-4E48-A6AA-6F0962BE4249.jpeg EA25241D-90EB-4322-8A94-D13B8710128E.jpeg 3C403F52-DB48-4B0C-A221-073023FF3925.jpeg11:26

2C6B38E9-0E17-4925-94A5-8B95C2CEAB1A.jpeg 0EEC00E2-2B1F-4735-95EE-8A5BC78EAAB3.jpeg11:28

F5DC3B06-361C-48DE-A31E-D3C353F59EC3.jpeg 6ED58252-C094-4ABF-9202-496208BE1787.jpeg11:29


園のトンボ池淡水ビオトープも、雄の生息場所です。
2497D96F-BE6F-4FE2-BF5F-15BB23018B05.jpeg C6068A51-F8B7-4C78-8A33-DB5BE280F57E.jpeg11:42

A5AEA1AE-45AE-40F8-9E37-9AA642C02241.jpeg 27BC295D-8D09-46D6-B670-763C3EDD9738.jpeg 65F8BA96-57AC-4B12-B12E-AC0E3F85DFBA.jpeg11:49

D3024019-64E1-42D5-A09D-94F6D1C3BC97.jpeg 3E67E6DB-607F-4B74-A496-B8B4F6E380B9.jpeg ED78BFAA-563C-46DA-8198-1F140B56A63D.jpeg11:49

7A840423-546D-46EA-9CA3-5F246DFEE1F8.jpeg BC8A7E68-6335-42D4-BD51-FD366AA504BC.jpeg11:58

454DD02F-9F96-4EA2-B619-CEA3D34CEA1D.jpeg 430819F8-E6E0-4F49-908D-83E02587AB87.jpeg12:00


ベッコウトンボはヨシやガマが生える浅いため池などに産卵します。幼虫の育つヨシなどに覆われた浅く広い水域と、成虫が成熟するために必要な短い草本の生えた広い草原も必要です。
1970年代までは全国各地で見られましたが、ため池の荒廃などで激減しています。
園ではレンジャー(観察指導員)たちがヨシ原の水位の調整や草地の整備を続け、繁殖のための努力をされています揺れるハート
4B9A956F-14F9-48C9-9276-64A5F1602CAB.jpeg FE5F2F58-A564-4463-B577-3C2FD1073448.jpegトンボ池 8314AB48-A695-44EB-98A4-9F03B7775CF8.jpeg D83F5B93-942A-4E82-87B4-80825EDBAA3D.jpeg淡水ビオトープ

観察会で歩いた道です。
IMG_E8359 (2).JPG

34個体に会えました揺れるハート
ベッコウトンボ以外では、ヨツボシトンボ、シオカラトンボ、アオモンイトトンボ、ムスジイトトンボにも会えました。

ほとんどが子ども連れの参加者で、おとなだけの参加者は私ともう一人の方だけでしたが、絶滅危惧種を守るための努力などたくさんのことを知り、子ども達とも仲良くなれ、大満足の観察会でした。
4月の園は爽やかで、こんなに心から楽しめたイベントはなかった気がします。昆虫が苦手な私なのに・・・・・・。
ありがとうございました。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント