CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
絵本作家の石川えりこさんをお迎えしてジョイネット20周年記念フォーラムを開催します [2020年12月13日(Sun)]
今日12月13日(日)、こどもと本ジョイントネット21・山口では、絵本作家の石川えりこさん、児童文学作家の村中李衣さん、こどもの広場の横山眞佐子さんをお迎えして、20周年記念フォーラムを開催しますぴかぴか(新しい)


横山さんや村中さんにはいつもお世話になっていますが、
石川さんは、2017年7月2日(日)、山口県立山口図書館で開催した やまぐち子どもの本のカレッジ 「描いてきたこと、描きたいこと」の講師をしていただきました。
石川えりこ20170702.jpg

石川えりこさんは、1955年、福岡県嘉麻市に生まれ、画家であった祖父の膝の上で筆の動きを見て育ち、小さい時から絵ばかり描いていたそうです。

『ボタ山であそんだころ』(福音館書店 2014.3)を中心に制作秘話を語られました。
ぼた山であそんだころ.jpg

『あひる』(くもん出版 2015.7)や
IMG_3178.jpg あひる.jpg あひる 裏表紙.jpg

『流木のいえ』(小学館 2017.2)の読み聞かせをしてくださいました。
IMG_3182.jpg 流木のいえ.jpg

「おばけのナンダッケ」シリーズ(国土社)でタッグを組まれた児童文学作家の巣山ひろみさんが広島からかけつけられ、また、山口県在住の児童文学作家の村中李衣さんや中山聖子さんも参加され、なんともにぎやかな会でした。
IMG_3190.jpg巣山ひろみさん

終わってから、絵本に出てくる定規を見せてくださって、当時の思い出を話してくださったこと今でもよく覚えています。
ぼた山であそんだころ 定規2.jpg


2019年8月29日(木)、第119回やまぐち絵本楽会で、『かんけり』(石川えりこ/作 アリス館 2018.9)を紹介しました。

かんけり.jpg

講師の山本安彦は「背中をおしてくれる人はいても、最後に自分で決心することの大切さ。作家自身の体験を描き、文では伝えられない絵でしか表現できない微妙な心の動きを描いています。」と語っていました。

IMG_6379.jpg


今回は村中さんと一緒なので『こくん』(村中李衣/作 石川えりこ/絵 童心社 2019)の話など出るのではないでしょうか。
こくん.jpg

『こくん』は、「IBBYバリアフリー児童図書 2021年選定図書」に選ばれましたひらめき



かわいい石川えりこかわいい
1955年福岡県生まれ。神奈川県在住。広告代理店でデザイナーを経てフリーのイラストレーターへ。絵本・児童書挿絵をはじめ、書籍装画、雑誌・広告など多方面で活躍中。幼少期の体験をもとに描いた『ボタ山であそんだころ』で第46回(2015)講談社文化賞絵本賞及び2017年に台湾Openbook最佳童賞受賞。著書は他に『あひる』(くもん出版)『てんきのいい日はつくしとり』『ことしのセーター』(福音館書店)『またおこられてん』(小西貴士/文 童心社)『流木のいえ』(小学館)など。

かわいい村中李衣かわいい
1958年山口県生まれ。児童文学者。大学、大学院で心理学、児童文学を学ぶ。著書に『小さいベッド』(サンケイ児童出版文化賞)『おねいちゃん』(野間児童文芸賞)『チャーシューの月』(日本児童文学者協会賞)『かあさんのしっぽっぽ』(青少年読書感想文全国コンクール課題図書)など多数。創作活動とともに、小児病棟や刑務所、少年院、養護施設などでの絵本の読み合いに取り組み、絵本を声に出して読むことを通じて自分の思いを家族に送り届ける「絆プログラム」を実施中。

かわいい横山眞佐子かわいい
下関市生まれ。1979年、29歳のときに児童書専門店「こどもの広場」を開店。展覧会の開催や県内各地の小中学校を回って本の面白さを伝えるブックトーク、図書室に収める本を子どもたちに選んでもらう「選書会」を開くなど幅広い活動を展開し、数々の要職も務めている。子どもの本の翻訳・編集者としても活躍。子どもの読書推進を地域から支えてきた長年の活動に対し、第53回(2013)久留島武彦文化賞(公益財団法人日本青少年文化センター所管)を授与された。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント