CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
「絵本作家 きたむらさとし 紙芝居&トークライブWeb配信」に参加しましたA『ぼくねこになる』 [2020年09月01日(Tue)]
前回の続き

『Me and My Cat?』(Andersen Press Ltd. 1999)
Me_and_My_Cat.jpg

『ぼくねこになる』(小峰書店 2003.5)
ぼくネコになる.jpg

ある晩、ぼくの部屋の窓からとんがり帽子のおばあさんがはいってきて、なにやらつぶやいてでていった。翌朝、目ざめると、ぼく、ネコになってるぞ!
小峰書店HP

このストーリーは三つの要素から思いついたというお話をされました。
特に、絵本の冒頭にある

あるばんおそく、しんしつのまどから とんがりぼうしのおばあさんが はいってきた。

という部分は、ビートルズのアルバム『Abbey Road(アビイ・ロード)』(1969)の中の「She Came In Through The Bathroom Window(シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー)」(Paul McCartney(ポール・マッカートニー)作詞作曲)から思いついたということです。

そして、「本には2つのしかけ "しゃれ” がある」と、話してくださったのですが、これって、ここに書いていいのでしょうか?
一つは、最終ページの

がっこうにゆくと、マッゴフせんせいが、つくえのうえに すわっていた。

の「マッゴフ先生」とは詩人のRoger McGough(ロジャー・マクゴフ)のことだそうです。
詩人として有名なRoger McGoughですが、1966年にリヴァプールでロックバンド(コーラスグループ)「Scaffold(スキャッフォルド)」を結成しました(1974年まで活動)。結成メンバーにMike McGear(マイク・マクギア)(本名:Peter Michael McCartney)がいて、実は、ビートルズのPaul McCartney(ポール・マッカートニー)の弟です。
もちろん、視聴が終わって、ビートルズの「シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー」を聞いたのはいうまでもありません。

ニコラスの部屋に『Sheep in Wolves' Clothing』
Sheep in Wolves' Clothing.jpg

David McKee(デビッド・マッキー)の『Elmer』のポスターが張ってあるのは誰でも気づくでしょうが、もう一つの全編にしかけられた “しゃれ” は、私自身、お話を聞くまで全く気づかず、実際に手に取って何度も本を見返しました。(種明かし(?)がしたい!)

そうなんです。ご存知でしょうが、『Elmer Elephant』の日本語版は、今はきたむらさんが訳されています。
ぞうのエルマー.jpg
▲『ぞうのエルマー』(BL出版)


次回に続く
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント