CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

●「鳩居堂」 (きゅうきょどう)

JR熊本駅前の電車通りで少々うるさく振動もある狭い住処を
じょうちゃんの「鳩居堂」と名付けました。
明治維新の頃、大村益次郎という人がいました。
その人は自分の住処を「鳩居堂」と言っていました。
その住処名にならいました。どうぞ、お立ち寄り下さい。

          住人 じょうちゃん


じょうちゃんの「ぼそぼそ」
鳩居堂の部屋名
鳩居堂のかかわり先
●「鳩居堂」訪問者の方のお部屋紹介 「思いつくまま」Fujita Yukariさん  http://nzpp.seesaa.net/         「ゆるすごたいむ」Benyさん https://blog.canpan.info/o222/     「きっと 夢の中」ピースケさん https://blog.canpan.info/munyamunya56/ 草鞋(わらじ)の緒さん    https://blog.canpan.info/faltboat/       蝸牛庵日乗/加藤哲夫さん  https://blog.canpan.info/katatsumuri/ 半田広宣「NOOS理論」   http://noos.cocolog-nifty.com/cavesyndrome/           ひととまち未来づくり・のりだーさん  https://blog.canpan.info/hitomachimirai/ ●「鳩居堂」お気に入りの方のお部屋 原田早穂さん      http://ameblo.jp/harada-saho/            大竹七未さん      http://ameblo.jp/otake-nami/ 
QRコード
親父様の一周忌です [2021年04月14日(Wed)]
親父様の妹さんたちも高齢ですし コロナ禍もあり身内だけです
210414_0956.jpg


三回忌の時は盛大にやれますかなぁ
210414_0957.jpg
届いた荷物は・・・ボンバー娘からの一周忌の供花 [2021年04月11日(Sun)]
3週間ぶりの草むしり [2021年04月11日(Sun)]後 会社に行き受け取った荷物が
210411_1819.jpg

ボンバー娘からの親父様一周忌のお花だった

「お金がない」
「ローン12%の金利は高いだろうか?」とか銭闘中のボンバー娘だが 親父様はさぞかし喜んで「お前小遣いやっといてくれ」と言っていることだろうなぁ。。。
君子蘭に囲まれる親父様 [2021年04月06日(Tue)]
君子蘭が花を咲かせ始めた [2021年04月02日(Fri)]が親父様と並んでる
210406_0646.jpg

来週には一周忌を迎える

今日(20. 4. 4)の親父様 [2020年04月04日(Sat)]は入れ歯を銜えるとしゃきっとしていた
コロナ禍になるギリギリのところでリハビリ転院の話まで進んでいたところだった

二日後の一年前の今日頃は雲行きが怪しくなり「オラ殺される 息子を呼べむかっ(怒り)」と入院してるフロアの隅々まで響き渡る大声を出して今日(20. 4. 6)の親父様 なかなか落ち着かせてくれないなぁ [2020年04月06日(Mon)]となっていた

その二日後 熊本整形外科さんから電話があり「アルビン(とかいうの)の値が3.0無いといけないのが1.5なので輸血とともに投与します」と言われいつものように夕ご飯を食べさせるのの介助に行くといつものような会話にはならないくらい喋るのもしんどいんだろうかなぁ [2020年04月08日(Wed)]だった

次の日「急性呼吸不全」で緊急転院 7:3とは・・・!? [2020年04月09日(Thu)]となり 親父様 あと一日二日の寿命と宣告された [2020年04月12日(Sun)] のだった

一昨日の日曜日ケアマネさんが親父様の一周忌で拝みに来てくれた
「一年早かった」と言われたがアッシにとっては決して早いものではなかったなぁ。。。
ここ10年で一番重かった去年の今日 [2021年03月15日(Mon)]
一年前の今日は親父様 今度は右足股関節骨折で熊本整形外科病院へ入院 [2020年03月15日(Sun)]

いろいろ覚悟をした日だったなぁ。。。

もう親父様の「章仁 助けてくれー」が聞こえる [2020年03月18日(Wed)]は聞こえなくなった

遺族にとって一年はかくも長いものだったなぁ。。。
気分転換に掃除をする母親様 [2021年03月13日(Sat)]
親父様が亡くなって自宅で親父様の相手をする母親様
コロナ禍もあり自宅から外出することはほとんどなくなった
気分転換も含め唯一外出するのは会社の掃除をしに来る時だ
しかも社員さんがいないときが良い
210313_1003.jpg

一仕事終えたので帰ろうする母親様
母親様88歳にして初物を見る [2021年02月28日(Sun)]
母親様が何か言っている
必死で理解しようとすると「こんなのは初めて見た」と言っている

こんなの・・・ろうそくの芯が下から出ている
210228_1954.jpg

「(出てるところを)切ればよいだろう」と言っているので
「(燃えてしまうんだから)別に切ることもなかろう」と燭台にさしたのであった 
ふむ なんか違う…取手の部分が焼けている [2021年01月07日(Thu)]
88歳の母親様はできることは自分でしようする
良いことだ
210107_0557.jpg

しかし こーなるとちと心配なんじゃなぁ
いきなり 〈利用再開日〉11月10日(火) の紙だけ渡されて戸惑う母親様 [2020年10月24日(Sat)]
朝から母親様がこんな紙を見せた
「『来んでくれ』ていうことだろかexclamation&question
201024_0540.jpg

改装か研修で来週再来週とディサービスの受け入れを止めるということだと思うが文章も説明もなく 年寄りには自分が邪魔になっていると感じるらしい
88歳になった母親様は体が思うように動かないこともありちょっと眺めていたりするらしい
人数も多くなり体が動かせなくなってきた母親には指導もしてくれないらしい
マッサージもしてくれなくなったらしい
8年間お世話になっていた人も転勤したので頼れる人がいないらしい
それで後回しにされているようだ

今まで親父様がいたので親父様が励みの原因だったが自分の役割も終わった感じでいるので気力もなかなかついていかないらしい

ということで
平成とうや病院でのリハビリのディサービスはいったん中止することにして訪問リハ 初日 [2020年02月26日(Wed)]を再開してもらうようにケアマネさんに頼むことにした

年寄りは体も心境も日一日と変わっていきますデス
母親様のご希望 第二弾「襖と障子の張り替え」 [2020年09月29日(Tue)]
母親様が「畳替えをする」と言って和室の8畳と6畳の畳替えをしてもらった [2020年09月24日(Thu)]後の第二弾は襖と障子の張り替え

1階の襖と障子がすべて持ち帰られていた
200929_0643.jpg


8乗と6畳の仕切りがなくなっただけなんだけど お縁の仕切りもなくなったし 玄関からだだっ広くなってしまった

200929_0643_1.jpg

これ一面全部フローリングにして庭が全面見られるようにしたらなぁ・・・なんて思ってしまう
母親様が「畳替えをする」と言って和室の8畳と6畳の畳替えをしてもらった [2020年09月24日(Thu)]
玄関を入っただけで新しい畳の匂いがする
親父様も喜んでいることだろう
200924_2014.jpg

この青臭さは藺草屋さんでいつも嗅いでいた匂いだ
八代は日本一の藺草の産地なんだけど今は本当に業者さんが少なくなってしまった
集荷場では埃っぽさもあったなぁ。。。
| 次へ
住人

じょうちゃんさんの画像
じょうちゃん
プロフィール
ブログ
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
「はいはい」じょうちゃんへ
トラックバック
検索
検索語句
今月のお噺の数
https://blog.canpan.info/jodoi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jodoi/index2_0.xml