CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

●「鳩居堂」 (きゅうきょどう)

JR熊本駅前の電車通りで少々うるさく振動もある狭い住処を
じょうちゃんの「鳩居堂」と名付けました。
明治維新の頃、大村益次郎という人がいました。
その人は自分の住処を「鳩居堂」と言っていました。
その住処名にならいました。どうぞ、お立ち寄り下さい。

          住人 じょうちゃん


じょうちゃんの「ぼそぼそ」
鳩居堂の部屋名
鳩居堂のかかわり先
●「鳩居堂」訪問者の方のお部屋紹介 「思いつくまま」Fujita Yukariさん  http://nzpp.seesaa.net/         「ゆるすごたいむ」Benyさん https://blog.canpan.info/o222/     「きっと 夢の中」ピースケさん https://blog.canpan.info/munyamunya56/ 草鞋(わらじ)の緒さん    https://blog.canpan.info/faltboat/       蝸牛庵日乗/加藤哲夫さん  https://blog.canpan.info/katatsumuri/ 半田広宣「NOOS理論」   http://noos.cocolog-nifty.com/cavesyndrome/           ひととまち未来づくり・のりだーさん  https://blog.canpan.info/hitomachimirai/ ●「鳩居堂」お気に入りの方のお部屋 原田早穂さん      http://ameblo.jp/harada-saho/            大竹七未さん      http://ameblo.jp/otake-nami/ 
QRコード
いきなり 〈利用再開日〉11月10日(火) の紙だけ渡されて戸惑う母親様 [2020年10月24日(Sat)]
朝から母親様がこんな紙を見せた
「『来んでくれ』ていうことだろかexclamation&question
201024_0540.jpg

改装か研修で来週再来週とディサービスの受け入れを止めるということだと思うが文章も説明もなく 年寄りには自分が邪魔になっていると感じるらしい
88歳になった母親様は体が思うように動かないこともありちょっと眺めていたりするらしい
人数も多くなり体が動かせなくなってきた母親には指導もしてくれないらしい
マッサージもしてくれなくなったらしい
8年間お世話になっていた人も転勤したので頼れる人がいないらしい
それで後回しにされているようだ

今まで親父様がいたので親父様が励みの原因だったが自分の役割も終わった感じでいるので気力もなかなかついていかないらしい

ということで
平成とうや病院でのリハビリのディサービスはいったん中止することにして訪問リハ 初日 [2020年02月26日(Wed)]を再開してもらうようにケアマネさんに頼むことにした

年寄りは体も心境も日一日と変わっていきますデス
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
住人

じょうちゃんさんの画像
じょうちゃん
プロフィール
ブログ
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
「はいはい」じょうちゃんへ
トラックバック
検索
検索語句
今月のお噺の数
https://blog.canpan.info/jodoi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jodoi/index2_0.xml