CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

●「鳩居堂」 (きゅうきょどう)

JR熊本駅前の電車通りで少々うるさく振動もある狭い住処を
じょうちゃんの「鳩居堂」と名付けました。
明治維新の頃、大村益次郎という人がいました。
その人は自分の住処を「鳩居堂」と言っていました。
その住処名にならいました。どうぞ、お立ち寄り下さい。

          住人 じょうちゃん


じょうちゃんの「ぼそぼそ」
鳩居堂の部屋名
鳩居堂のかかわり先
●「鳩居堂」訪問者の方のお部屋紹介 「思いつくまま」Fujita Yukariさん  http://nzpp.seesaa.net/         「ゆるすごたいむ」Benyさん https://blog.canpan.info/o222/     「きっと 夢の中」ピースケさん https://blog.canpan.info/munyamunya56/ 草鞋(わらじ)の緒さん    https://blog.canpan.info/faltboat/       蝸牛庵日乗/加藤哲夫さん  https://blog.canpan.info/katatsumuri/ 半田広宣「NOOS理論」   http://noos.cocolog-nifty.com/cavesyndrome/           ひととまち未来づくり・のりだーさん  https://blog.canpan.info/hitomachimirai/ ●「鳩居堂」お気に入りの方のお部屋 原田早穂さん      http://ameblo.jp/harada-saho/            大竹七未さん      http://ameblo.jp/otake-nami/ 
QRコード
松葉杖生活 五十一日目 親父様宅のお正月準備 [2013年12月31日(Tue)]
松葉杖生活 五十日目 初の外飲食 [2013年12月30日(Mon)]の後遺症なのか、松葉杖生活 四十九日目 初めて片道100mの道を歩く [2013年12月29日(Sun)]の後遺症なのか、左足が痛いふらふら
ところどころすり傷みたいなものがついている。
黒血がよっているところがあるようだ。
午前中はおとなしく待機し、動き回らないでいた。

午後になって会社の請求書を郵便局投函し、親父様の家へ車(RV)

正月準備もできていないみたいだ。

親父様はズボンを持ってきて「こらおまえんとやexclamation&question
「そーたい。30年前のたい。」
当時78000円くらいしたスーツだ。

キャメルのブレザーもあった。
それは高校3年生の12月・・・昭和52年・・・1977年・・・36年前のものだexclamation

母親様の話では昨日から出してきていろいろ思案しているらしい。
仏壇の仏具は座敷の机の上に置いたまんまだった。
トイレの日めくりカレンダーも止めてなかった。

それを一つ一つ片付けながら、やっと鏡餅をお供えすることもできた。

しめ縄の飾り付け終了exclamation
131231_1400_ 2.JPG

これで、親父様の家のお正月準備が完了したexclamation×2


帰りに、「月番」仕事のゴミ出し場の保護用ネット回収して、2013年の親父様宅のおしごと終了exclamation×2

途中電話

親父様の尋常小学校の同級生が亡くなったとの電話

明日(1/1)お通夜、明後日(1/2)お葬式ということだった。

親父様は「行かない」というので電報を打った。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
住人

じょうちゃんさんの画像
じょうちゃん
プロフィール
ブログ
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
「はいはい」じょうちゃんへ
トラックバック
検索
検索語句
今月のお噺の数
https://blog.canpan.info/jodoi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jodoi/index2_0.xml