CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
モグラ [2021年03月03日(Wed)]
モグラ退治
モグラが「鳥獣保護法」で守られているを知る。簡単に言えば捕獲してはならない。捕獲するためには自治体での許認可が必要となる。
何て不合理なことだ
DSC_0751-0303-640.jpg
今朝も庭のあちこちに現れる、庭木の下はおそらくスカスカであろう…。

そもそもモグラを捕獲などしたくない。
このような被害を受けること1年以上も続けば大切な庭木などに被害が出ている。あれこれと対策したが、鼬ごっこで進展せず、モグラが動いた道を踏みつけるのが関の山である。

だが、モグラに出て行ってもらいたいため、精一杯の土竜たたきであるモグラが嫌がる「忌避剤」を求めて散歩とした。
Posted by におちゃん at 14:18 | 散さく | この記事のURL | トラックバック(0)
散策散歩 [2021年03月02日(Tue)]
高根山悲願寺
高根山悲願寺は標高700mの山頂にあり、「雨乞いの滝」の駐車場から散策散歩を開始。
40年ぶりに来た「雨乞いの滝」、昔の記憶とはだいぶん違うなと2〜3度は来たであろう当時を追憶しながら、途中にある小さな小滝「うぐいす滝」「不動滝」「紅葉滝」「観音滝」、そして「雨乞いの滝」へ。
ここから目的の「卑弥呼阿波伝説」の悲願寺へ散策、しばらくは滝の源流に沿って結構な急こう配の岩場の狭い道をゆっくりと進む。やがて岩場の道から杉林の山道に変わり、明かりが遮られる清閑な杉林の中を、一途に歩くのみです。
疲れ切った頃、まぶしい日差しを背中にした悲願寺の山門が出迎えてくれました。
DSC_0723 (2)-640.jpg
山門をくぐり境内に入ると正面に雪をかぶった本堂らしき拝殿、左側の立派にそびえる常夜塔
DSC_0726-640.jpg

DSC_0725 (2)-640.jpg

しばらく疲れを忘れ「 阿波邪馬壹国説の中心地、卑弥呼の居城…?」を独り占めして、時空を超え、異次元の世界にいるような神秘的な場所を散策した。
Posted by におちゃん at 17:17 | 散さく | この記事のURL | トラックバック(0)
モグラ [2021年03月01日(Mon)]
モグラ(土竜)タタキ
春の先取りばかりしていますが、1月行って2月逃げ、3月となりました。
やがて春の訪れを告げる二十四節気の一つ「啓蟄)、土に隠れていた虫たちが動き出す暖かくなる時期ですということですが、このところモグラとイタチごっこをしています。

あの手この手と忌避剤(嫌がる臭いや成分で近づけないようにする薬剤)を仕掛け、ネット情報より捕獲するための仕掛けなどなど、成果なし。
DSC_0748-380.jpg

DSC_0586-380.jpg

朝起きると一番にモグラの動き具合を確認、動いた道が膨れ上がり、木の根元あたりで土の山を作り、相変わらず足で踏みつけ修復するのが精一杯ですちっ(怒った顔)
モグラたたきに終止符が打てるのか??

今日はモグラの餌になるミミズを探し、仕掛けに一工夫!?モグラと鼬ごっこは続きます。
Posted by におちゃん at 10:22 | 散さく | この記事のURL | トラックバック(0)
散策散歩 [2021年02月25日(Thu)]
焼山寺
20日、時間が持てあます小生の足は焼山寺へ!
霊場八十八ヶ寺の13番札所、今日まであらためて札所参りをしたことはないが、現役時代に四国管内を回る仕事の都合上、徳島はもちろん機会あるごとにあちこちの霊場に立ち寄りましたが、地元の焼山寺13番は行っていないことに気付きました。
散策散歩が目的で、スマホの地図情報より遍路道である四国の道から出発する。
DSC_0711-640.jpg
焼山寺山は鳴門の低山からもよく見えます。
近間の低山散歩の途中必ず四国山系を眺める小生はなおさら行ってみたい焼山寺山、そして13番焼山寺となった。
先日のの低気圧でまだ遍路道は残雪、滑らないよう一歩一歩、地面にかぶさる杉の落ち葉を踏みしめて頂上を目指す。
DSC_0712-640.jpg
焼山寺山(938m)のほぼ頂上にある焼山寺、参道あたりには相当な樹齢がうかがえる杉の大木に感動します。
さすがに到着したときは本堂、弘法大師堂でお祈りしました。
東向きに展望できる場所があり、
おそらく旭ヶ丸、風車が良く見えるので佐那河内の大河原牧場と思われる高い山を眺望しながら遅い弁当とした。
DSC_0715-640.jpg
遍路道を往復、その間挨拶を交わしたのはお二人でした。
Posted by におちゃん at 12:38 | 散さく | この記事のURL | トラックバック(0)
高齢者の山歩き [2021年02月13日(Sat)]
高齢者の山歩き
散策散歩が近間の山歩きへと魅入られています。
ume-momo-640.jpg
 桃・梅
先日も袴腰山へ散歩、出会った方より板野町の高尾山を紹介されました。会話の中で眺望が最高ということと、私が求めている四国山系の眺望がすばらしく頂上にはパノラマ写真による山系が紹介、各山の名前が記載されている情報でした。
11日祝日、散策散歩。
まずは高齢者の山歩きがこんなに人気がありすごいものかと感心しました。何か所かある駐車場は満車状態、けっこう団体や小さなサークルなどで楽しんでいるように見えました。
takaoyama.jpg
山頂からの眺望は最高
今日は残念ながら四国山系は靄っておりスマホによる写真どりは無理、断念しましたが、目的の四国山系の紹介写真は確認できました。鳴門からの眺望写真と照合しながら、ぜひ参考にしたいと思っています。

非常に整備された高尾山、関係各位のご尽力の賜物と感じております。
高齢者はもちろん家族連れなど最高の山だと思います。

Posted by におちゃん at 09:54 | 散さく | この記事のURL | トラックバック(0)
散策散歩 [2021年02月03日(Wed)]
見分けがつかない柑橘類
散歩がてらにいただいた柑橘類、取りあえず揃った八朔・甘夏・橙・文旦です。
素人の小生にわかるのは文旦・・・?いかがでしょうか。(上下同じモノです)
kannkiturui.jpg
今日は山をよく知る方に会いたくて、大津富士まで足を延ばしました。自宅から大津富士山頂まで約1時間、帰路は45分です。時間の割には歩数はあがりません。
残念ながら会えることができませんでしたが、やはり景色の良いところです。
ここに来ると教えていただいた西に見える大代山、天円山、大麻山などに心が動きます。
道案内写真に「マムシ注意!」が表示されています。
mamushi.jpg
聞きますと、春ごろから出てくるとのこと写真は見つけたところに案内されおり何箇所あります。先日のお話では最大体長80cmもあったと聞かされました。安全に登山を楽しんでいただく為、マムシは殺傷してイノシシなどの餌となるようです。
ヘビ嫌いとしては冬の間の愉しみとしたいと思っています。

柑橘類の名前ですが
 左から八朔・甘夏・橙(文旦はお分かりの通り上部)

Posted by におちゃん at 15:27 | 散さく | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ミニ霊場 [2021年01月30日(Sat)]
散策散歩
今日もお天気よく出発、午前時9時15分発です。
ミニ霊場へ!? ミニ霊場とは私の思い込み、正式な名前と意識して探しました。入口に立派な石柱門があり、名前が刻まれています。
mini88.jpg
「醫王山 薬師坊」「薬師坊 新八十八ヶ所」とあります。詳細は分からないので、調べてみたいと思っています。
今日は気分よく散策をしたい感あり、近間にある袴腰山(はかまこしやま)、通称大津富士264.8mを目指しました。約10年前にも登りましたが、手軽で景色がよく山のぼりなど全くの素人の私でも約1時間ぐらいで上ることができます。
小生にのぼりは西コースから、高速道路を横断し先に大代古墳の前方後円墳を眺めながら進みます。次は「歓喜天」本堂ですが今は本堂は有りませんでした。
途中から眺める目の前の大津富士!!
ootufuji640.jpg
時間がたつのを忘れてしまうほど、疲れ、ケガをしないように山頂を目指すのが精一杯でした。
やはり十年前とは違うと、体の衰えを感ずるところです!
やっぱり来てよかったと、頂上からの景色を堪能しました。
ootufuji-2.jpg
頂上には、4人ほどハイカーがいましたが、挨拶後すぐ3人は次のコースを目指して出発、残った方は地元の方らしく山のことをよく知っていました。
大代山・天円山・大麻山・マムシなどいろいろなことをお伺いしましたが、一番うれしかったののは<鳴門から剣山が見えるか?>について四国山系を見ながら<あれが剣山系、あれが剣山>とうっすらと見える四国山系を眺望しながら教えてもらったことです。
小生、常日頃より一番気になったいたことがはっきりと確認でき、久しぶりにスッキリした気分で爽快でした。(写真は次の機会に…。)
ありがとうございました。晴れ


Posted by におちゃん at 15:15 | 散さく | この記事のURL | トラックバック(0)
杉皮 [2021年01月26日(Tue)]
ネット商品
散策散歩!! 梅を見つけました。
ume-670.jpg
約15年、勝手口の門屋根に使っていた杉皮が朽ちて哀れな状態でしたが、やっとこさ張り替えることができました。
nakamon-640.jpg
15年前も森林組合など杉皮の情報を訪ね、苦労の末市内の木材問屋が唯一在庫しているとのことでした。同様に今回も求めましたが、もう商品はないとのことで半ばあきらめ修繕が伸び伸びとなっていました。
 今時代は「100均に行けばたいていのモノがある」といわれますが、杉皮!、「ネット商品」で見つけました。こんなモノはないと思っていただけに、まさしく「100均」と同じ、今の時代ですね。あらためて「ネット時代」を痛感いたしました。


Posted by におちゃん at 16:17 | 散さく | この記事のURL | トラックバック(0)
健康管理 [2021年01月21日(Thu)]
元気が一番
近年、「元気が一番」という言葉をよく使う。年賀のあいさつには特に先輩、後輩問わず「元気が一番」を挨拶にさせていただいている。
生活環境が山に近いこともあって、散歩&散さくをよくする。
まずは近くの小山にあるミニ霊場へ向かいます。歩いて15分、その間普段見られる景色にも飽きずに、散策散歩は楽しいものです。
山近くであるが梨畑が多い。冬時期の剪定だろう、棚仕立てが行われている。そして見慣れた梨畑で変化を発見!!
0119nashi-saku.jpg
やはりサルなど動物からの被害防止のための「電気柵」を設置しているのだ。
ミニ霊場です。
0119reijyou.jpg
「元気が一番」は私の口癖、結局自分に言い聞かせているのだと思っています。
コロナ感染予防のためNPO活動が止まっています。
ジョブOBの皆さん、何か健康管理のためやっていますか!
「元気が一番」でーす。手(チョキ)


Posted by におちゃん at 06:14 | 散さく | この記事のURL | トラックバック(0)
お正月 [2021年01月01日(Fri)]
   謹賀新年 2021年元旦
202101-1.jpg
 
ロウバイ・万両
Posted by におちゃん at 06:31 | 散さく | この記事のURL | トラックバック(0)
| 次へ
リンク集
https://blog.canpan.info/jobnet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jobnet/index2_0.xml