CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ワタミの渡辺美樹、公職選挙法に違反か? | Main | 薬ネット販売の解禁で競争激化»
<< 2013年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
世界遺産が日本で連続登録 [2013年06月30日(Sun)]
富士山に続いて三保松原も世界遺産に登録されました。
これはかなりびっくりするような結果です。間違いなく三保松原のほうは登録され
ないと見られていました。

富士山にしても世界的に見てありふれた火山で、しかもごみ問題などもありユネスコは
世界遺産に登録することに難色を示し続けていました。

それがここに来て、連続で登録されています。
日本の登録基準は世界的に見てもかなり甘いのではないか、というのがささやかれて
います。

それに関しての記事が掲載されていました。
日本は今やユネスコの最大のスポンサーとなっているそうです。

もともとの最大出資国のアメリカは、パレスチナのユネスコ加盟に抗議する意味で
拠出金の支払いを拒否しています。

そこで約31億円の出資をしている日本が、一番発言権を持つようになったようです。
このような加盟機関では、アメリカはあまり信用できませんからね。

国連にもろくにお金を払っていませんし、気に入らないことがあると今回のようにすぐ
決められた拠出金を支払わないようにして圧力をかけるなど、やりたい放題が目立ちます。

それに比べて日本は交渉べたなのか、一旦決めたことはとことん守り続けます。
もちろん本気で怒らせたらまずいですから、ユネスコの方も登録に関しては便宜を
図っているのでしょう。

日本は外貨獲得のためにも、海外からの旅行者を増やさなければなりません。
そのためには世界遺産の登録を増やすという事は、都合が良い方法だといえます。

だいたい登録されたところは観光客が激増し、もちろん国内の人間だけではなく海外
からの観光客が明らかに増える傾向があります。

何か釈然としませんが、日本政府にしては賢いやり方をとっていると言えます。

ただやりすぎは逆効果になります。
あまりにも世界遺産が乱発されれば、当然その価値は暴落しますし意味がなくなって
しまいます。

観光客を増加させたいのなら、そのあたりのバランスも考えていかないといけま
せんね。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント