• もっと見る
« 教師の苦悩 | Main | 怒り・暴力»
被災地の職員に強い疲労感 [2024年03月24日(Sun)]

被災地の職員に強い疲労感

 能登半島地震で大きな被害を受けた石川県珠洲市など6市町(珠洲市の他、輪島市や穴水町、能登町、志賀町など)の職員の2割以上が「疲労感が強く要注意」とされたことが22日までに、産業医科大と広島大のチームの分析で分かったという。

災害派遣医療チーム(DMAT)などとして働く医療従事者と比べ高いことから、専門家は「休める環境づくりが必要だ」と訴える。

https://www.saitama-np.co.jp/articles/72309
【埼玉新聞 3/21】職員に強い疲労2割超
能登自治体6市町、専門家が分析

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO79437460S4A320C2CE0000/
【日経新聞 3/22】能登6市町の職員、
 強い疲労」2割超 医療チーム分析
 避難所業務など重く 労働環境、個別に把握を

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5353
★被災地の自治体職員に燃え尽き症候群やうつ病のおそれ

 東日本大震災の被災地でもあった。
 https://blog.canpan.info/jitou/archive/2242
 https://blog.canpan.info/jitou/archive/2286
 被災地の市役所職員に不安や抑うつの傾向

 もっとすすむと燃え尽き症候群やうつ病になるひとも現れるおそれがある。もし、うつ病のようであれば、医師による治療を受けていただきたい。ただし、薬物療法で治らないひともいる。薬物療法は、セロトニン神経を活性化させる機序があるが、うつ病は前頭前野、海馬などに炎症が生じていて、薬が十分効果がない患者さんがいる。

 うつ病になり、1年治療しても治らない場合、第4世代の認知行動療法としての「マインドフルネス自己洞察瞑想療法」の実践をおすすすめしたい。 ご自分で実践できない場合、当研究所にメールでご連絡を。

 また、珠洲町、能都町の宿泊施設が再開したら、こちらからうかがい、治す支援とSIMTのスキルを持つ支援者の養成講座を開催するつもり。現地に「治す」支援ができる人がいないと「治す」支援が十分でなくなる。長く治らないひとが、孤独・孤立の状況になる。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5348
★第4世代の認知行動療法、マインドフルネス心理療法SIMT

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5319
【目次】被災地の医療関係者のうつ病、自殺の防止

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5338
【目次】孤独孤立対策にうつ病の視点を

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5313
【目次】能登で大地震
 〜 長期にわたって うつ病、PTSD、睡眠障害のおそれ


第4世代の認知行動療法を活用します
https://blog.canpan.info/jitou/archive/5348
【目次】第4世代の認知行動療法としての自己洞察瞑想療法SIMT
Posted by MF総研/大田 at 20:11 | 災害とストレス | この記事のURL
被災地の子どもは今もなお心のケアが必要 [2024年03月13日(Wed)]

被災地の子どもは今もなお心のケアが必要

 能登半島地震の被災地も損害が甚大で、子どもの心のケアが求められます。

 東日本大震災の教訓を活かしたいものです。 福島の子どもたちは、今もなお「心の復興」は遠いようです。

https://www.asahi.com/articles/DA3S15884716.html
【朝日新聞、3月12日】(東日本大震災13年 3・11の現在地)
 福島の子どもたち、心の復興は遠く

 高校中退、引きこもり、不安症状に今もなお苦しむ子どもがいることが報道されています。
 「心のケアが後回しになった面は否めない」とのこと。

 能登半島地震の被災地は、心のケアをとってほしい。


https://blog.canpan.info/jitou/archive/5313
★能登で大地震 〜 長期にわたって
 うつ病、PTSD、睡眠障害のおそれ
Posted by MF総研/大田 at 12:36 | 災害とストレス | この記事のURL
東日本大震災から13年〜今回は、能登半島にマインドフルネス心理療法のカウンセラーを養成 [2024年03月11日(Mon)]

東日本大震災から13年
 〜今回は、能登半島にマインドフルネス心理療法のカウンセラーを養成

 13年になるのですね。

 このブログに当時のころの記事が残っています。

 被災から3年後に私たちのマインドフルネス心理療法が、 石巻の被災者の方々の目にとまりました。 そして、石巻に数回、伺いました。

★東日本大震災の支援プログラム
https://blog.canpan.info/jitou/archive/2890
 ☆ 2014/3/26の記事
https://blog.canpan.info/jitou/archive/3213
 ☆ 2015/8/31の記事
石巻のかたの目にとまり、3年後に講演とカウンセラー養成講座が実現。

 阪神淡路大震災の経験から、震災後は、うつ病、PTSDなどに苦しむ人が多く、自殺もあることが知られていました。それで、東北の被災地でも起きるのではと心配していました。やはり災害関連死の多いことが報道されています。

 この数年前から、マインドフルネス心理療法、SIMTの研究開発が進行していた時であり、以前は、6回を標準にしていて、不十分でありました。
 その後、経験を重ねて、こういう精神疾患が薬物療法で治らない場合、難治であり、最低、10回10カ月の支援プログラムにすべきであることが判明しました。
 震災前から、10回10カ月のプログラムでの経験から効果が確認されて、これに基づき執筆が進行していましたが、震災により太平洋岸の書籍販売網も混乱しており、出版を延期して、2013年に、出版されました。この本は、10回10カ月を標準にしています。

大田健次郎(2013)『うつ・不安障害を治すマインドフルネス』佼成出版社

 この本は、震災の前から執筆が進行しており、数年かけて出版にこぎつけました。

 あれから、13年。3年後に、現地でのカウンセリングと支援者育成のための講座が宮城県石巻で開催されました。 マインドフルネス心理療法のうちでも、瞑想時でなく、行動時の感情・欲求を現在進行形で観察し背後にある評価基準を観察することを重視する自己洞察瞑想療法(Self Insight Meditation Therapy,SIMT)は、うつ病、非定型うつ病、パニック症、広場恐怖症、社交不安症、PTSD、過食症などの「完治」に一定の効果をあげています。さらに、特定の領域への応用研究が必要と考えています。

 今も、各地で、うつ病やPTSDが治らずに困っている方がおられます。毎年、自殺が2万人も。そして、うつ病などが治らないひとは、おそらく、何百万人もおられるでしょう。 薬物療法も心理療法も希望するひとがどこでも受けられる仕組みができることを祈っています。

 もう、岩手、宮城、福島県の方々のメンタルな面は大丈夫でしょうか。 もし、まだ必要であれば、ご連絡ください。

能登半島地震の被災地

 今度は、能登半島で大地震が起こりました仮設住宅にお住まいになるころ、やはり、メンタルな問題のために、 マインドフルネス心理療法SIMTで支援できるカウンセラーが地元にあるといいと思います。

 石巻における講座の時に得られた教訓を反映して、地元にマインドフルネス心理療法のスキルを持つひとを養成するお手伝いをさせていただきます。
https://blog.canpan.info/jitou/archive/5313
★能登で大地震 〜 長期にわたって
 うつ病、PTSD、睡眠障害のおそれ
Posted by MF総研/大田 at 18:06 | 災害とストレス | この記事のURL
被災地に多いPTSD(心的外傷後ストレス障害)  〜 PTSDを引き起こす分子が特定された [2024年03月05日(Tue)]

被災地に多いPTSD(心的外傷後ストレス障害)
 〜 PTSDを引き起こす分子が特定された

 被災地では、長い年月、うつ病やPTSDが発症するリスクが高まります。

 ところで、PTSDになる人とならないひとがいます。それに関係するのでしょうか、新しい研究が東京大などのチームから発表されました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2c5146f406aae8345c26f390a417b14c4e7c7005
(共同通信、3月1日)
(ホスホジエステラーゼ4B(PDE4B)」という遺伝子の働きが弱いほど、フラッシュバックなどの症状が重くなるという。「海馬」で働く遺伝子が低下していることを発見したという。

 以前から、PTSDの患者さんは、眼窩前頭皮質や海馬に変調が起きているという報告がありました。

 PTSDの治療法として、認知行動療法(CBT)、眼球運動による脱感作と再処理法(EMDR法)などが知られています。

 ほかに、PTSDについては、私どものマインドフルネス心理療法、SIMT(第4世代のCBT)でも改善する患者さんがいます。SIMTの課題の実践が、海馬、眼窩前頭皮質などを動かすので、その部位の変調が回復して症状が改善するのだと推測しています。

 SIMTは、「無評価で観察」の瞑想を用いる第3世代のCBTとは違います。SIMTは、第4世代のCBTです。瞑想時だけでなく生活全般にわたって、意識を観察します。感情は本音で評価したためであり、当然起きることと受容して、長期に重視している価値実現の行動に意識を向けます。

 下記に述べました。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/1897
★心的外傷後ストレス障害

https://blog.canpan.info/jitou/archive/2235
★心的外傷後ストレス障害や非定型うつ病
 =フラッシュバックなどが改善するわけ
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4536
★福島原発事故で避難している人たちに苦しみが続いている〜PTSDも

グラフです。
http://mindfulness.jp/ma-therapy/jikodousatu/zu-flash.htm

 改善事例を機関誌『マインドフルネス精神療法』第7号(P56)に掲載しています。

https://mindful-therapy.sakura.ne.jp/kikansi/hp-07/ohta6-kaizenrei.pdf

 能登半島地震の被災地でも、被害が大きかったので、今後数年にわたって、PTSDやうつ病が 発症するリスクが高まるでしょう。

 能登半島地震のために医療機関や医療関係者が被災したために、医療の状況が切迫してい状況が報道されています。高齢者の福祉施設もそのようです。
 私どもも、PTSDやうつ病の予防や改善のために、機会がくれば、現地に赴くつもりでおります。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5348
★第4世代の認知行動療法の一つ、SIMT

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5313
【目次】能登で大地震 〜 長期にわたり、うつ病、PTSD、睡眠障害のおそれ
Posted by MF総研/大田 at 18:13 | 災害とストレス | この記事のURL
被災地域に孤独孤立からのうつ病がないように [2024年02月26日(Mon)]

被災地域に孤独孤立からのうつ病がないように

 被災地では、長い年月、PTSDのリスクがあります。そのほか、孤独孤立はつらいので、うつ病になりやすく、こういううつ病は 精神科医の少ない震災被災地域では、治療からも孤立するので、自殺のリスクがあります。
 震災後に、孤独孤立のひとに抑うつ(うつ病)が増加したという報告があります。

https://medical-tribune.co.jp/news/2023/0705557419/
◆震災後の社会的孤立、抑うつ症状の原因に

 被災地では、自治体職員も疲弊して燃え尽き、うつ病になりやすいのですが、被災した住民は、孤独孤立しがちなひとが多いので、うつ病になりやすい。
 せっかく生き延びたのに、孤独孤立からうつ病、自殺は避けなければなりません。抑うつも軽い うちは、アドバイスによって食い止めることも可能でしょう。 ストレスによって、 免疫細胞ミクログリアから炎症性サイトカインが分泌されて、前頭前野や海馬、帯状回などに炎症が起こり、抑うつ症状が出ます。
 認知行動療法で回復、予防が可能です。

 そういうことを知って、予防法をアドバイスできるカウンセラーを配置してほしい。待つだけでなく、巡回して繰り返し訪問する方法が望ましいと思います。

 被災地の支援のための予算をそこにも割いてほしい。  

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5313
【目次】能登で大地震 〜 長期にわたり、うつ病、PTSD、睡眠障害のおそれ
Posted by MF総研/大田 at 20:49 | 災害とストレス | この記事のURL
PTSD は震災後に長期持続する傾向 [2024年02月23日(Fri)]

PTSD は震災後に長期持続する傾向

 東北大学循環器内科が登録した慢性心不全患者は、震災後PTSDを発症しやすい。特に、地震と津波の被害にあった人は、強いストレスである ことが分かったという。また、震災後 4年間のPTSD有病率を検討したところ、 長期にわたり持続する傾向が見られた

「大規模災害後には心不全、感染性心内 膜炎を含む循環器疾患が著明に増加することが明らかとなった。」こういうところから、 「特に長期にわたりメン タルヘルスの支援が必要。」と呼び掛けている。

https://medical-tribune.co.jp/news/2024/0221561580/
◎震災によるPTSDが心血管イベントに関連
Medical tribune 2024年02月21日

 能登半島地震の被災地にも、長期にわたるメンタルケア、PTSD、うつ病などの改善支援が必要となる。地元の心理カウンセラーがマインドフルネスSIMTも活用していただきたい。
https://blog.canpan.info/jitou/archive/5313
【目次】能登で大地震   〜 長期にわたり、うつ病、PTSD、睡眠障害のおそれ
Posted by MF総研/大田 at 10:38 | 災害とストレス | この記事のURL
地元に特任心理カウンセラーの配置を 〜うつ病を予防し薬物療法で治らない人を回復支援する [2024年02月15日(Thu)]

地元に特任心理カウンセラーの配置を
 〜うつ病を予防し薬物療法で治らない人を回復支援する

 能登半島地震では多くのひとが心理的ストレスを深めていかれます。

 これは、東日本大震災のケースです。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/2291
★大震災の後に続くうつ病、PTSD、自殺のおそれ

 私どもは、東日本大震災の場合、2年後に、現地のかたから要請があって、 宮城県石巻で、カウンセラーの育成講座とうつ病・PTSDを回復支援するプログラムを数ケ月間実施しました。

 能登半島地震でも、北陸の数県に、うつ病、PTSD、不眠症などの心理的なケア支援が 必要なかたがたが生じる可能性があります。

 このような事業は、現地のかたの要請がないとできません。このような内容のサービスを自分の今後の 重要な貢献事業(職業としても、ボランティアベースでも)にするという決意のあるひとがいないとできないからです。
 したいひと、できるひとは多くはいません。
 希死念慮のある住民の生命に直接かかわる仕事になるからです。信頼できるカウンセラーでないと心を開いてくださらないからです。長期間かかるからです。避難所などへアウトリーチでも行う必要があるからです。
 地元のカウンセラーの長年月の支援が必要です。難しい仕事をやる気のある人でないとできません。

 自治体や地元の住民の心の健康を憂慮する企業、団体は、特任心理カウンセラー(うつ病を予防し薬物療法で治らない人を回復支援する)の配置を検討していただきたいと思います。
 企業や県のどこかの組織が社会貢献事業として行うことも考えてくださるところがないでしょうか。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5313
【目次】能登で大地震 〜 長期にわたり
 うつ病、PTSD、睡眠障害のおそれ

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5348
【目次】第4世代の認知行動療法としての自己洞察瞑想療法SIMT
Posted by MF総研/大田 at 08:24 | 災害とストレス | この記事のURL
避難長期化で心のケア課題 [2024年02月02日(Fri)]
◆大地震の被災地でもマインドフルネス心理療法SIMTを
 〜 長期にわたってうつ病、PTSD、睡眠障害のおそれ

◆マインドフルネスは第2世代へ
◆マインドフルネスは日本の非二元論へ

避難長期化で心のケア課題

 能登半島地震。避難所生活の長期化に伴う被災者の心のケアが課題となっているという報道があった。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2024020100774&g=ieq
避難長期化で心のケア課題 睡眠不足や認知症悪化も―「困ったら相談を」・能登地震 (時事通信 2月2日)

 睡眠不足、余震への恐怖、認知症の症状が悪化、「死にたい」との思いを抱えた人。

 大震災の後は、数年にわたって、心の病気、自殺の増加が心配されます。
 忙しい医師だけでは十分ではありません。心の病気のかたの支援は簡単ではなく、どこのだれかもわからぬ遠くの私たちでは間に合いません。地元に長くお住まいの、地域で信用される地元の心理カウンセラーが支援できる制度を作ってほしい。
 「治すのは医師だけ」という観念と実情を変えなければいけないのではありませんか。うつ病の背景には様々な要因を抱えているので、短時間の診察、薬物療法だけでは不十分。種々の生育経験が影響するうつ病で、完治しないとか、再発するとか、問題です。
 過去、毎年2万人の自殺した人の中には、すでに薬物療法を受けていた人が多い。薬物療法、プラスの支援の充実が必要な時期です。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/1864
★自治体が対策を

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4599
★専門家はみな現在の仕事で手一杯加
 新しい人材の投入を

https://blog.canpan.info/jitou/archive/2785
★女性の医師が精神療法を提供できないでしょうか
 (次の記事で)
  右矢印1 https://blog.canpan.info/jitou/archive/5336

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4719
★かねてから教育も
 うつ病が治らず自殺されていく。薬物療法で治らないうつ病を治す方法を真剣に研究するひとはいない

東日本大震災(2011年3月11日)の場合

(4か月後)
被災地の産後うつ病の 母親が増えるリスクが高まっている
https://blog.canpan.info/jitou/archive/2206

(8か月後)
大震災で生き残った人に、自殺があいついでいる
https://blog.canpan.info/jitou/archive/2268

(9か月後)
岩手の小中高校生、15%が震災後に不眠など
https://blog.canpan.info/jitou/archive/2291

被災地の市役所職員に不安や抑うつの傾向
https://blog.canpan.info/jitou/archive/2286

 うつ病は徐々に進行しているでしょう。ストレスによって、脳に炎症が起きていきます。震災後のうつ病などを治す支援は難しいです。薬物療法だけでは不十分です。マインドフルネス心理療法SIMTでさえも、カウンセリング支援が1,2年も必要でした。

うつ病、不安症、PTSDなどを治す支援は難しい
https://blog.canpan.info/jitou/archive/2785

【関連記事】
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4757
★自殺防止

https://blog.canpan.info/jitou/archive/2142
★被災地の心のケア

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5215
★マインドフルネス心理療法、SIMTの場合
 〜第2世代のマインドフルネス、第4世代の認知行動療法
 ☆ここに、概要が紹介されている(「マインドフルネス精神療法」第7号)
 https://mindful-therapy.sakura.ne.jp/kikansi/hp-07/dai7gou-mokuji.htm
https://blog.canpan.info/jitou/archive/5329
【目次】自殺防止対策2024年

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5313
【目次】能登で大地震 〜 長期にわたり
 うつ病、PTSD、睡眠障害のおそれ
Posted by MF総研/大田 at 08:24 | 災害とストレス | この記事のURL
精神科医の支援始まる   〜 被災地の災害関連死の防止 [2024年01月23日(Tue)]

精神科医の支援始まる
 〜 被災地の災害関連死の防止

 能登半島地震で、被災した人たちの心のケアにあたるため、鹿児島の精神科医が 現地を訪問した報道がありました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2df675199e0820a36dc78435c11f994bf4190b72
★南日本放送の報道

 熊本地震で直接死が50人、この4倍以上にあたる218人が災害関連死と認定されたそうです。医師のかたの話です。

 「熊本県の調査では、関連死で亡くなったおよそ4割が「地震のショックと余震への恐怖」3割が「避難所生活などでの肉体的・精神的負担」が原因で持病の悪化や自殺などに至ったと分析していて、心のケアの重要性が浮き彫りとなりました。 」

 東日本大震災では、平成23年から27年までの5年間に、162名のかたが、自殺でお亡くなりに なっています。ストレスによる身体の病気も多かったそうです。

 大切なものを失った悲しみ、不自由な避難生活でのストレスは、極めて過酷なことでしょう。ストレスを軽くして、災害関連死を防止する取り組みがとても重要な気がします。

 東日本大震災の時には、震災後、随分たってから、現地のかたからの要請があり、石巻に行きました。

 今回も、マインドフルネス心理療法SIMTで、少しでもお役にたてないかと考えています。SIMTは、重いうつ病、PTSDでも治るひとがおられるので、予防のご支援もできると思います。 被災者の皆様のストレス低減、うつ病の予防、 そして、現地に、カウンセラー(マインドフルネス瞑想療法士)の養成にできるだけ早くとりかかれないか気にかけています。震災の影響は、長期間の取り組みになりますので、現地のかたでないと支援できません。また、かなりのワークロードになりそうですから、各市や町に、何人かのカウンセラーが集団で活動されるといいのではないでしょうか。

【関連記事】
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4757
★自殺防止

https://blog.canpan.info/jitou/archive/2142
★被災地の心のケア

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5215
★マインドフルネス心理療法、SIMT
 〜第2世代のマインドフルネス、第4世代の認知行動療法
  うつ病、PTSD、不安症などに、30年近くかけた臨床の経験がある
 ☆ここに、概要が紹介されている(「マインドフルネス精神療法」第7号)
 https://mindful-therapy.sakura.ne.jp/kikansi/hp-07/dai7gou-mokuji.htm


https://blog.canpan.info/jitou/archive/5313
【目次】能登で大地震 〜 長期にわたって
 うつ病、PTSD、睡眠障害のおそれ
Posted by MF総研/大田 at 21:26 | 災害とストレス | この記事のURL
被災地の医療関係者のうつ病、自殺の防止 [2024年01月11日(Thu)]

被災地の医療関係者のうつ病、自殺の防止

 能登半島地震の被災地の病院の過酷な状況が報道されています。

 次のように、ただでさえ医療関係者の自殺が多いです。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4984
【1】医師や看護師など医療従事者もうつ病、自殺が多い

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4985
【2】医師の仕事の特徴 〜 長時間労働

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4986
【3】医療従事者の心理的なストレス・悩みもうつ病の原因

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4987
【4】看護職の勤務時間も多く、職務に関連するストレスが大きくてうつ病、自殺も


 東日本大震災の時にも、医療関係者のうつ病が報道されました。震災になると、ストレスの増加、睡眠不足、過労などからストレス反応がひどくなり、うつ病になるおそれがあります。

 地元の心理職の一部のかたが、マインドフルネス心理療法SIMTで、被災者と医療関係者のうつ病の予防、治療の支援をできないでしょうか。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4988
★心理職に期待〜薬物療法で治りにくい、うつ病、PTSD、不安症などの治療支援

 危惧されることは、精神科医が少ないのではないでしょうか。内科医に薬の処方をしてもらいながら、SIMTを並行して提供するのです。SIMTで、うつ病、PTSDなどを改善支援できるひとをマインドフルネス瞑想療法士レジスタードマーク(MMT)と言います。SIMTは、第2世代のマインドフルネスであり、第4世代の認知行動療法です。
 待っていては、患者さんが来ないかもしれないようなところでは、市内、市外の避難所にこちらから出向くのです。そのために、各自治体にMMTが2名以上、ほしいです。
 こうして、医療関係者の様子もみていて、重いうつ病にならないようにアドバイスできます。

 私どもが、SIMTのスキルの講座を提供したいと思います。地元の自治体や心理職のかたからのご連絡をお待ちします。ホームページのメールでご連絡ください。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5215
★マインドフルネス心理療法、SIMT
 〜第2世代のマインドフルネス、第4世代の認知行動療法
  30年近くかけた臨床の経験がある
 ☆ここに、概要が紹介されている(「マインドフルネス精神療法」第7号)
 https://mindful-therapy.sakura.ne.jp/kikansi/hp-07/dai7gou-mokuji.htm

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5312
★第2世代マインドフルネスの萌芽
 うつ病、PTSD等を治すほどの「第4世代の忍認知行動療法」は、まだまだです。
 SIMTも起きな枠組みであり、完璧ではないが、ほかにはうつ病などを治す第2世代マインドフルネスはアメリカでもまだない。池埜内田論文で紹介された第2世代マインドフルネスはうつ病などを治すものではない

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5313
【目次】能登で大地震 〜 長期にわたって
 うつ病、PTSD、睡眠障害のおそれ
Posted by MF総研/大田 at 18:42 | 災害とストレス | この記事のURL
| 次へ