• もっと見る
«(3)自殺対策の政策の効果はどうすればわかるか | Main | (5)自殺のリスクが高い集団うつ病を「治療」する対策は?»
(4)SIMTは自殺対策の政策の効果の測定ができる [2024年06月08日(Sat)]
【目次】第4世代の認知行動療法SIMT
  (「マインドフルネス」は第2世代)
https://blog.canpan.info/jitou/archive/5348

(4)SIMTは自殺対策の政策の効果の測定ができる
   孤独・孤立対策への効果も
   〜 無視傍観、そして、無関心ではいけません
   〜 自殺防止対策、孤独孤立対策

 末木氏が推薦するような検証方法であれば、マインドフルネス心理療法SIMTの「自殺対策の効果」は図のように測定できます。

 D-1a-自殺対策5.jpg

 ある程度の人数のうつ病のクライアント(患者)がくるカウンセリング所か精神科病院で、行います。介入群には、SIMTの90分の説明と実習を、毎月1回か2回グループで提供します。(セッション内容は簡素化SIMTで提供します)
 介入群も比較対象群も、薬物療法でも傾聴のカウンセリングをそのまま継続していてかまいません。ただ、介入群だけに、SIMTのセッションと課題を追加します。課題をした人としない人にも、効果の差が出るかどうか、興味あるところです。
 次のセッションまでの間は、クライアントは指示された課題を毎日、実践して、記録表に記録します。(それを見て、支援者がアドバイスする場合としない場合では、効果に差が生じるかもしれません。)

 6か月から1年継続して、3か月ごとに、症状の自己評価点数を提出します。これが効果測定のデータになります。「自殺念慮」も評価の一つです。介入群と対象群と評価します。
 この事業を国、または有力な支援が得られれば、介入群(SIMT付加)と対象群を数年にわたって、追跡して、再発、自殺の有無を調査できるでしょう。
 「孤独感」も自己評価点を含めておけば、孤独・孤立対策にも効果があるかどうか評価できるでしょう。

 政府が「孤独孤立対策」のモデル事業に補助金を支給しますので、このような事業には支給される可能性があるでしょう。協力してくれるクリニックがあれば、連携して行いたいと思います。これは、第2世代のマインドフルネスですので、世界で最初の試験になるかもしれません。
 第1世代は種々批判と、自殺念慮のあるひとには自傷、自殺のリスクがあるとされましたが、SIMTは、自然の感情を受け入れます(無評価でない)ので、そのリスクはないと考えています。

 2つの群を比較して、「自殺念慮」という症状が消失すれば、SIMTは自殺対策に効果があることになります。単独では、うつ病が治る(=「自殺念慮」の症状も低下)ことは、多数報告されてきました。これまでは、比較試験を行えませんでした。

【参考】
後期西田哲学の実用化の試みとしての
 マインドフルネス心理療法SIMT
https://blog.canpan.info/jitou/archive/5348
★自己洞察瞑想療法、SIMT
 Self Insight Meditation Therapy(SIMT)
 第4世代の認知行動療法。
 後期西田哲学の認識論、実在論、実践論をやさしい精神療法にしようという最初の試み。全く初歩段階の試みであり、今後も研究と臨床実験を重ねて改善、適応領域を広げたいところだが、推進する者は、高齢で、このまま、SIMTも衰滅しようしています。
◆マインドフルネス総合研究所のプログラム2024年
 マインドフルネス総合研究所のプログラムにSIMTが用いられるが、このSIMTの背景に、後期西田哲学の認識論、実在論、実践論がある。やさしい段階から入門していくように構成されている。
http://mindfulness.jp/kodokukoritu/kodokukoritu-2024.htm

注)末木新『「死にたい」と言われたら 〜 自殺の心理学』ちくまプリマ―新書


https://blog.canpan.info/jitou/archive/5338
【連続記事】孤独孤立対策にうつ病の視点を

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5329
【連続記事】地方創生SDGs ターゲット3.4 自殺防止


https://blog.canpan.info/jitou/archive/5313
【連続記事】大震災の被災地にうつ病、自殺が増加するおそれ
この記事は次の一部です。
https://blog.canpan.info/jitou/archive/5441
【連続記事目次】効果的な自殺対策、孤独・孤立対策とは?

Posted by MF総研/大田 at 13:10 | 孤独孤立自殺うつ病不安症 | この記事のURL