• もっと見る
«自殺率は増加だった〜 総数は44人減少だが | Main | 精神療法らしい治療法に苦言〜  〜精神療法の研究・普及をすすめないからこういうことが起きるのでは?»
能登半島地震の被災地に「マインドフルネス心理療法」でうつ病、不安症などの予防・改善の支援 [2024年04月20日(Sat)]
https://blog.canpan.info/jitou/archive/5393
マインドフルネス総合研究所の事業が内閣府のプラットフォームに掲載
 〜 孤独・孤立対策の5月「強化月間」の事業
☆5月12日の【居場所サービス・ひだまり】は、蓮田市教育委員会、および、埼玉新聞社のご後援をいただいています。

☆つらいひとに情報が伝わりにくいと思われるので、朝日新聞にもお願いしました。4月26日、朝日新聞、埼玉版「埼玉マリオン」に掲載していただけることになりました。参加希望者は、E-mail か電話でお願いします。

能登半島地震の被災地に「マインドフルネス心理療法」でうつ病、不安症などの予防・改善の支援

 @ 能登半島地震の被災地に、地元にマインドフルネス心理療法SIMTで支援するチームを作りませんか。
 A 埼玉県内に、あるいは、他の都道府県に支援チームを作りませんか。

 今後、検討していきましょう。まず、作ることをめざす「SIMTの勉強会」を。そして、作る気になったら「検討会議」に変えていく。

5月10日までに「勉強会」に参加したいひとは、 メール でご連絡ください。それに基づいて各県別の「勉強会」を5月下旬から6月に開催しますので。

http://mindfulness.jp/kodokukoritu/2024-5-benkyou.pdf
★この「勉強会」のチラシ

@ 被災地奥能登に

 東日本大震災の経験により、被災なさったかたが、孤独・孤立し、うつ病を発症、自殺も多かったことが報告されています。 長い年月、そのリスクがあることが判明しています。精神科医のおられない集落も多いはずです。5年ほどは、リスクがあるので、各集落をチームで巡回して、うつ病の予防のための楽しみながらするトレーニングおよび、治すサービスを提供していくのがいいのはないでしょうか。
 地元に居住するマインドフルネス瞑想療法士レジスタードマークを数名養成するのです。
 震災後の支援が一段落したら、そのスキルを活用して、新しい事業を行ってもいいと思います。たとえば、全国から宿泊していただいて、不登校、ひきこもりのひとにあるうつ病や不安症などを改善するための長期の泊まり込みのサービスです。能登半島は、過疎化するおそれがありますので、他の人々との協働で、半島ならではの生業(たとえば、塩づくり、陶器、七輪づくり、棚田の稲作など)のかたがたの仕事体験とカウンセリングサービスを活用できないのでしょうか。
 また、うつ病は将来にわたって起きるので、震災の影響が一段落したあとも、精神科医の少ない半島全域を対象として、うつ病、不安症、PTSDなどの改善、不登校、いじめ対策の事業ができるのではないかと思います。

 5月の「孤独孤立対策強化月間」に、話合いを持ちたい。5月10日までに、メールでおしらせください。日時を決めて、ZOOMで、第1回目の、話し合いをもちます。
 この事業を行うならば、マインドフルネス総合研究所が協力いたします。官民連携、民民連携で、地元の熱意あるかたがたと。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5171
★能登半島の先端の「珠洲市」は鈴木大拙が住んだ町でしたが・・・。
ここも様変わりでしょうね。

石川県は、西田幾多郎、鈴木大拙を生んだ土地。その西田哲学を「実践化」したものが、マインドフルネス心理療法SIMT。故郷でさえも、実践することがなくなった。忘れられた宝を発掘できるか。石川県、能登の人々こそ。できなければ、日本のどこでも。
「マインドフルネス」は、第2世代に入りました。それも、アメリカから輸入では西田、鈴木を生んだ日本としては情けない気がするが。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/2367
★西田哲学は実践化されなければ意味がない(西田幾多郎の子孫の嘆き)
https://blog.canpan.info/jitou/archive/1981
★思考と行動の違い

A そして全国にも

 薬物療法で治らないうつ病の患者さんは全国に充満しています。不登校、ひきこもりにも、うつ病、不安症があるためであることもあります。
 上記の支援団体は、全国にあってもいいのです。埼玉県内(たとえば精神科医の少ない地域)でもすべての都道府県でも。 作りたいという人、おられましたら5月の「孤独孤立対策強化月間」にご相談しましょう。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/2479
★SIMTは時代を超えて必要な内面のスキル。地元にいることが大切。

http://mindfulness.jp/kodokukoritu/2024-5-benkyou.pdf
このチラシのAです。10日までにご連絡いただいた方々と対面(蓮田市に近い場所)またはZOOMで。第1回です。

(注)
マインドフルネス心理療法SIMT。Self Insight Meditation Therapy。マインドフルネスをベースにした自己洞察瞑想療法。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5379
★孤独孤立対策推進法が4月1日から施行
〜5月「強化月間」で行うプログラム

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5393
★当研究所の事業が内閣府のプラットフォームに掲載
〜 孤独・孤立対策の5月「強化月間」の事業

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5313
【目次】能登半島地震の被災地に「マインドフルネス心理療法」でうつ病、不安症などの予防・改善の支援

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5338
【目次】孤独孤立対策にうつ病の視点を



第4世代の認知行動療法を活用します
https://blog.canpan.info/jitou/archive/5348
【目次】第4世代の認知行動療法としての自己洞察瞑想療法SIMT
Posted by MF総研/大田 at 22:37 | 孤独孤立自殺うつ病不安症 | この記事のURL