• もっと見る
«NHKが14年前とりあげたうつ病の実態〜専門家のエゴイズムによる犠牲という面も | Main | 学者、官(自治体)は最初にはできない、まずNPOがするしかない(その2)»
学者、官(自治体)は最初にはできない、まずNPOがするしかない [2024年04月12日(Fri)]
https://blog.canpan.info/jitou/archive/5393
マインドフルネス総合研究所の事業が内閣府のプラットフォームに掲載
 〜 孤独・孤立対策の5月「強化月間」の事業
5月12日の【居場所サービス・ひだまり】は、蓮田市教育委員会、および、埼玉新聞社のご後援をいただいています。

NHKが14年前とりあげたうつ病の実態
 〜 新しい治療法がすすんでいないから自殺が起きる
 学者、官(自治体)は最初にはできない、まずNPOがするしかない

 14年前の、うつ病の治療法の実情に関連して、当時の期待とそれが実現したかどうか現状を比較しました。

 現場で動いているNPOから見れば、学者、官庁は、見て見ぬふりせざるを得ないのが理解できる。
 村木厚子さんがそんなことを言っている。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4077
https://blog.canpan.info/jitou/archive/3928
★瞑想や坐禅を活用したうつ病などのマインドフルネス心理療法を学者は創始しないだろう
 =村木厚子さん・まず現場の活動者、それから学者

 何もない(ゼロ)支援行動を開始するのは、現場で働く人、NPO。試行錯誤を繰り返して、年月をかけて効果がある結果を出す。その段階で、学者が論文、著書で紹介する。それを見た別の現場の10カ所でも始める。それが成功してくると、官庁が支援する。

 SDGsや孤独・孤立対策は「官民連携」が始まった。薬物療法で治らないうつ病の人の支援活動はどうなるのだろう。そういう現場を知る人は、実に難しい位置にいる。なぜなら、 マインドフルネス心理療法は、第3世代のマインドフルネスでないとうつ病を「治す」効果はないだろう。SIMTは、それなりの治療実績があるが、まだ「学者」によって、論文になっていない。 ゼロが1になった段階である。まだ、学者が1を10にしようという段階にきていない。
 こんな段階であるから「官」が採用する(たとえば、健康保険の対象になるとか、自治体が助成するとか)という「官民連携」が難しい。

 だから、できるだけ早く、どこかの精神科の病院で、薬物療法で治らない患者への新しい精神療法(SIMTでなくてもいいから)の臨床試験を行って、学術論文を発表してほしい。そうすると、他の10の現場でも開始するだろう。
 現場の実際は、多大の時間を費やすので、いそがしい「学者」にはできないのだから。

 「見て見ぬふり」する専門家になってしまう学者。
  https://blog.canpan.info/jitou/archive/3461

 学者は、研究と学生への教育で忙しいから、現場で多くの時間がかかることはできないだろう。 エビデンスで確認されていないことはできないだろう。
 しかし、現場や家族で苦悩を知るものは、ほうってはおけない。エビデンスがなくても家族の熱意、信念、使命感で動かざるをえないひとがいるだろう。学者がやっていないことだから、自分や家族でやるしかない。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/1864
★官庁の連携が難しい

 NHKの放送当時、官庁も支援の段階にない新しい精神療法だったから、家族が動くことをすすめた。当時、随分遠くから、たくさんおいでになった。」

 だが、今もなお、それでいいのだろうか。

 うつ病が治らない人、自殺が多いのだから、何とかしてほしい。死なれた家族がどんなに苦しむことか。3万人以上の年もあったが、小さくみても2万人としよう。それが20年としよう。20年間で、40万人だ。残された家族が2人としよう。80万の遺族が悲しみ続ける。これからも、増え続ける。
 薬物療法以外の治療法を開発してほしい。

(注)SIMT=Self Insight Meditation Therapy(SIMT)。大田健次郎『うつ・不安障害を治すマインドフルネス』佼成出版社


https://blog.canpan.info/jitou/archive/5329
【目次】今年も第2世代マインドフルネスでSDGs3.4 自殺の減少を

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5223
【目次】地方創生SDGs 3.4 自殺の減少 〜 2023年

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4893
【SDGsターゲット3.4 自殺の問題】種々の問題がここに集約されています

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5338
【目次】孤独孤立対策にうつ病の視点を

第4世代の認知行動療法を活用します
https://blog.canpan.info/jitou/archive/5348
【目次】第4世代の認知行動療法としての自己洞察瞑想療法SIMT
Posted by MF総研/大田 at 20:57 | 孤独孤立自殺うつ病不安症 | この記事のURL