• もっと見る
«そもそもうつ病の薬物療法では効果がない人が3−4割  〜新しい治療法がすすんでいないから自殺が起きる | Main | 学者、官(自治体)は最初にはできない、まずNPOがするしかない»
NHKが14年前とりあげたうつ病の実態〜専門家のエゴイズムによる犠牲という面も [2024年04月11日(Thu)]
https://blog.canpan.info/jitou/archive/5393
マインドフルネス総合研究所の事業が内閣府のプラットフォームに掲載
 〜 孤独・孤立対策の5月「強化月間」の事業
5月12日の【居場所サービス・ひだまり】は、蓮田市教育委員会、および、埼玉新聞社のご後援をいただいています。

NHKが14年前とりあげたうつ病の実態
 〜 新しい治療法がすすんでいないから自殺が起きる
 専門家のエゴイズムによる犠牲という面も

 14年前の、うつ病の治療法の実情に関連して、当時の期待とそれが実現したかどうか現状を比較しました。

 こういう現状だから、すぐには治る治療法の開発は期待できない。しかし、無策でいると、自殺が減らない。治る可能性がある精神療法を普及させるべきだ。国や自治体が予算をさいてでも、低廉な自己負担で、精神療法を受けられる対策をとるべきだ。
 第4世代の認知行動療法としての自己洞察療法(SIMT)は、治る人もいる。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5236
★マインドフルネス心理療法SIMTによる改善効果

 こう述べたが、しかし、・・・・。

専門家のエゴイズムによる犠牲という面も

 しかし、私はSIMTにも執着しない。できるはずがない。絶対的な万能の治療法、精神療法があるはずがない。

 なぜ、うつ病の精神療法が発展しないのか、日本では研究する人が少ないのか。外国の研究発表まち、なのか。
 上記のように、今はSIMTを奨励する。しかし、私はSIMTにも執着しない。大切な生命がかかっているのだから、執着できるはずがない。SIMTは、第2世代、難しいようで、一部のひとしか、できない、実践しても効果があらわれないひともいる。
 次の記事、NHKの記事に関連した当時のエゴイズムの批判は、「自戒」(自分のものに執着して過ちを犯さないように)している。半年ほど実践しても、効果がみられないひとには、他の療法、他のカウンセラーなどをすすめることにしている。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/2259
★(2011年)専門家のエゴイズム

 第1世代のマインドフルネスも長くしていると自殺・自傷を強めることもあるという研究があった。
 「見て見ぬふり」する専門家。
  https://blog.canpan.info/jitou/archive/3461

 すぐ近くの領域を研究している専門家も国民の生命を守ろうとするNPOなどの新しい活動の妨害をしないでほしい。30年この活動をしてきたが、宗教者でも学者(禅、マインドフルネスを研究の領域も)でも、ひどい人がいた。SIMTは、自己他者を苦しめるエゴイズム心理も観察する。 自分の家族がそうなったら、という苦の共感をもってほしい。
 SIMTは、第2世代のマインドフルネスであるが、標準的な方法では難しいとして脱落するひとがいる。カウンセラーを増やして、きめこまかな支援方法にすれば、脱落を少なくできるだろう。社会全体の理解が必要である。
 うつ病が治らないひとが多いし、自殺が減らない。すぐ近いテーマをいきがいとしている専門家は、自分の家族がそうなったらという「他者の苦の共感」をもってほしい。
 ほかの精神療法があるなら、それも普及してほしい。受けたいと願う人に伝えてほしい。大切な生命である、本人、家族のつらさを理解してほしい。

(注)SIMT=Self Insight Meditation Therapy(SIMT)。大田健次郎『うつ・不安障害を治すマインドフルネス』佼成出版社


https://blog.canpan.info/jitou/archive/5329
【目次】今年も第2世代マインドフルネスでSDGs3.4 自殺の減少を

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5223
【目次】地方創生SDGs 3.4 自殺の減少 〜 2023年

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4893
【SDGsターゲット3.4 自殺の問題】種々の問題がここに集約されています

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5338
【目次】孤独孤立対策にうつ病の視点を

第4世代の認知行動療法を活用します
https://blog.canpan.info/jitou/archive/5348
【目次】第4世代の認知行動療法としての自己洞察瞑想療法SIMT
Posted by MF総研/大田 at 08:38 | 孤独孤立自殺うつ病不安症 | この記事のURL