• もっと見る
«「孤独」はなぜつらいのか 〜(2)幸福の哲学から=人間は他を愛することで幸福を感じる | Main | 「孤独」はなぜつらいのか  〜(3)自己とは何かという哲学から=人はみな世界を作っていく»
PTSD は震災後に長期持続する傾向 [2024年02月23日(Fri)]

PTSD は震災後に長期持続する傾向

 東北大学循環器内科が登録した慢性心不全患者は、震災後PTSDを発症しやすい。特に、地震と津波の被害にあった人は、強いストレスである ことが分かったという。また、震災後 4年間のPTSD有病率を検討したところ、 長期にわたり持続する傾向が見られた

「大規模災害後には心不全、感染性心内 膜炎を含む循環器疾患が著明に増加することが明らかとなった。」こういうところから、 「特に長期にわたりメン タルヘルスの支援が必要。」と呼び掛けている。

https://medical-tribune.co.jp/news/2024/0221561580/
◎震災によるPTSDが心血管イベントに関連
Medical tribune 2024年02月21日

 能登半島地震の被災地にも、長期にわたるメンタルケア、PTSD、うつ病などの改善支援が必要となる。地元の心理カウンセラーがマインドフルネスSIMTも活用していただきたい。
https://blog.canpan.info/jitou/archive/5313
【目次】能登で大地震   〜 長期にわたり、うつ病、PTSD、睡眠障害のおそれ
Posted by MF総研/大田 at 10:38 | 災害とストレス | この記事のURL