• もっと見る
«小中学高校の教師、部活顧問にも自殺予防教育を | Main | 沖縄で10万人がコロナ後遺症かと推計»
“大声で暴言”“引っ張り転倒させる”「不適切な指導」で小5が不登校に、教諭は復帰 [2022年11月10日(Thu)]

“大声で暴言”“引っ張り転倒させる”「不適切な指導」で小5が不登校に、教諭は復帰

 教諭の不適切な指導でけがをした小学生が不登校になった。教諭が復帰したからだという。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6444184
★教諭の不適切な指導でけがをした小学生、教諭が復帰したら、不登校に。

 無理もない反応だと思う。あの教師のいる学校が怖い場所になってしまった。 「もう、しない」と言われても、扁桃体が反応してしまう。行こうとすると、不安、動悸がしてすくんでしまう。トラウマ、不安症のきざしがある。
 カウンセラーの支援が求められる。ながびくと、 長い不登校になるおそれがある。そして、不登校の生徒は、不登校それ自体を悩むと、うつ病も発症してしまうおそれもある。

 ただ、不登校になっても、フリースクール、国内留学、オンラインなど多様な教育機会がある。不登校を経験した人々が、後に幸福な人生を生きていく人も多いことは事実だ。保護者と共に不登校を専門とする機関に相談してほしい。
 不安症、それ自体を治療したいのならば、それを専門とする医師、心理士などに相談してほしい。マインドフルネスのうちでも、自己洞察瞑想療法SIMTは、不安症にも効果があるが、これができる心理士は少ない。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5078
★学校の教師、部活の顧問、生徒に接する人に、うつ病の教育を

 暴力で信仰で虐待する親がいる家庭は、家庭が住みやすい場所ではない。学校が怖いことが起きる場所になると、学校にも行けない。つらい子どもがたくさん、いるようだ。

 青年期になってから、精神疾患の発症、自傷、過食症、オーバードーズで苦しむこともある。次の世代の日本を担うこたちのはずなのに、大人、専門家の心ない発言、行為。
 なんとか、ならないのか。

 不登校、うつ病、自殺などになる、家族、学校の先生、職場の人など、うつ病についての理解がない。だからうつ病をおこさせ、種々の理由(家庭、いじめなど)で、うつ病になっているかもしれず、自殺念慮に理解がない。うつ病による自殺念慮は、長期間持続する。いじめなどが中止されても、うつ病が回復したわけではないから、 自殺のリスクは継続している。 自己中心の人間が多すぎる。
 国際的には、厳しい状況になっているのに、国内で争う大人たち、政治家、宗教者、学者まで。こんなことで、未来の日本に希望があるのだろうか。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5077
★埼玉県蓮田市で

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5076
★宮城県仙台で。

【関連記事】
https://blog.canpan.info/jitou/archive/5072
★小学中学の不登校が最多24万人

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4988
★心理職に期待

【以下は、専門家のエゴイズム〜学者、宗教者も】
https://blog.canpan.info/jitou/archive/2228
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4100

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4523
(このあと、竹村牧男氏の新しい道元の哲学が発表された。
 https://blog.canpan.info/jitou/archive/5015
 ★哲学者が指摘する、人間を超えた働き、超個、絶対に対象にならない人間共通の根源が道元にもあったと。これは、様々な社会心理的問題、宗教社会的問題にも関係があると思われる。)

https://blog.canpan.info/jitou/archive/3616
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4413
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4893
【連続記事】地方創生SDGs 3.4 自殺の減少 ー 2022年
 今年こそマインドフルネスSIMTで実現を
Posted by MF総研/大田 at 06:27 | さまざまなマインドフルネス | この記事のURL