CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«自殺対策 〜 心理職に期待 | Main | 地域での自殺対策に心理職の関与が少ない、その事情は?(2)»
地域での自殺対策に心理職の関与が少ない [2022年05月24日(Tue)]
【連続記事】今年こそマインドフルネスでSDGs3.4 自殺の減少を
 〜 自殺防止 2022年
>

自殺対策 〜 心理職に期待(2)
 〜 地域での自殺対策に心理職の関与が少ない

 雑誌「臨床心理学」125号(2021年9月、金剛出版)は、特集「自殺学入門」である。
 「自殺対策と心理職―保健・医療における自殺対策と心理職に期待される役割」 (河西千秋氏、札幌医科大学)

 この論文は、自殺対策の心理職が取り組むべきと述べている。

 私は医師だけではなくて、心理職、地域のボランティアもうつ病を治療することに参画してほしいと思うので、関係が深いことをみていく。まず、背景のうち、いくつか拾ってみる。

 「自殺死亡者のほとんどが、最終的には精神疾患に罹患した状態で亡くなっている」(p528)。
 「自殺企図行動は、精神疾患の影響で、脳が病的状態に陥った中で決断、実行されているのであって、ケアや治療の対象なのだ。しかも、これらの精神疾患の多くは、標準的なケアや治療により改善し得ることがわかっている以上、ケアや治療をせずに放置することは不作為になる。」(p528)

 そして、いくつかの自殺対策を紹介している。一つは、「自殺未遂者等に対するAssertive case management」について紹介。これに心理職が参加している。

 次に、「病院内における自殺事故予防と事後対応」を紹介。

 「実は、病院内では多数の自殺事故が発生している。」(p530)
 病院内の自殺事故の大規模調査では、「回答の得られた一般病院の29%に入院患者の自殺事故が発生していることが分かり、その3分の1以上はがん患者であることが明らかとなった。」 (p530)

 「2015年の調査では、精神科病床を持たない総合病院・一般病院で生じた自殺事故の約半数ががん患者であることが分かった。」(p530)

 うつ病は薬物療法で治らないひとでも、マインドフルネスSIMTで治るひとがいるので、これを実践してほしい。支援するカウンセラーに相談してほしい。
 筆者の新刊 『「死」と向き合うためのマインドフルネス実践』 は、がん患者等の「死」の不安を持つ人のうつ病、自殺防止のマインドフルネスSIMTの実践書である。患者や支援者が実践して闘病していただきたい。これは、第4世代の認知行動療法のうちでも深い「死」と向き合うマインドフルネス実践ですから、支援できるマインドフルネスの専門家はいない。2年ほどの教育でできるので、精神科医のいない病院、地域で活動していただきたい。

(続く)

【がん患者のうつ病・自殺】
https://blog.canpan.info/jitou/archive/2863
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4982
https://blog.canpan.info/jitou/archive/1783

【第4世代の認知行動療法】
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4236
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4887
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4947


【自殺対策〜心理職に期待】
 【1】  【2この記事】  【3】  【4】  【5】  【6】  【7】  【8】  【9】  【10】  【11】  【12】
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4893
【連続記事】今年こそマインドフルネスでSDGs3.4 自殺の減少を
 〜 自殺防止 2022年


Posted by MF総研/大田 at 20:57 | 自殺防止は医者以外も | この記事のURL