CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(12)うつ病にならない、なっても治る、自殺させない精神医療を | Main | (2)ジョン・カバット・ジン氏のマインドフルネスの定義に戻ると〜 (2)とらわれないこと»
(1)ジョン・カバット・ジン氏のマインドフルネスの定義に戻ると [2021年12月22日(Wed)]
うつ病などの人を支援するマインドフルネスSIMT、マインドフルネス瞑想療法士レジスタードマークの育成講座、1月から開始です。

http://mindful-therapy.sakura.ne.jp/kouza/2014kouza.htm


https://blog.canpan.info/jitou/archive/4887
【連続記事】禅よりも普及したマインドフルネス=医療からビジネスへ


(1)ジョン・カバットジン氏のマインドフルネスの方法に戻ると

 元来、ジョン・カバットジン氏のMBSRのマインドフルネスの内容は広いものです。

(A)元々は、7つの態度が含まれていた。

(1)自分で評価をくださないこと =常に偏見のない第3者の目で見ること
(2)忍耐づよいこと
(3)初心を忘れないこと=先入観、偏見などを捨てて
(4)自分を信じること
(5)むやみに努力しないこと
(6)受け入れること=一つの見方を強制しない、異説も排除しない
(7)とらわれないこと=良心を働かせて

7つの態度の説明のリンクへの目次

(B)ここに、MBSRの哲学を説明しました。

(C)さらに彼は、 MBSRは浅いものであり全体性への扉だと言っています。

(これはジョン・カバットジン氏も強調して重要なので、日本マインドフルライフ協会でも講義しました。)

 この(A)(B)(C)のすべてを包含する「マインドフルネス」ならば、私が見た、後期西田哲学の実践論に似てきます。(A)の1だけの「無評価で観察」も必要かもしれません。集中力やビジネスで必要とする人々が多いようですから。しかし、 (A2-A7)は、非常に重要です。これをきちんと実践すれば、「痛みの緩和、軽減」になるという「医療目的」から始まったのでした。これを実践すればうつ病なども治るでしょう。 SIMTとほぼ同じになります。しかし、MBSRの活用以後はそういう方向には向かいませんでした。
 大変興味ある社会現象です。仏教も開祖は、幅広く主張していますが、現代の仏教は、「利他」「自内証」「自己成長」がなくなっています(大竹晋氏)。そうなったのは、江戸時代でしょうか。
 マインドフルネスMBSRは7つの態度が含まれていたので、慢性の痛みという医療支援でしたが、仏教と似た簡素化が起こり、医療支援が後退して、ビジネス目的のものが普及しています。昭和、平成の時代に、還元主義に似た現象が起きた。興味ある社会現象です。

(注)還元主義
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4417
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4450
★小坂井氏。フランクルは下記。

 仏教に、国民は、苦悩の解決(檀家信者の側からは苦悩の解決)=利他( 宗教者からいえば苦悩の解決支援)を期待することはできないでしょう。A1無評価で観察だけの「マインドフルネス」は深い苦悩の現場では活用できないでしょう。

(A1)だけの観察を超えたマインドフルネス心理療法は、深刻な社会問題、精神疾患の解決のために有効かもしれません。

 「マインドフルネス」が科学、学問ならば、発展すべきはずです。そろそろ次の段階に入るでしょう。

 彼のMBSRの「マインドフルネス」には7つの態度があったのに、そのうちの一つだけにしてしまったのは誰でしょうか。それを提供する専門家が自分の頭で考えて選択したのです。学会のせいにしないでいただきたい。 複雑な人間のことを研究するのに、やさしい内容にするのは、ヴィクトール・フランクルがいった「還元主義」に似ていることがわかります。無評価の 一つにしたのは、ジョン・カバット・ジン氏ではありません。彼は、7つです。
 上記の赤字をご覧ください。MBSRのマインドフルネスでは「少数派を排除してはいけない」はずですが、このような良心を持てというMBSRの指針を検討して、マイノリティであろうとも排除しない共生共存の心、先入観・偏見を持たない心という重要な瞑想の態度を捨てないでください。ちなみに、インドの大乗仏教には、含まれていました。現在の日本の仏教はどうでしょうか。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/3159
https://blog.canpan.info/jitou/archive/3589
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4452
★上記の「誠実な心」を外したマインドフルネスは悪用も

https://blog.canpan.info/jitou/archive/2758
★中にいると外部の変化がわからない

フランクル=教育における還元主義、画一主義、全体主義を批判

 フランクルの教育論については、次に述べました。

(1)科学や学問といっても、全体主義、画一主義、還元主義による偏向

(2)心因性の神経症と精神因性の神経症があり、同じ心理療法では治らな い

(3)実存的空虚は全体主義、画一主義、還元主義から。そうならないよう にするのが教育の使命。

(4)医師、看護師、心理職、宗教者などが全体主義、画一主義、還元主義 にならないような教育も。

 地方創生SDGsには教育もあります。

ゴール3 質の高い教育を<みんなに
すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

 現在、日本で流布している「マインドフルネス」は、ジョンカバットジン氏のものとは違っているかもしれません。単に手法であり、科学学問ではないかもしれません。「宗教」かもしれません。第1の無評価で観察だけなら、坐禅の実践と似ています。坐禅を「科学」「学問」とは言わないです。宗教です。

 日本では無評価で観察(A1)を超えるマインドフルネス(A1-7,B,C)を主張すると排除される状況が起きています。学問的な偏見かもしれません。薬物療法で完治割合が高くないうつ病の治療法です。真剣な学問的検討をすべきです。自殺の可能性あるうつ病の治療法であるのに、だから、生命にかかわる学問であるので、(A2−7)の重要性を認識していただきたいです。
 SDGsのゴールのために、来年、「学問的な」議論を深めていただきたいと思います。科学、学問ならば、議論するはずです。来年、ジャーナリズムの協力も得られるように期待します。外国では、学問やジャーナリズムまで抑圧されているところが多いようです。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4884
★多数派を批判する革新説=アカデミック・マイノリティは排除される

1月から講座が開始されます
 〜 うつ病、パニック症などの患者さんが改善する支援をするカウンセラー

 無評価で観察するマインドフルネス(A1)を超えるマインドフルネスSIMTでは、このように慢性のうつ病などが改善しています。
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4874

 うつ病やパニック症などには薬物療法があります。治るひとはいいですが、一部の人が治らずに苦しんでいる人が大勢おられます。支援者になっていただきたく、お願いいたします。
 1月から、八王子と福岡(オンライン)で、 マインドフルネス瞑想療法士レジスタードマークの講座が開始します
 10カ月もかかる講座ですので、講座の機会は少ないです。

死にたくなるほどつらい人たちがたくさんおられます

https://blog.canpan.info/jitou/archive/2736
★患者の利益に立つ医療を

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4800
★臨床がを生きがいとしたいという人がいないとうつ病などを改善できません。

★臨床してみないと理論(=学問ではあっても)の不備欠陥があきらかになりません。学問として発展しません。

★「宗教者」「医師」「心理士」「心理学者」「仏教学者」なども大歓迎です。 これに近いですから。共通点は、人々の苦しみからの解放です。大乗仏教は「利他」といい、医療は「治療」といいいますか。「心理士」「学者」は、悩む人のためになるような仕事をしたいという目的は持たないのでしょうか。特定の自己の利益目的ではないことです。自分だけの利益、自分の出世、自分の地位、自分の収入が第一の目的ではないこと。
これが、ジョン・カバット・ジン氏の「マインドフルネス」が特定の目標、目的を持たないこと(p93)に近いでしょう。このことを次の記事で確認しましょう。

【文献】
ジョン・カバットジン(2007)「マインドフルネスストレス低減法」春木豊訳、北大路書房
ジョン・カバトジン(1993)「生命力がよみがえる瞑想健康法」春 木豊訳、実務教育出版

(続く)

https://blog.canpan.info/jitou/archive/3589
★マインドフルネスの悪用




https://blog.canpan.info/jitou/archive/4887
【連続記事】禅よりも普及したマインドフルネス=医療からビジネスへ


https://blog.canpan.info/jitou/archive/4893
★日本の全体、世界の全体が幸福になりますように
 今年こそ、SDGs3.4で自殺減少へ

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4892
★声上げられぬ社員「上層部は自己保身に走る」

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4891
★個人の不正、組織の不正

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4890
★全自治体の公務員「心の健康」初調査
 〜 休職が増加

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4889
★山口県では高校生にマインドフルネス講義  〜 これはビジネスではなく学校教育

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4888
★捨てられた定義7番目=とらわれないこと

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4887
★ジョン・カバット・ジン氏のMBSRのマインドフルネスの定義は7つの態度がセットだった
 科学として一つのやさしい定義に還元した、それが普及した

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4875
【関連目次】無評価で観察のマインドフルネスを超えて


Posted by MF総研/大田 at 16:54 | さまざまなマインドフルネス | この記事のURL