CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(2)見て、考えて、行動、そうするものは何か | Main | (4)ドストエフスキーのキリスト教は少数派説»
(3)研究者は偏ろうとも、教育者は偏らないで [2021年12月04日(Sat)]
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4875
無評価で観察のマインドフルネスを超えて


(3)研究者は偏ろうとも、教育者は偏らないで

 フランクルは全体主義、画一主義、還元主義の教育が多いのを批判している。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/2674
★フランクルの教育論


 フランクルは、ヨーロッパの人ですが、全体主義、画一主義、還元主義の教育は、どこの国でも、どの時代でも起こりえる。

 オルテガも同様のことを指摘していた。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4100
★オルテガ、大衆の反逆

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4450
★小坂井敏晶氏も

 大学人は多数説のみを教える。簡単なものに還元した解釈を画一的に、全体に押し付ける。複雑な現実、複雑な人間なのに、単純なものに還元して、全体に適用しようとする。昭和の時代に、仏教学、禅学で、学問の偏向が論じられた。還元主義、画一主義だと。
 現代、まだ続いているようだ。鈴木大拙の明らかにした仏教、禅を教えられているところは少ないだろう。
 現代の新しい「マインドフルネス」は大丈夫か。 多数説のみが教育されていないか。

 研究者は自分の関心あることに集中せざるをえない。他のことを知らないか、理解不足となる。自分のことに集中する専門家だから。
 しかし、専門家が教育すると自分の解釈だけを学生や社会人に教える。かくて、聞くものは、還元的、画一的、全体的となる。
 その一つに還元した枠外にあるものを聞くものは、知らない現象が起きる。生命にかかわるものもある。たとえば、ある病気の治療法は「これしかない」と教えられた学生は、その治療を受けても治らないと、苦しみ続けて自殺するかもしれない。
 昭和の時代には、禅に少数説もふれる機会があったので、ある人は、少数説の禅僧の教えを受けて、うつ病を克服して自殺せずにすんだ。今でも、そういう流れの人がいるが、大学で教えられることはないという。そこには、うつ病の人も受け入れている。ただ坐禅するだけの禅は、うつ病の人を引き受けない。
 多数説の禅は、現代の「無評価で観察」するマインドフルネスに極めて類似している実践である。3,40分坐禅するし、歩く瞑想(きんひんという)もある。精進料理を黙って食べる「食べる禅」もある。そんな坐禅は、対人場面ではできない。

 教育者は、多数派説だけではなくて、少数説のよさも広く学習して、幅広く教えることができるひとがなってほしい。 聴いた複数のどれを選ぶかは、学生が決めてよい。教えるものが、一つを選択して全員に押し付けることは、未来の若者の選択肢を狭めて、時には、生命までも奪う。

 フランクルのほか、 類似のことを何人かの哲学者などが指摘している。 次の記事の上部の囲みに関係する記事の索引をつけた。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/2611

 今、「マインドフルネス」を標榜するサイトが無数にある。禅ではこういうことはなかった。何がこういう違いになったのか。禅が、こんなに多数によって支持されたら、日本は変わったかもしれない。なぜ、禅はすたれたのだろう。

 地方創生SDGsのゴール4は「質の高い教育」をである。「すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する」である。

http://mindfulness.jp/sdgs/21-goal-4.pdf

 多数説のみを画一的に教えるのは、このゴールに反する。

 「すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育」として、現在の大学での教育も包括的ではなくて偏っていて質が高いかは議論して、変わる必要があるだろう。

http://mindfulness.jp/sdgs/20-02-target3-4.pdf
★地方創生SDGs3.4 自殺の減少

 このゴールの実現のためにも、一部、仏教、禅、マインドフルネス、西田哲学の少数説が貢献できるはずである。

 SDGsの会員、6000以上の団体には、このことを訴えていきたい。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4875
【目次】無評価で観察のマインドフルネスを超えて


Posted by MF総研/大田 at 16:31 | さまざまなマインドフルネス | この記事のURL