CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«遠藤周作 「深い河」(2) | Main | 治りにくい「痛覚変調性疼痛」»
学問的な議論をさせない権力者、忖度する集団内メンバー、集団の外で恩恵を受けられないで苦しみ続ける多数 [2021年11月12日(Fri)]
【研究・学問の自由のない日本】

学問的な議論をさせない権力者、忖度する集団内メンバー、集団の外で恩恵を受けられないで苦しみ続ける多数

https://www.asahi.com/articles/ASPCB563ZPC4UPQJ00N.html
★耳に痛い、真鍋さんの苦言 これで科学技術立国なのか 山極寿一さん

 「ノーベル賞受賞に際して真鍋さんが語ったことが耳に痛く響いている。」

 この記事を拝見して、また、私は思い出す。
 あちこちのコミュニティーで、若い世代の学問的な好奇心、当然の学問的な疑問を摘み取る権力ある者。疑問を持つ者を排除するので学問的な深化がない 画一的な解釈、 深い自覚なく「学者」もそのようなことをする。たくさんみる。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4859
★日本で研究したくない理由・ノーベル物理学賞に選ばれた真鍋氏


【研究・学問の自由のない日本】
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4859
Posted by MF総研/大田 at 09:45 | エゴイズム | この記事のURL