CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«親と同居していないシングルマザーはうつ病になりやすい・ 女性の自殺の原因にも | Main | 大学生のうつ病、オンライン授業が多く孤独孤立から»
産後うつ病で母親が我が子殺害や自殺 [2021年04月28日(Wed)]
地方創生SDGs 官民連携プラットフォーム
私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

  当法人のSDGsの取り組み
孤独・孤立問題/女性の自殺予防対策

産後うつ病で母親が我が子殺害や自殺

 産後の母がうつ病になることが多い。そのあげく、自分が自殺したり、幼い我が子を殺害することがある。たとえば、次の記事である。

https://www.asahi.com/articles/ASP2174LKP1ZIIPE00D.html
★家事支援や児相も頼ったが 産後うつの末、浴槽に長女を

https://www.kanaloco.jp/news/social/entry-73686.html
★2歳児殺害、母逮捕 「育児悩んだ」

https://mainichi.jp/articles/20210210/k00/00m/040/177000c
★生後7か月の3女を殺害した母

 この種の事件は多い。産後うつは約10人に1人が経験するとされる。 政府も産後うつ病の母の支援対策を始めた。

 健診の費用助成があり、産後2週間と1カ月の2回、それぞれ5千円が上限で、国と市区町村が半分ずつ負担する。

 自治体に相談するところもあり、健診もほぼ無料で2回受けられる。それでも、このような事件は多い。関連の書籍(注4)でも虐待死を記述している。

 何度もいうように、産後うつ病もうつ病である。うつ病が重くなると、2度の健診では、治らないうつ病も多いだろう。医師の治療を受けても、薬物療法が主であれば、治らないひともいるはずである。重いうつ病が治らないならば、同居の家族がいても自殺や我が子殺害を防ぎきれないことがあるだろう。また、孤立しれいればなおさら問題である。したがって、産後うつ病も何か新しい支援プログラムが必要である。

 産後うつ病の支援機関、相談機関にも、認知行動療法やマインドフルネスSIMTでの継続的な支援プログラムを付加してはどうだろうか。
 2種の方式がある。
(1)育児の問題に詳しい団体の育児のアドバイスを続けながら、パートナーシップで外部のカカウンセラーの内面の心の扱い方の継続的サービスを提供。
(2) その団体内に継続的な心理療法を提供できるスタッフがいる方法。
 クライアントが多いのであれば、後者の方法が効果が高いと思われる。とにかく、うつ病は、特に、非定型うつ病は、治るまでに半年、1年かかるので、継続的な支援が必要である。 こういうサービスを低費用で受けられるような公的な補助の制度があればいいのだが。

http://mindfulness.jp/kunou/fl-josei/ix-josei-utu.htm
★ここに、産前産後うつ病の記事

(注4)読売新聞社会部(2019年8月)『孤絶』中央公論社

★当研究所のSDGs
http://mindfulness.jp/sdgs/mokuji-sdgs.htm
★地方創生SDGsのプログラムとして、相談、および、症状を軽くするため継続のカウンセリングのプログラムがあります。しかし、自治体にある支援機関とのパートナーシップで提供するのがいいと思います。
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4740
【目次】孤独、差別および自殺の問題を解決して身心の健康と生きがいある人生を地元で


このうち、「孤独・孤立問題の対策」および「女性の自殺予防対策」の目次です。

【目次】孤独・孤立問題の対策
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4779



【目次】女性の自殺予防対策
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4766
Posted by MF総研/大田 at 20:30 | さまざまなマインドフルネス | この記事のURL