CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«新型コロナ感染症の後遺症に苦しむ人に精神的なケア(4)  重い倦怠感・PEM | Main | (1)マインドフルネスSIMT・評価の観察の證明»
新型コロナ感染症の後遺症に苦しむ人に精神的なケア(5)  味覚障害はうつ病にもある [2021年01月30日(Sat)]
最近のプログラムは、次の掲示にあるプログラムもご覧ください。

http://mindfulness.jp/sdgs/mokuji-sdgs.htm
★マインドフルネス総合研究所のSDGsのプログラム

新型コロナ感染症の後遺症に苦しむ人に精神的なケア(5)
 味覚障害はうつ病にもある

 新型コロナ感染症の後遺症として、味覚障害も多いようです。それが、どうなるのか不明であると、つらい、不安、食事が作れないなどと悩む「精神的なストレス、心理的苦痛」であり、それが長期間生じると、抑うつ症状が憎悪するおそれがあるでしょう。だから、味覚障害の後遺症が続くひとにも、精神的なケア必要でしょう。

 味覚障害は、うつ病にもある症状です。私もそういう患者(クライアント)さんのうつ病を改善するマインドフルネスSIMTの支援したことがあります。その人は、味覚障害も治っています。 うつ病には実にいろいろな症状があります。

 「うつ病」「味覚障害」で検索してみてください。説明しているサイトがあります。味覚障害はうつ病にもある症状です。

 新型コロナ感染症の後遺症としての「味覚障害」が、ウイルスによるものなのか、精神的なストレスによるものなのか、まだ、わかっていません。

 原因がどちらであっても、絶望しない心理的なケアが望まれます。マインドフルネスSIMTもお役にたてるかどうかわかりませんが、一つの希望ではあります。
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4722
【連続記事・目次】死なないで! 自殺防止−2021年