CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【連続記事・目次】宗教は排除すべきものですか? どこから? | Main | 宗教を排除するのは共生の理念に違背»
宗教は排除すべきものですか? どこから? [2020年12月01日(Tue)]
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4683
★相談会(埼玉県)
★がん患者さん、ご家族もどうぞ。マインドフルネス総合研究所の会には、いつも、がん患者さんやご家族が含まれています。


https://blog.canpan.info/jitou/archive/2171
★死なないで

https://blog.canpan.info/jitou/archive/3631
☆患者家族会を作りませんか
【連続記事】宗教は排除すべきものですか? どこから?

宗教は排除すべきものですか? どこから?

 「宗教を排除」ということを、多くのマインドフルネスの推進者が言っています。いかにも宗教は悪いものという響きがあり、偏見が広がりそうです。根底に「宗教嫌い」という本音がみえかくれします。嫌悪は自由ですが、宗教をよく知らずに、「科学」をひきあいに出すのはいかがなものでしょうか。
 がん患者を多くみとった医師がいっています。がん患者の後悔することが、宗教を学ばなかったことだと。死が近い人は、宗教を求めています。マインドフルネスの「科学」が、「宗教を排除」というようないかにも「悪い評価」の響きのある言い方をしていいのでしょうか。(注1)

 「マインドフルネス 宗教を排除」で検索してみてください。ものすごく多数の記事が出てきます。本にもあります。「マインドフルネス」がブームですから、学校でも病院でも、会社でも、教えられますから、「宗教は排除」すべきもの、してもよい、マインドフルネスの科学でいえるからですか。

 これは、社会に偏見を助長する言い方だと思いませんか。なぜ、宗教団体はどうかしてくれとか、抗議を表明しないのでしょうか。

 その人は、マインドフルネスでは宗教は排除されるものという評価をしています。無評価ではありません。

 日本では、ブームの「マインドフルネス」に参画してくる宗教者、僧が少ないようですが、ここへんにも理由がありそうです。自分のものも「宗教」です。「宗教を排除」などと言えないでしょう。

 京都は、宗教が重要な役割を果たしているでしょう。排除なんて言わないでしょう。多くの大学でも宗教が教えられているでしょう。 坐禅は宗教ですね。坐禅や宗教を大学や研修機関(社会人向けカルチャースクール等)で教えているところもあるでしょう。 排除すべきものでしょうか。NHK Eテレビでは、「こころの時代」で宗教者が出演します。排除すべきものの教えを放送しているのですか?

 「排除」とは、ど こから排除ですか。「マインドフルネス」を導入している大学、企業、病院、宗教団体からですか。そこでは、内面にあっても排除すべきものを信じている、宗教の自由はないのですね。日本では、宗教は隠したほうがいいですか。

 いまのうちに、検討してくださるのがいいでしょう。すでに起きています。
 たとえば、宗教者の子供が、 排除され、いじめられることがひろがらないうちに。
 たとえば、病院での終末期のケアには宗教的なことを学びたい患者がいる (注2) のに、宗教者や宗教的レベルのマインドフルネス(注3)による支援者が排除されないために。

 宗教がNHK Eテレビの「こころの時代」で、頻繁に放送されます。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/3567
★浄土真宗の人

https://blog.canpan.info/jitou/archive/3402
★「がん哲学外来」

https://blog.canpan.info/jitou/archive/3686
★我見、身見の執着

 ごく一例ですが、これら、宗教的ですが、排除すべきですか。テレビからは排除しなくていいのですね。
    (注1)マインドフルネスSIMTは、「宗教を排除」しません。宗教的でない階層と宗教的(超越的)な階層を明確にして、それぞれ、求めるクライアントに提供したいと考えています。

    (注2)大津秀一「死ぬときに後悔すること25」致知出版。

    (注3)たとえば、ハリファックスのもの。西田哲学を実践化した宗教レベルのマインドフルネスSIMT(現在執筆中)、宗教者が臨終のそばに呼ばれること、など。
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4669
★学者もまじめな学問的論争をせず、批判者を排除することがある

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4653
★差別心、利己心は意図的か

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4660
【目次】日本学術会議、6名任命されず、科学学問の自由の侵害と学会、思想家が批判
 この連続記事の中にも、むしろ学者の独断の記事がある。
(このブログは、記事別にアクセス数を表示する機能があります。もちろん、アクセス者はわかりません。)
【今朝、9時までにアクセスが多かった記事より】
https://blog.canpan.info/jitou/archive/3881
★傲慢人間の意向を忖度するイネーブラー(支え手)3段階

https://blog.canpan.info/jitou/archive/3033
★言葉に縛られる

https://blog.canpan.info/jitou/archive/3592
★大乗仏教からの初期仏教批判
  現代にふさわしい哲学が必要
 現代の「マインドフルネス」も大乗仏教から批判されるでしょう

https://blog.canpan.info/jitou/archive/3460
★大学で講義したこともありましたが・・。
 ハリファックスのマインドフルネスは無評価の観察を超えた観察が含まれるので、アメリカでは広く活用されています。宗教的な命題(自他一如、絶対無に相当するもの)がたくさん出てきます。日本では難しいでしょうね。


【連続記事・目次】宗教は排除すべきものですか? どこから?
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4701
Posted by MF総研/大田 at 20:31 | さまざまなマインドフルネス | この記事のURL