CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«臨床哲学・哲学者が現場の人にあう | Main | 坐禅さえすればいいという説»
学者なら存在した宗教のあるがままを解明すべきであって、自分の宗教を捏造すべきでない [2020年01月15日(Wed)]

学者なら存在した宗教のあるがままを解明すべきであって、自分の宗教を捏造すべきでない

 哲学者西田幾多郎は、学者なら存在した宗教のあるがままを解明すべきであって、自分の宗教を捏造すべきでないと警告しました。昭和20年の敗戦まじかのときに書いた論文で。
 「宗教は心霊上の事実である。哲学者が自己の体系の上から宗教を捏造すべきではない。」

 にもかかわらず、戦後も!?

https://blog.canpan.info/jitou/archive/3287

 大竹晋氏の2つの書籍を見ると昭和の宗教の学問は偏っていたようです。宗教とは何でしょうか。量義治氏によれば、「超越」「絶対者」があるものです。 ところが昭和の学問では、自分の好きな思想であって、絶対者のないものが宗教とされました。 学問をどこまで信じられるのでしょうか。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/2587
★宗教である条件

 特に重要なことは救済や絶対者です。救済は「利他」です。絶対者は科学的には究明できないものです。信者が信じるとか体験するとかです。大乗仏教の場合、体験することを「自内證」といいました。科学学問によらないので、宗教です。
 図は量氏の宗教の条件を示しました。(図の下の部分)
そして、私(大田)が、宗教(超越)でないが、内在的な 苦悩、救済、行為などを上部に示しました。
(クリックすると拡大表示されます)

内在と超越.jpg

 大竹氏が、日本の仏教は「利他」が弱いと指摘しました。内在(宗教でない)の「救済」されるべき「苦悩」は、心の病気、人間関係、自殺などあります。
 では、日本の宗教が救済してくれる「苦悩」は何なのでしょうか。宗教「行為」とどういう関係があるのでしょうか。日本の仏教は、誰を相手に、どういう苦悩を救済してくれるのでしょうか。

 大竹氏によれば、日本の仏教は存在した仏教ではないもの、自分の好きな思想を採り、嫌いなものを否定したものが仏教だとして主張されました。それも「超越」でないものも主張されてきました。再検討が必要ですね。内在の苦悩も超越の苦悩も仏教が支援しないのであれば、本当に、仏教寺院が消滅してしまいかねません。

大竹晋,2019a『大乗非仏説を超えて』国書刊行会
大竹晋,2019b『「悟り体験」を読む』新潮社
量義治,2008『宗教哲学入門』講談社学術文庫
【目次】哲学、宗教、仏教学、心理学、医学、脳神経科学、精神療法、マインドフルネス、マインドフルネス学、留まることのない哲学に導かれるマインドフルネス実践
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4478

Posted by MF総研/大田 at 19:31 | さまざまなマインドフルネス | この記事のURL