CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«子どもの自殺予防教の教材 | Main | 子どもの自殺防止に必要な対策=女子中学生2年の自殺に関連して »
トラウマ、夫婦の関係などを乗り越えた体験記 [2018年11月05日(Mon)]

トラウマ、夫婦の関係などを乗り越えた体験記

 奈良を拠点とするマインドフルネスSIMTの支援団体「マインドフル*スマイル」。

 マインドフルネスのうちでも、日本で開発された自己洞察瞑想療法(SIMT)の体験記が掲載されました。

http://web1.kcn.jp/mindfulsmile/experience.html

 50代女性のMさんは、自己成長がSIMTを受ける動機でした。主に、夫婦間の葛藤、悩みが克服したいテーマであったようです。SIMTは、「心の病気」の改善に効果がみられますが、健常な人でも悩みの改善や自己成長がみられます。支援者の山口さん(マインドフルネス瞑想療法士)が、コメントの中で書いておられるとおりです。
 すべての人の人生に、思いどおりでない出来事が起こりますが、マインドフルネスSIMTは、本音や感情を瞬間的に観察して、人生価値を実現の方向の思考、行動を瞬間的に観察して、選択する手法を中心とするからです。対人関係においては「無評価の観察」ではなく、感覚、思考、行為の中にある本音を観察し、価値実現か崩壊かを瞬時に評価するトレーニングです。

 機関誌「マインドフルネス精神療法」第3号にも、健常者のSIMTによる成長体験が多く掲載されました。
http://mindful-therapy.sakura.ne.jp/kikansi/hp-03/jjmp03-hp-index-2.htm

 この体験記の前には、50代男性から、薬を断つことができたという報告もありますね。SIMTは、断薬による不快な離脱症状にも耐える力ができますので、たいてい、断薬にまで進むことができます。

 山口さんの長い支援とクライアントのかたの真剣な実践の成果ですね。長い間、おつかれさまでした。

 マインドフルネスには、様々な「流派」があります。仏教にも、種々の宗派があります。 大竹氏の本であきらかにされたように、宗派によって「利他」が弱い「自己成長=人間完成」が弱いです。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/3930

 「対人関係」の改善は「利他」および「自己成長=人間完成」の重要な領域です。静かな場所、対人関係のない場所でする「マインドフルネス」「瞑想」では、対人関係の問題の観察気づきは、起こらないです。
 SIMTは、健常者の対人関係、自己成長=人間完成にも貢献しますし、各種の出来事からのうつ病、トラウマの改善の目的にも効果的です。要するに、すべての人のものです。 家庭における暴言暴力、虐待、家族の束縛などは、家庭における自己成長、人間完成の不足であり、組織活動における、 セクハラ、 パワハラ、アカハラ、ドクハラ、データ改竄、不正は、「自己成長、人間完成」を怠っている側面です。


【目次】
こんなところにマインドフルネスSIMT2018


https://blog.canpan.info/jitou/archive/3971
トラウマ、夫婦の関係などを乗り越えた体験記

https://blog.canpan.info/jitou/archive/3800
機関誌『マインドフルネス精神療法』第4号のすべての記事

https://blog.canpan.info/jitou/archive/3975
うつ病にまで深刻化した子どもを支援するサポーター

Posted by MF総研/大田 at 22:04 | 対人関係 | この記事のURL