CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「入院患者自殺は重大医療事故」 | Main | ジャーナリズム あるべき姿は »
偉大な仏教学者・鈴木大拙の本がまた [2017年08月30日(Wed)]

偉大な仏教学者・鈴木大拙の本がまた

 鈴木大拙博士を否定する本が出版されたのですが、角川から、 鈴木大拙の本の文庫本が出版されました。やはり、鈴木大拙博士には、長く読まれる事実があります。

鈴木大拙『東洋的な見方』角川ソフィア文庫、2017,680円+税

 私は、春秋社版の全集を25年前に買って、読みました。自分を超えたものが自己根底から働いていると、励まされました。対象的なことを扱う文字では決して、見たり体験できないものがある。自己を超えたものを認める。 大乗仏教では、自己の根底に対象とならないもの、キリスト教では神という。この両者は、同じなのか。 鈴木博士はこう言っていました。

 「言語学者、論理家、解釈学専攻者、その外、言語の世界以外に出ることを好まぬ研究家は、どうしても「祇如今鑑覚」の真の消息に接することができぬ。できぬといって、そんな消息はないと主張するのは、言い過ぎというものである。」(春秋社版、p113)

 文字しか知らない学者が、対象にならないものがないと否定する誤りを。そういうことを聞く僧侶、マインドフルネスの専門家が、自分で深く考えず、またそれをそのまま受け取る、それを信者、クライアントに伝える。

 しかし、「科学と同じ対象的なものか。そんなもので私は救われない。仏教はそんなに無力なのか。」と思う。救われるはずが救われぬ、悲惨です。最後の判断が自分でなされ、安定した地位あるものは互いを誇り争い、それを聞かされる苦しい者は絶望する。日本は、組織外の一般人に貢献できるMBSRのようなものを創始できなかった。

 中村元氏は、古い仏教の権威でしたが、鈴木博士を絶賛しておられました。「D.T.スズキの名は後世何百年にわたって伝えられ、その徳がたたえられるだろう」と。確かに、鈴木博士の本は、何百年も読みつがれていくでしょう。 日本の宝を再発掘しなければなりません。マインドフルネスがブームになったおかげで、僧侶、仏教学者以外の人材が、マインドフルネスはどこまで深いのか関心を持ち始めたようです。
(目次)日本的霊性
 鈴木大拙博士は対象にならない自分を「日本的霊性」といった
https://blog.canpan.info/jitou/archive/3549 
★第3世代の認知行動療法=多くの流派のマインドフルネス心理療法
Posted by MF総研/大田 at 13:32 | さまざまなマインドフルネス | この記事のURL