CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第3世代の認知行動療法(4) | Main | 第3世代の認知行動療法(5) »
過食症・摂食障害にもマインドフルネス [2017年08月08日(Tue)]

過食症・摂食障害にもマインドフルネス

 過食症も治りにくい精神疾患です。ながびくと、抑うつ症状もひどくなります。 日本で開発されたマインドフルネスとしての自己洞察瞑想療法(SIMT)は、この問題の改善にも効果がみられます。心理的な要因が関係しています。抜け出せない心理を観察して受け入れて、価値実現への行動に意識を向ける訓練を続けます。
 ひとりでSIMTを実践しつづけることが難しい場合、過食症、摂食障害を専門的に扱うマインドフルネスSIMTのマインドフルネス瞑想療法士🄬(MMT)が おられます。こちらにご相談ください、

http://www.sinbi-s.info/mindfulness_lp/ 
メンタルオフィスSINBI
★マインドフルネスSIMTは第3世代の認知行動療法
Posted by MF総研/大田 at 09:41 | 種々の悩み | この記事のURL