CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«石巻講座の修了生によるマインドフルネスSIMTの講座 | Main | (35)西田哲学は従来の宗教を批判»
カウンセラー育成講座の日記指導 [2015年10月23日(Fri)]

カウンセラー育成講座の日記指導

 今、カウンセラーの日記指導中です。 とても時間がかかります。 この記事に書いた状況です。  マインドフルネス心理療法は、アメリカのものもありますが、さまざまな問題に適用できそうですが、 実際の臨床にあたる人は多くはありません。うつ病、不安症/不安障害、過食症、働く人のストレス対処など、現場にあたるカウンセラーが必要です。 状況を教えていただいて、適切なアドバイスをしないと、マインドフルネス心理療法のトレーニングを中断してしまいます。カウンセラーの力が大きいです。

 実際にクライエントにおあいする臨床家が必要です。その育成にも日記指導があり、時間がかかります。 かなり、真剣なカウンセラーが幾人も現れましたので、次の段階です。 私以外に、全国で、マインドフルネス瞑想療法士を育成できるセンターを何ヶ所か作ることです。受講希望者が埼玉においでいただくのは大変だからです。 マインドフルネス瞑想療法士を育成する上級のマインドフルネス瞑想療法士 を育成するための講座を作る必要があります。かなめは、マインドフルネスの哲学、理論、すなわち、西田哲学の実践論とその手法化です。これを理解していただくことです。少しづつ準備をすすめていきます。西田哲学は、理論的にはアメリカのマインドフルネスのすべてを包含します。
Posted by MF総研/大田 at 08:06 | さまざまなマインドフルネス | この記事のURL