CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«道元禅師のマインドフルネス(2) | Main | NHKこころの時代「日本仏教のあゆみ」(1)»
道元禅師のマインドフルネス(3) [2015年04月21日(Tue)]

道元禅師のマインドフルネス(3)

 道元禅師は釈尊と同じ「正覚」を得た人である(注1)。絶対に対象とはならない最も奥底の真の 自己、すなわち、すべての人間の絶対平等性、西田哲学が人格的自己の根拠とするところを道元 禅師はこういう。
     「仏道を修行する者は、先ず須(すべか)らく仏道を信ずべし。仏道を信ずる者は、須らく自己もと 道中に在って、迷惑せず、妄想せず、顛倒せず、増減なく、誤謬なきことを信ずべし。かくの如きの 信を生じ、かくの如きの道を明らめ、依りてこれを行ず。乃ち学道の本基なり。」(注2)
 ここに、評価のないことが指摘されている。道元禅師のマインドフルネスは、これを習うのである。 自己は、元来評価のない世界にいる。迷いはない、言語による妄想がない、倒錯もない、増減もな い、間違いもない。全くの無評価。ジョン・カバット・ジンのMBSRの心得の重要な「無評価」の根拠 がここにある。
 だから、本来、日本の禅宗から、現代人すべて(妻帯しない僧侶だけでなく)のさまざまな心理的 葛藤から起きる問題、苦悩を解決援助できる「社会的マインドフルネス」が開発されてもよかったの である。
 私は道元禅師の只管打坐でうつ病が治り、1993年から他者 のうつ病改善の援助にのりだした。最初は道元禅師の言葉を用いた。そのために、宗教とみなす 人もあった。10年ほど前から、道元禅師の言葉を全く用いずに、心理学、脳科学の言葉を用いるよ うにした。なければ造語した。基本的自己洞察法、行動時自己洞察、本音などが造語である。
 こういう造語のもとになったものは、みな道元禅師の用語がある。だから、マインドフルネスのうち でも自己洞察瞑想療法(SIMT)は、やろうと思えば、徹底的に道元禅師の言葉で記述できるだろう。それをすると、宗教だとみなされるのは、公的場面でも行う心理療法としてはやりにくい。宗門の人が社会的マインドフル ネスにのりだすならば、してくださるだろう。

 鈴木大拙、西田幾多郎は道元禅師と同じ「正覚」を得た が「宗教者」とならず、禅学者、哲学者となった。私は「宗教者」とならず、ただの一般人を通した、 在家得度さえもしていない。だから、無宗教者である。日本では宗教が忌避される場があるからで ある。学校、企業、公的施設・・・、そしてうつ病のクライエントも宗教を警戒する。なぜいけないのか 、2,30年程前までは人倫に劣る宗教者、犯罪をおかす宗教者が多かった。宗教とは何か。 また、宗教にもくらまされなくなる「正覚」とは何か。道元禅師のいう自己の根源を体験することであ る。だが、うつ病を治したり、教育、ビジネスの現場でのマインドフルネスの心得は、宗教レベルで なくていい。浅いマインドフルネスで足りる。

がん患者の死の不安の支援

 しかし、がん患者さんの「死」の不安は、 正覚レベルでないと実際には解決しないかもしれない。
 上記の自己の根底の無評価は「生死」もないのである。道元禅師には 次の言葉がある。
     「ただわが身をも心をもはなちわすれて、佛のいへになげいれて、佛のかたよりおこなはれて、こ れにしたがひもてゆくとき、ちからをもいれず、こころをもつひやさずして、生死をはなれ、佛となる。 たれの人か、こころにとどこほるべき。」(注3)
 生死を離れて佛(ほとけ)になるといっている。ここでいうほとけは「正覚」者である。 最初期の仏教経典では「生が尽きた」と表現されていることが多い。生きているのに、生きていない という感動の表現となっている。生死を超えたのである。親鸞聖人の教えによる妙好人にも 同様の感動を得た農民、職人、主婦が多い。僧侶ではない。 釈尊の仏教、道元禅師の禅、親鸞聖人の教えに同様の 苦悩からの解放を感じる。
 がん患者さんのための人格的自己(自我に死にきり新しい自己に目覚めた自己ならぬ自己)レ ベルのマインドフルネスが現代にとても貢献するだろうという根拠である。 このような宗教レベルのマインドフルネス心理療法が「がん病棟」でも忌避されるのだろうか。
    (注1)鈴木大拙,1987『禅』筑摩書房。井筒俊彦,2014『禅仏教の哲学に向けて』ぷねうま社。 竹村牧男,2015『日本仏教思想のあゆみ』講談社学術文庫。大田健次郎,1996『道元禅師』近代文 藝社。ほか多数。
    (注2)「学道用心集」、「道元禅師全集」第5巻、春秋社、1989年、16頁
    (注3)「生死」巻、「道元禅師全集」第2巻、春秋社、1993年、528頁。
★道元禅師のマインドフルネス(目次)
Posted by MF総研/大田 at 04:31 | さまざまなマインドフルネス | この記事のURL