CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«対象的自己=魂が死後も存在すると議論 | Main | 言葉は実相を表さない=言葉による思考を抑制»
生死のない人の根源 [2014年10月29日(Wed)]

生死のない人の根源

 釈尊やその弟子たちは、もう輪廻しないといった。しばらく後の、初期仏教教団の哲学とは違っている。別の哲学に変化した。道元、東洋哲学では、死についての決着がつきそうな言葉がある。 人の根底は生死なしである。経験的世界は、「生あり、死あり」であるが、 「萬法ともにわれにあらざる時節」があり、「生なく滅なし」である。

 道元の『正法眼藏第一 現成公案』の中に、次の3つがあった。

A「諸法の佛法なる時節、すなはち迷悟あり、修行あり、生あり、死あり、諸佛あり、衆生あり。」
B「萬法ともにわれにあらざる時節、まどひなくさとりなく、諸佛なく衆生なく、生なく滅なし。」
C「佛道もとより豐儉より跳出せるゆゑに、生滅あり、迷悟あり、生佛あり。」

 Aは分節(T)であり、Bは「無分節」であり人の根底の真であり、Cは無 分節が現成したもの、分節(U)である。

 井筒俊彦はこれを次のようにいう。
 「電光のごとく迅速な、無分節と分節との間のこの次元転換。それが不断に繰り返されていく。 繰り返しではあるが、そのたびごとに新しい。これが存在というものだ。 少なくとも分節(U)の観点に立って見た存在の真相(=深層)はこのようにダイナミックなもので ある。だが常識的見方、つまり分節(T)の見方は、この過程に「本質」を持ちこんでくるので、こ の真相が見えない。「本質」を拠点として、そこに同一の花が咲き続け、同一の鳥が啼いている ようにどうしても見えてしまう。」(井筒俊彦『意識と本質』岩波書店、P171)

 分節(T)は、無分節の一部を切り取り、言語化して真相から離れる。 しかし、分節(U)は、無分節の全体である。

 「分節(U)の存在次元では、あらゆる分節の一つ一つが、そのどれを取って見ても、必ずそれ ぞれに無分節者の全体顕現なのであって、部分的、局所的顕現ではない。全体顕現だから、 分節であるのみかかわらず、そのまま直ちに無分節なのである。」(p172)

 マインドフルネスを世界的に有名にした、ジョン・カバット・ジン氏が道元を理解しているとすれ ば、ジョン・カバット・ジン氏が、「全体性」は、道元のすべてが我にあらざる時節のことではあるま いか。「最も大きな違いは、このプログラムが、 ”全体性”を直に体験するための扉を提供してい る」という。「体験」である。絶対無の体験であはあるまいか。 このことを、マインドフルネスの研究者は理解しているだろうか。  ジョン・カバット・ジンのMBSRは、道元、東洋哲学の絶対無の真相を「習う」、まねするのであろう。絶対無は対象化されない絶対無対象であるが、痛みの緩和には、対象的なもので習うのであろう。これが、ジョン・カバット・ジンのマインドフルネスの理論的根拠ではないか。

 我々は、生き続けているのではなくて、瞬間瞬間、生死がないのと生死のあるとを繰返している。西田幾多郎は、過去現在未来が直線的に流れない「円環的限定」が奥で起きており、表層では、生から死へと直線的に移り行く「直線的限定」といった。  無分節、全体性を体験すれば、自己はなく、すべてが絶対無の顕現であることになる。すでに生きているかのようなこの人生で、自己はない、すべて絶対の一のみである。こうして、生前に死の問題を決着するのであろう。こうした哲学を言語で対象的に理解しても、全く解決しない。マインドフルネスの深い実践、MBSRではなくて、カバット・ジン氏がいうように一生かけて行うような深いマインドフルネスで、「全体性」を「体験」しなければ、本当には死は解決しない。MBSRはそこまでは記述していない。彼は承知している。MBSRは入門である。 それが身体疾患の「痛み」という感覚の苦悩の克服法だからである。「痛み」だけではなく、もう少し応用できそうだから、アメリカではもう少し応用範囲を広げている。 しかし、死や自己評価などに万能であるわけではない。「不必要な医療」が指摘されるが、マインドフルネスもレベルが合致しないと、クライエントにとって実践しても期待する解決のない「不必要な実践」になる。教える側は教えることのいきがいと収入の喜こびは得られるだろうが。
 深い苦悩の克服のための実践法は違うものが襌として、日本にはある。全体的、絶対的一者の自己の根源を体験する実践は西洋にはないだろう。日本人は死の恐怖、死後のことの絶大な関心がある。マインドフルネスを研究すべきである。
分節モデルs2.jpg
  • <目次>人格的自己のマインドフルネスへ
  • Posted by MF総研/大田 at 21:33 | 新しい心理療法 | この記事のURL