CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«日本マインドフルライフ協会の拡大定例会 | Main | 日本マインドフルネス学会設立記念大会(1)»
虐待(8)虐待された人の傷は深く浅い心理療法では足りないのではないか [2013年12月21日(Sat)]
★宮城県石巻で、うつ・不安障害を治すマインドフルネス心理療法についての講演
 企画中です。被災された方でうつ病、不安障害を治したい方、援助したい方。虐待、がん患者さんの死の不安などにご関心のかたも。
ご参加の希望が多ければ、実現します。メールでご連絡ください。

虐待(8)

 =虐待された人の傷は深く浅い心理療法では足りないのではないか

意志作用よりも深い人格

 虐待された人は、人格を否定されたのである。人格は、感覚、思考、意志レベルの問題ではなく、 もっと深い自己存在の問題である。人生の意味、価値に向かって生きるようなレベルの問題ではいよ うに思う。自分が人格を否定されると、人格というものがわからず、わが子の人格を否定することにな るだろう。
 人格が傷ついた人は、自己とは何かという自己存在の問題にゆきつくだろう。西田哲学では、自己ということは 思考の内容となるような浅い知的自己から、思考の対象とならない意志的自己、叡智的自己、人格 的自己という具合に深くなっていく。世の中のために創造していく価値、体験する価値の問題では 解決せずに、自己存在、人格の否定と言うことで苦悩するかもしれない。
 話しは変わるが、がんなどの死の不安は、自己存在、人格の消滅の苦悩といえるから、これも深い。実現価値の問題ではない。マインドフルネスも同じレベルではありえない。

(続く)
虐待
虐待防止関連の記事
その他の関連記事
Posted by MF総研/大田 at 20:18 | 虐待防止・虐待予防 | この記事のURL