CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«虐待(6)子どもの自殺の背景に虐待があるケースもあるか | Main | 日本マインドフルライフ協会の拡大定例会»
虐待(7)虐待する母の支援は誰が担うのか [2013年12月20日(Fri)]

虐待(7)

 =虐待する母の支援は誰が担うのか

虐待する母の支援は医療か保健か福祉か民間か

 虐待する母親が見つかった時、あるいは、母親から支援を求められた児童相談所、民生委員や保 健所、産婦人科医は、その援助を求めてどこへつなぐのか。精神科医の医療との連携も行われてい ます。福祉や保健がどこまで援助できるか難しいということが報告されました。
  • 多くはいわゆる精神科疾患ではない
  • 精神科では受け入れてくれない場合が多い
  • 何科が担当すべきか定まっていない
 こういう公的機関や精神科で扱いにくい援助を民間団体が引き受けている一例が学会の分科会を 企画なさった「MY TREEペアレンツ・プログラムセンター」の支援プログラムです。 毎週1回のグループセッションを13回提供するものです。虐待がやんで、すぐれた改善効果をあげ ておられます。 2,3か月で改善するのは、やはり精神疾患の診断基準にあわないケースでしょう。 なぜなら、うつ病、PTSD、パーソナリティ障害などであれば、それほど短期間には治らないからです 。 そこで、精神疾患に該当する母親の援助はどうなっているのでしょうか。

虐待する母親を治療する病院

 虐待する母親が精神疾患である場合、援助の難しさが報告されました。
  • 1)医療機関との連携で困難なこととして、報告されました。
    • a)子どものこころの治療を引き受けてくれる病院がない
    • b)(虐待する)親の治療が必要なとき、引き受けてくれる病院がない
  • 2)もう一つ、課題があるでしょう。引き受けてくれる病院があっても、うつ病やPTSDは薬物療法だ けでは治りにくいからです。

援助できるのは、虐待問題に詳しい人

 母親がうつ病、非定型うつ病、PTSD,パーソナリティ障害などである場合、確かに難しいでしょう。 幼い子どもを持たない、こういう精神疾患でさえも、薬物療法では治りにくい人がいます。家族に守ら れている患者でさえも、治りにくいのに、幼い子どもがいると子育てのストレスがあるので、感情的に なりやすいでしょう。薬物療法だけでは治りにくい人がいます。こうした人を公的な福祉、保健の機 関が治す援助をするのはなおさら、困難があるでしょう。
 医療による薬物療法で軽くならない母親には、認知行動療法やマインドフルネス心理療法、その 他の心理療法があるでしょう。しかも、一般的なそういう心理療法のスキルを持つ援助者では不十分 です。そうした一般的心理療法のスキルに加えて、虐待の問題に詳しい人でないと援助できないで しょう。だから、マインドフルネス心理療法がありますが、実際、援助できるのは、虐待の問題に詳しく 、信頼関係を持つみなさまだと申しあげたのでした。
 マインドフルネスが盛んに研究されていますが、実際、うつ病の援助をする人が増えていないのは 、マインドフルネス一般しか知らず、うつ病そのものを知らないからです。坐禅や仏教がマインドフル ネスに似ていますが、仏教の研究者や襌の専門家がうつ病の患者を治す支援ができないのは、うつ 病そのものを知らないからです。これと同様のことが虐待関連の問題にも言えるのだと思います。
 そこで、マインドフルネス心理療法は、うつ病、PTSDなどを治すことができますが、虐待する母親 の援助をマインドフルネス心理療法で行うとすれば、4つの方向が考えられます。
  • 1)福祉、保健の虐待関連に詳しい関係者がマインドフルネス心理療法を習得して支援する
  • 2)医療(病院)の医師、看護師などが虐待関連とマインドフルネス心理療法の両方を習得する
  • 3)虐待関連の民間団体が、精神疾患を治すレベルのマインドフルネス心理療法を習得して支援 すること
  • 4)虐待関連の人を引き受ける医療、民間団体の支援プログラムに、マインドフルネスのスキルを持つ人が参加すること
 いずれも、年単位の支援が必要です。どれか一つでも、県に1か所はできないものでしょうか。 うつ病、不安障害を徹底的に治す援助をしたいものです。なぜなら、虐待が止んでも、母親には、 長い将来の人生において、数々のストレスがあります。精神疾患を治しておかないと、何らかのストレ スによって、精神疾患が再発するおそれが高いのです。一度、支援された母親が支援を離れたあと、 長期間にわたって、不幸な状況になっていないことを追跡調査、援助していない可能性があります。田宮虎彦の別の小説でも、虐待を受けた子どもは生きづらく、不幸になっている人たちを描いた小説もあります。虐待でなくて、不安過敏に育った人は一生影響している場合が多いのに、虐待された人は深く人格を傷つけられている可能性があり、なおさら生き辛いでしょう。

(続く)
虐待
虐待防止関連の記事
その他の関連記事
Posted by MF総研/大田 at 22:54 | 虐待防止・虐待予防 | この記事のURL