CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«鈴木大拙=NHK Eテレビ | Main | 生きがいと自己実現»
鈴木大拙(2) [2013年01月06日(Sun)]

鈴木大拙(2)=NHK Eテレビ

 昨日13時、NHK Eテレビで「鈴木大拙」を放送しました。 NHKのホームページで次のように紹介されていました。
    「自分の欲望のままに生きることが自由であると考えがちであるが、欲望 という枠を離れたところに本当の自由があることを西欧世界に伝えた鈴木 大拙師の仏法の風光を紹介する」
 鈴木大拙の秘書をつとめた岡村美恵子(O)さんの見聞きした鈴木大拙(S)の思い出話でした。レポータ ーは金光寿郎さん。「  」は、岡村さんと 鈴木大拙のやりとり。(  )は私のコメントです。

O「先生は嘘のない人であると印象を受けた」
    (襌もマインドフルネスも苦悩を支援するのだから、嘘があっては苦悩が 増し信頼を失う。悲しみ喜び、欲、名誉、肩書き、面子、嘘のない底の探求をし終えた 人。)
Oの手をさすって
S「ほとけの手だよ」
S「外から自分を見ている、それだけの自分か?」

O「二元性を超えるとはどういうことですか。」
Sテーブルをたたいて
 「どこで聞いたか」
O:「全身で聞きました」という。すると
S「全宇宙が聞いたのだ」

 OはSに、二の腕をつねられて「ギャー痛い」というと
S「その声はどこからきたか」
S「そら、そこにある」

O:ある朝「本願とはどういう意味ですか」
S「本願か・・・」
S:しばらくして、朝日を指差して「ほうら、本願が現れた。」
    (鈴木は、みな、「そこ」の一点から言っている。そこ、真の自己は対象 的なものではないので、対象的な言葉では示さない。)
O「問いが大切でした。問うと、先生はていねいに応えてくださった」 「全身でぶつかれと言われた。」

S:こわいこわいという人に「飛び込め。すると救われるのにな」

 人生相談に来る人々多かった。よく聞いて・・・。
S「それはそれとして」とよく言われた。
O「それはおいておいて、その元(先)があるんですよ、と指しておられる と思いました。」


O「お寺の僧侶は何のために修行するのですか。」
S「何でもないよ。スッとすることだ」

S「長生きするんだよ。長生きしてわかることがある。」
    (現代のうつ病、不安障害の人々も救われる必要があります。しかし、そ ういう人には、対象的な言葉で説明しないとわからない。また、こういう 病気は対象的な事柄の扱いがわからず、苦しんでいる。鈴木大拙が直に指 した「そこ」を探求することが必要になるのは、直接、自己存在の無価値 、自己存在の消滅の問題に苦悩する場合でしょう。うつ病の自殺はこの問 題ではないようで、このような深い自己探求でなくて改善します。違う病 気には、違う治療法が大切になるでしょう。日本には、豊かなマインドフ ルネス、アクセプタンスが埋蔵されているのに、ほとんど発掘されていな いようです。
     マインドフルネス心理学を仏教や襌で悦明しようとすると、 禅僧や襌の研究者に学ぶことになりますが、解釈、学説がまちまちです。 宗教は絶対視がおきるので、激しい論争があります。宗教レベル以前が無難です。)
    (長生きしてわかることがある。定年になったら、もう、収入をかせぐ仕事をしなくてすむのだから、長生きしてわかることを探求するのがいいのでしょう。さもないと人生の後期に、深刻な苦脳がまっています。)
Posted by MF総研/大田 at 16:53 | マインドフルネス心理療法 | この記事のURL