CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«すばらしい日本独自の自己観 | Main | インド、中国の仏教、襌は出離的(2)»
インド、中国の仏教、襌は出離的 [2012年11月01日(Thu)]

インド、中国の仏教、襌は出離的

 インド、中国の仏教、襌は、僧院の中で練られたもので、 そこには、苦悩はなかった。 苦悩が渦巻く在家の家庭、職場で練られたものではない。 現代はそのまま ではいけないと西田幾多郎はいう。
 「その源泉を印度に発した仏教は、宗教的真理としては、深遠なるもの があるが、出離的たるを免れない。大乗仏教といへども、真に現実的に至 らなかった。・・・真の受働からは、真の絶対的能働が出て来なければな らないと考えるのである。」(『場所的論理と宗教的世界観』旧全集11巻 437頁)

これを引用して竹村牧男氏(東洋大学学長)は言う。
 「このようにして、西田は仏教を真剣に参学し、仏教思想に深い共感を 有しつつも、仏教のあり方に対して根本的な批判の視点を抱いていた。決 して仏教をそのまま西洋思想よりも優れているとしたのではなかった。こ の西田の仏教批判を、我々現代の仏教者は真摯にうけとめ、現代の現実世 界において意味を持つよう、仏教のあり方をさらに改革していくべきであ ろう。」(2002 竹村牧男「西田幾多郎と仏教」大東出版社、p111)

 僧院と違って、在家生活には、きびしいストレスがある。思いどおりにならない生徒、 父兄、上司、同僚、顧客がいる。激しく苦脳する家族、患者、クライエントがいる。事件、事故、病気がある。仏教や襌がマインドフルネスとして普及しはじめたという。だが、苦悩の渦巻く 現実の社会でこころみられたものとはいえない、インド、中国仏教であった。だからほろんだともいえる。苦脳の渦巻く「魔界」で 活かすためには、出離的な仏教、襌ではまにあわない。 新しい工夫が必要になるだろう。

インド、中国、日本の仏教は出離的

 =日本の仏教も外部の人々の現実苦の解決支 援の手法に熟練していない
  • (1)
    西田幾多郎は仏教の現状を批判した
  • (2)
    坐禅が仕事のような状況であった僧院での仏教は 感情が渦巻くような職場、家庭でどうすればいいのかわかりにくい
  • (3) 昔の仏教は同じような状況が続く僧院の中で発展したので
    現代人のように、家庭や職場のように激しい感情が渦巻く状況は少なかっ た
  • (4)
    現代人の苦の解決レベルのことを参考にできる仏教研究書は少ない
  • (5)
    封建時代の仏教は民衆の苦の解放を説くことができなかった
  • (6)
    マインドフルネスを1年受けると病気の改善のほか人生観の変化がみられ る
  • (7)
    仏教はわかりやすいごほうびで誘って、予想しなかったごほうびを与える
  • (8)
    元来、仏教の目的は「現実の苦」の解放だったはず
  • (9)
    1)深い根底の「自他不二」の哲学が失われた。 2)教団の外部の人の現実の苦悩を解決する活動「慈悲」の実践が なされてこなかった。
  • (10)
    「難しい言葉を使ってわけのわからぬようなしかたで述べることは「骨董 趣味」ではあるかもしれないが、それはもはや「仏教」ではないのである 。」中村元氏)
  • (11)
    自 分だけ救われて、他者にやさしく説かないと死んだ仏教。浄土真宗の蓮如上人もそう 言ったと中村元氏。
  • (12)
    遠藤周作は、日本的なキリスト教を作った。自分の悪を 監視し罰する厳しい父のような神ではなく、 いつもそばにいて自分の悲しみや苦しみ を包み込んで、一緒に背負ってく れる「母なるもの」「永遠の同伴者」であるような 神。やはり、自他不二的である。
  • (13)
  • (14)
    現代の宗教に「広い世界の悩みを救う運動」が希薄
  • (15)
    襌は大衆的でなければならない
  • (16)
    僧侶は、現実の苦脳を知らないから、僧侶でなく一般人に支援者がいるべき
  • (17)
     弟子を育てるだけでなく世界の形成に働くべき
  • (18)
    「死」の問題にどう助言するのか

    宗教としての仏教は心の病気などを扱わないので、マインドフルネスとは違う。
  • ★初期仏教は他者を救済しない理論であるから大乗仏教が批判した  (竹村牧男「般若心経を読みとく」角川ソフィア文庫、2017)
Posted by MF総研/大田 at 22:05 | マインドフルネス心理療法 | この記事のURL