CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«PTSDの脳神経生理学的変化 | Main | PTSDの予防法»
PTSDの治療法 [2011年04月10日(Sun)]

被災者の心のケア、心の病気の予防のためのマインドフルネス心理療法

 (15)PTSDの治療法

 大災害の被災者の方は、その出来事が去ってから、心的外傷後ストレス障害 (PTSD)になる人がおられます。フラッシュバック、悪夢などの 再体験症状、回避症状、過覚醒などの症状に 苦しみます。
 こうした症状が現われる背景に、 前部帯状回、海馬、前頭前野の体積の減少、交感神経の亢進があ るようです。

PTSDの治療法

 PTSDを治すための治療法には、薬物療法や心理療法があります。
 どこでも受けやすい治療法は薬物療法です。特に過覚醒や感情の抑制には効果が 高いでしょう。薬物療法(SSRIなどの抗うつ薬)、認知行動療法、EMDR(眼球運動 による脱感作と再処理法)があります。(飛鳥井,2006,48頁)
 SSRIによる薬物療法の寛解率は約40パーセントと報告されており(飛鳥 井,2006)、あまり高くなく、多くの人が軽くなっていない。 認知行動療法は薬物療法を上回る症状改善効果が期待できるとされる。認知行動療 法には、エクスポージャー法(暴露療法)、認知療法、ストレス免疫訓練などの技 法が含まれています。この記事は、治療段階ではなく、予防段階のことに焦点をあてています。今後、PTSDを発症したら、そのままにせず、早期に正規の治療を開始することをおすすめします。長く放置して苦しみ続けるよりも、いくつもの治療法がありますので、治療行動を起していただきたいです。
 マインドフルネス心理療法も新しい選択肢の一つです。

マインドフルネス心理療法

 PTSDには、エクスポージャー法が用いられて、効果をあげてきたが、これをでき ない患者や効果がない患者のために、新しい方法がアメリカの心理療法者によって 開発された。
 アクセプタンスに基づくエクスポージャーである。以下の6つの点を重視すると している。
  • (1)私的・公的な行動の機能をそれぞれ査定し、私的な体験の回避として機能 する行動を調べること、
  • (2)思考、感情、身体的感覚、記憶などといった回避が最も習慣化している私 的な経験のクラスを同定すること、
  • (3)私的な経験を変化させる、あるいは制御しようとする試みが、効果的な解 決法かどうかを査定すること、
  • (4)特定の嫌悪性の高い私的な経験のクラスにクライアントを直面させ、同時 に経験を回避するより、その時点のあるがままの経験を受け入れるように教授する こと、
  • (5)嫌悪的な私的事象の内容に人生の選択を左右されるのではなく、自分にと って価値のある生き方を見つけ、そのように日々を過ごすことの重要性を強調する こと、
  • (6)クライアントが自分なりの生きがいを見つけ、それに向けて実際に行動で きるように支援すること。((Folleteなど,2005,292頁)
 私もマインドフルネス心理療法でトラウマの方の治療を行うが、エクスポージャ ー法はすぐにはできない程に恐怖を感じる人がいる。そういう人には、感覚、思考 、不安、恐怖、交感神経による反応などについての現実のとらえかた、受け入れ、 不安がありながらも建設的な行動へ意識を向ける基礎的な心のトレーニングが、変 調を起した脳部位を改善し、その上で、エクスポージャー法を試みることになる。

 クライアントがこのようなことができるように、マインドフルネスとアクセプタ ンスがセラピストによって指導される。自宅での課題も行う。こうした訓練(エク ササイズ)を並行していくので、クライアントは、エクスポージャー法を実行でき るようになる。 この療法は、PTSDだけを治すことを超えて、もっと大きな生き方まで変えていくよ うである。
     「我々の臨床研究のチームでは、我々のセラピーの概念化が、単なる1つの治療 アプローチに留まるのではなく、より普遍的に、生きることとは何かを問う哲学で あるという強い主張を掲げる。」(同294頁)
 マインドフルネス心理療法で治癒した場合に、人生観、対人関係観まで 良い方向に変わっていくのを見る。当研究所もPTSDの人に対して呼吸法を用いたマインドフルネス心理療法(SIMT)を提供している。
(注)
(飛鳥井,2006)飛鳥井望「PTSDの治療法」(こころの科学129号)日本評論社。
(Folleteなど,2005)Victoria M. Follete, Kathleen M. Palm, and Mandra L. Rasmussen Hall「マインドフルネス&アクセプタンス ー認知行動療法の新次元ー」監修=春木豊、ブレーン出版、2005

(続く)
  • <目次>災害時、心の病気の予防のためのマインドフルネス心理療法
  • 参考記事
  • Posted by MF総研/大田 at 21:42 | 災害とストレス | この記事のURL