CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«非定型うつ病が治りにくいのはなぜか | Main | 幼少期から形成される反応パターン»
講演「自殺予防、家庭でできること」 [2010年09月29日(Wed)]
講演会が近づいてきました。
10月2日(土)午後、演題「自殺予防、家庭でできること」。うつ病、不安障害にならないように、なったら治すように、家族ができる支援、どうしたらよいか。 実習実演も行います。次のテキストを配布します(無料)。1昨年のシンポジウムで配布したものとはべつです。新たに書きおろしたものです。
  • 「自殺の現状」
  • 「うつ病と治療の現状」
  • 「自殺予防・家庭でできること」(住民による自殺対策第8)

  • また、市から相談場所の情報のはいったティッシュをいただいて配布します。 (先着50名様)
  • 上記のテキストのほか、先着の何名(20名様)かの皆様に、別のテキストをさしあげます。1時が開場です。
会場=蓮田市図書館。市内は蓮田市の広報でおしらせしています。市内、県内、関東近県からのご参加を期待します。関東、さらに遠方の方がカウンセリングを希望されます。多くの方が認知行動療法やマインドフルネス心理療法による支援を受けられる場所を望んでおられるはずです。うつ病、不安障害が治れば、自殺しないですみます。うつ病、不安障害を治すことが大切です。子どもがすならないように養育段階で気をつける。 なったら、家族が全力で支援する。そうでないと自殺されることが起こります。
Posted by MF総研/大田 at 19:37 | 私たちの心理療法 | この記事のURL