• もっと見る
«NHKうつ病患者100万人、そのうち80万人が治らないのか | Main | NHK/マスコミが問題点を指摘しないのは正しくない»
NHK/薬物療法を否定しているのではない [2009年09月25日(Fri)]

薬物療法を否定しているのではない・
NHK「うつ病治療 常識が変わる」

=(6)プロローグ(5)
 =うつ病の薬物療法の問題点、限界、今後の新しい治療法と新しい支援の方向のまと め

 NHK取材班による「うつ病治療 常識が変わる」(宝島社)から、日本のうつ病治 療の現状をみます。

「プロローグ」(5)

 最初に「プロローグ」がある。これは、本書の要約になっている。

薬物療法を否定しているのではない

 NHK取材班は薬物療法を否定しているわけではない。

NHK取材班の言葉(本より、要約と引用)

<薬物療法を否定しているのではない>
 「本編を読み進めようという読者の皆さんに、これだけは強調しておきたい。それは 、私たちは、決して抗うつ薬の効能や存在意義を否定しているわけではない、と いうことだ。ましてや、一部の問題事例をもってして「抗うつ薬の使用を見直すべきだ 」などといった、粗雑で非科学的な主張をするつもりは毛頭ない。なぜ、こんなことを わざわざ申し上げるかというと、番組放送後、一部の医師や患者の家族から「番組を見 た患者が動揺して”薬の処方をやめてほしい”と言い出して困った」などといった趣旨 のお叱りやご意見をいただいたからである。」(P7-8)

(ここから大田のコメントです)
 この点は私(大田)も同じである。薬物療法は治療者の費用と時間、患者の努力を必 要としない点ですぐれた治療法である。
 心理療法は時間がかる。心理療法の課題を実行できない患者さんも多い。心理療法の できる人は極めて少ない。育成にも時間がかかる。だから、薬物療法も行うべきである 。
 ただ、副作用や治癒率の実情、他の治療の存在は患者、家族に伝えるべきである。が んや肝臓病ではそうしている。うつ病ではそうしなくていいというわけではない。患者 ならば、自分の受ける治療法、危険性の程度(副作用)、薬以外の対応法を知りたいの は当然である。そうする医師がよい医師だと野村医師はいう(→第2章に)。患者側の 希望とずれていないようでほっとする。
 心理療法も時間や費用、支援者の育成に時間がかかるのが難点である。だから、普及 しにくい。カウンセラーも自分の治療法や治るわけ(仮説、理論)を言わないカウンセ ラーもいる。患者がかわいそうである。

 医師が薬物療法を行う時に、薬物療法しかないというのは避けたほうがいいと思う。 治らない場合に、絶望することになる。薬物療法と心理療法(ほかにも、通電療法、運 動療法なども)があるということを伝えたほうが絶望して自殺することが少ないのでは ないだろうか。家族も他の治療法をさがすかもしれない。
 医師も心理療法に理解を示して、負担を軽減したらどうだろうか。1日に、30−4 0人も診察、治療するという過酷さを改善する方向の対策に協力したほうが、医師にと っても患者にとっても幸福だと思うのだが・・・。カウンセラーもうつ病の治療スキル を磨くように医師側から要求すればいい。


(続く)
NHK「うつ病治療 常識が変わる」
  • <目次>序節=テレビ報道の内容とほかの情報を加えた本が出版された
     これまで、うつ病の啓蒙本やマスコミで紹介されたものはうつ病の”真実”ではなかった。隠さ れていた情報が公開され、これからは、これがうつ病の”常識”となる。
  • (1)本の目次から=医者、カウンセラーだけではうつ病を治せない
     ”不適切”な投薬 、クリニック乱立の闇 、抗うつ薬の死角 、心理療法の壁 、うつ からの生還、うつ病治療の新しい”常識”
  • (2)プロローグ(1)=抗うつ薬治療は5割が再発、3割が効果なし
     =うつ病の薬物療法の問題点、限界、今後の新しい治療法と新しい支援の方向のまと め。そのうち、長期間の追跡調査で、抗うつ薬で軽くなっても5割が再発、効果のない のが35%
  • (3)プロローグ(2)=薬が多すぎて薬の副作用が加わりかえって長引くケースも
  • (4)プロローグ(3)=医者だけに頼らない体制の開始
  • (5)プロローグ(4)=うつ病患者100万人、そのうち80万人が治らないのか
  • (6)プロローグ(5)= 薬物療法を否定しているのではない
  • (続)

関連記事
Posted by MF総研/大田 at 16:00 | 自殺防止対策 | この記事のURL